ビーチタウンの夜はこれから! 湘南おすすめバー5選

特集

【特集】湘南の夜で絶対に外さない「レストラン&飲み屋」15選

2018/04/27

ビーチタウンの夜はこれから! 湘南おすすめバー5選

せっかく海へ遊びに行ったなら、日が暮れてからももう少し楽しみたい。味よしセンスよし人もよし、個性的なお店がそろう湘南の思わずもう一杯と杯がススムお店探索。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

クラフトビールにワインに日本酒も! カジュアルだけど本格派が湘南流

ますます勢いを増す湘南地ビールを飲み比べるもよし、各国の極うまワインで世界を旅するもよし、潮風にぴったりなカクテルをセレクトするもよし。スタイルに合わせて選びたい湘南の夜の過ごし方。

\おすすめ5軒がこちら/
・ドラゴンバル(辻堂)
・MOKICHI CRAFTBEER(藤沢)
・Gold’nBuB(茅ヶ崎)
・Bar 湘南ファーム(藤沢)
・エルマンボ(茅ヶ崎)

思わずクセになるかも!? チャイニーズとワインとロックのマリアージュ「ドラゴンバル」

最初に紹介したいのは、辻堂駅西口徒歩1分という絶妙な立地にある「ドラゴンバル」。こちらは、チャイニーズをつまみにワインがいただけるワインバルだ。ワインバルは多々あるが、チャイニーズに特化しているお店は意外とめずらしく、遅くまでやっているお店が少ない辻堂で深夜2時までオープンするレアな存在。茅ヶ崎ローカルにはよく知られた有名店「エルマンボ」の2号店としても知られる。

店の壁側には、目利きのソムリエによって選ばれた世界のワインがところ狭しと並ぶ

「ドラゴンバル」では、おいしい中華をつまみに世界のワインを楽しめるが、その自慢のワインを50種類ほどを常備。ソムリエのセレクトによりフランス、イタリア、スペイン、カリフォルニア、ニュージーランド、オーストラリア、アルゼンチン、日本他、世界各国のワインが並ぶ。しかもグラスで550円から、ボトルでも2980円からとリーズナブル! つまみのほうも皮から手作りの自家製餃子がなんと2個で380円と全体的にとっても懐に優しい設定。地元の人の支持を集めるのもうなずける。

つまみはどれも美味でボリューム満点。サーモンのお刺身サラダ(880円)皮から手作りの自家製餃子(2ヶ380円)

\手作りの自家製餃子 (380円) /

自慢の自家製餃子は、オーダーがはいってからひとつひとつ包むというこだわり。手作りの皮がもっちもちでヤミつきになる美味しさ!

もともとは中華料理店のシェフだった店長が作る料理は、手作りにこだわり、一品一品手をかけ丁寧に仕上げたもの。野菜たっぷりでどれも素材の味が大切に生かされ、中華料理といえどもとってもヘルシーで、ワインとの相性もバッチリだ。つまみに合わせてあれこれとワインを選ぶのも楽しく、ワインとチャイニーズの相性のよさに開眼するはず。

この日のおすすめはスペインのカヴァ、ニュージーランドの白、プロヴァンスのロゼ、ブルガリアの赤はオーガニック

何を選んだらいいのかわからないという人は、ソムリエさんに気軽に相談してみたらよい。親切な女性のソムリエールさんがきっと好みにぴったりと合ったワインを見つけてくれる。

ちなみに、中華料理とワインに加え、もうひとつこのお店の隠れた重要なファクターに“ロック”も。店内のいたるところにはアイアン・メイデンのTシャツなど往年のロックアイコンがちらつくので、ドアを開けた瞬間ロック好きはビビビとくるはず。

ドラゴンバル店長兼シェフ小林一隆さん
ドラゴンバル店長兼シェフ小林一隆さん
「おいしい中華料理をつまみにおいしいワインを飲んでもらおうっていうのがうちのテーマなので、料理は野菜をたっぷり使い手作りにこだわっています。もちろん化学調味料なんて一切使いません! しっかりと食事をされる方もいらっしゃれば飲み物だけでちょっと寄っていかれるお客さんもいらっしゃるし、気軽に毎日来れる店でありたいなと思っています」
さりげなく飾られたブルース・リーのポスター。店名「ドラゴン」にぴったり!

店主特製の自慢の点心や、野菜たっぷりの創作中華料理がワインと合わないわけありません。入った瞬間からなんとなく気心の知れた居心地のよさもあり、確かに近くにあったら間違いなく毎日通いたくなるお店だ。辻堂の海で遊んだ帰りにちょっと一杯立ち寄ってみては。

吹き抜けになった店内はチャイニーズ的異国情緒たっぷり。BGMはもちろんロック!
Yahoo!ロコドラゴンバル
住所
神奈川県茅ヶ崎市浜竹3-2-27

地図を見る

アクセス
辻堂駅[西口]から徒歩約2分
本鵠沼駅[出口]から徒歩約43分
鵠沼海岸駅[出口]から徒歩約44分
電話
0467-95-7028
営業時間
月~金、祝前日: 17:00~翌2:00 (料理L.O. 翌1:00 ドリンクL.O. 翌1:00)土: 17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:30)祝日: 17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)
定休日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

湘南唯一の蔵元が送るクラシカルなビアパブ「MOKICHI CRAFTBEER」

少しずつ表情が異なる椅子を並べたカウンターは木のぬくもりにあふれ、とってもスタイリッシュ! ここに腰掛けてビールを飲みたい

JRと小田急と江ノ電が通る藤沢は、電車を利用した場合湘南への玄関口となる町。そんな藤沢でおすすめしたいのが南口の一角にただずむ「MOKICHI CRAFTBEER」。北茅ケ崎にある湘南唯一の蔵元「熊澤酒造」が造るクラフトビール「湘南ビール」を藤沢で飲めるとして人気のお店だ。

古いものと新しいものがミックスされた空間

熊澤酒造の手がけるお店はどこもとってもお洒落なことで知られ、古民家やアンティークを好むオーナーのセンスが随所にちりばめられている。「MOKICHI CRAFTBEER」も一歩お店に足を踏み入れた瞬間、思わず“お洒落!”と声に出してしまうハイセンスな空間。

1階のカウンター席にはビールタップがずらりと並び、まるでロンドンのパブに紛れ込んでしまったような雰囲気が素敵だ。ビールは通常10〜12種類。「湘南ビール」をメインにラインナップ。定番のもの以外はだいたい2ヶ月くらいで変わっていくそう。

ずらりと並ぶビアタップ。おいしそうな泡を立てて注がれるビールに思わず注目

メニューには、ベーシックなラガータイプの「ピルスナー」、上品なモルトの甘味とフルーティーで繊細な味わいが特徴の「アルト」、すっきりした味わいの黒ビール「シュバルツ」などの定番をはじめ、柑橘系の香りやフルーツのアロマがよりひきたったものなど、バラエティに富んだビールが並ぶ。とくに女性に好評なのが柑橘系のビールで、「本柚子セゾン」「大磯こたつみかんエール」「片浦レモンエール」など使用する柑橘類の産地の特徴を生かしたビールがそろう。

ピルスナー(手前:small 620円)とシュバルツ(奥:small 620円)。藤沢産生ハムと季節のフルーツ(1080円)

ビールと一緒に楽しみたいのが充実のフードメニュー。前菜やサラダ、パスタ、ピザ、ハンバーガー、そして肉や魚のメインプレートまで豊富にそろうので、お腹の空き具合に合わせて選びたいところ。

\国産若鷄のロースト アンチョビバター(ハーフサイズ 1680円)/

名物料理の国産若鷄のロースト アンチョビバター(ハーフサイズ 1680円)はボリュームもたっぷりで、ますますビールがすすむおいしさ
ビアパブだが、もちろん「熊澤酒造」の名酒「天青」もいただける

また、こちらを訪れるお客さんのお目当てはすみずみまでセンスがいきわたった空間にもあり、この文句なしにハイエンドな空間でいただく「湘南ビール」が気分を一層盛り上げてくれる、といった具合だ。 

2階のテーブル席が並ぶスペース。さりげなく配された雑貨類のディスプレイはインテリアのお手本にしたいかっこよさ
ホールチーフの石井直樹さん
ホールチーフの石井直樹さん
「茅ヶ崎まで行かずとも『湘南ビール』が飲めるお店として喜んでいただいていますが、藤沢では茅ヶ崎の店とは一味違う楽しみ方も色々と提案しています。例えば茅ヶ崎のピザはナポリターナスタイルですが、藤沢はカリフワのN.Yスタイル。ここでしか味わえない味や藤沢のオリジナルを追求しています。ビールはテイクアウトもできるので、ぜひ気軽にご利用ください」
店頭ではお土産用にビールの購入も可能。ボトルのデザインがかわいいのでプレゼントとしても人気

ちなみに、無ろ過、非加熱処理で酵母が生きたピュアでフレッシュな「湘南ビール」の品質保持期間は、製造日より冷蔵保存で120日。と聞けば、わざわざ途中下車しても一杯飲みに行きたくなるというもの。次に湘南に行くときにはぜひ藤沢で「湘南ビール」を堪能してみては。

エントラスからもさり気ないセンスのよさが伝わる
Yahoo!ロコモキチ クラフトビア
住所
神奈川県藤沢市南藤沢20-19第2ハルミビル1F

地図を見る

アクセス
藤沢駅[出口]から徒歩約2分
藤沢駅[南口]から徒歩約2分
石上駅[出口]から徒歩約8分
電話
0466-90-3590
営業時間
月~金: 11:30~15:30 (料理L.O. 15:00 ドリンクL.O. 15:00)17:00~23:00 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 22:30)土、祝日、祝前日: 11:30~23:00 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 22:30)日: 11:30~22:00 (料理L.O. 21:30 ドリンクL.O. 21:30)
定休日
※第3火曜日が定休日※8月・12月定休日営業 年末年始休業あり
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

辻堂生まれ、茅ヶ崎育ちのブリューパブ「Gold’nBuB」

お店の奥は「BarbaricWORKS」と名づけられたビール醸造スペース。Barbaricは英語で原始的なとか野蛮なとかいう意味。

湘南でビールといえば、忘れてはならないのが茅ヶ崎の「Gold’nBuB」。駅前の飲み屋街にブリューパブ(醸造所で作ったビールをその場で飲めるパブのこと)があることをご存知だろうか。いつも地元の人でにぎわう「Gold’nBuB」は、辻堂にある人気のスペインバル「バル・パンチョ」運営のブリューパブ。

カウンターとハイテーブルが並ぶ店内。席に座り、ビールメニューを広げるのも楽しい時間。

2012年に「バル・パンチョ」の近所にクラフトビール専門店としてオープンしたのが始まりだ。2016年に今の場所に移転。その際、醸造所も構え自家製ビール造りもスタート。ビール造りを始めてわずか2年という醸造所だが、すでにオリジナルクラフトビールは50種類にものぼるというのだから驚きだ。

現在、お店では通常7〜8種類ほどのオリジナルクラフトビールに、他所で作られたビールも加え10種類のビールがメニューに並ぶ。フードメニューのほうにもかなり力を入れていて、そのテーマはずばり“ビールに合うもの”。和洋中ノージャンルでビールと一緒に食べてさらにおいしいメニューがあれこれと用意されているわけだ。スパイスをたっぷり使ったメニューが多いのも特徴で、その斬新なアプローチとよくよく研究された味には思わず脱帽といった感じ。ビール造りも、料理も、すべてにおいて本気度の高い店なのだ。

まずは「NO.5」と名づけられた定番ゴールデンエール(600円)を。葡萄のピクルス八角風味(480円)は、見た目も味も実にエレガント!

\「よだれ鶏」(680円)/

ネーミングからしていい感じの「よだれ鶏」(680円)は、スパイスも効いてまさによだれもののおいしさ

店の一番奥、ガラス貼りになった向こうがビール工房となっているので、お店でビールを飲みながらその作業の様子が覗き見できるというのもなかなかユニーク。“できるだけ原始的なやり方”にこだわり「BarbaricWORKS」と名づけられた醸造所では、日々、情熱を傾けたビール造りが行われている。現在ほとんどのブルワリーではすでにペレット状のホップを使うのが主流だが、「Gold’nBuB」ではホールホップのみを使い、ひとつひとつ手作業でなるべく自然な方法でビールを造ることにこだわっている。そのビールが日々進化を続けていることは常連客の表情を見れば一目瞭然で、わざわざ尋ねるまでもない。

醸造責任者の永石卓宏さん。ビール造りを語るときは真剣そのもの。彼の調合により極うまビールが次々と誕生!
今はなき辻堂の店の前でのショット。「Gold’nBuB」の原点がここにある
マネージャー小西健司さん
マネージャー小西健司さん
「これからの時期はさわやかなホップを使ったビールがおいしい季節なので、柑橘のようなアロマを感じるものや、軽やかなタイプのものがおすすめです。軽く一杯でも、がっつり食事を楽しんでいただいても。おひとりで利用される方も多いので、茅ヶ崎においでの際はぜひ気軽にビールを飲みに来てください」
醸造所ではボトルビールの直売も。ユニークなラベルデザインにもセンスを感じる

クラフトビールの楽しさは味はもちろんのこと、造り手の顔が見えるところにもある。「Gold’nBuB」がいつもビール好きでにぎわっているのは、そこには愛情いっぱいに常にビール造りに真剣勝負を挑むビール職人とスタッフたちの姿があるから。茅ヶ崎のビーチで遊んだ帰り道、ふらりと立ち寄ってみれば、きっと思いがけないビールとの出合いが待っているはずだ。

早い時間から深夜まで地元のビール好きでにぎわう様子がガラス越しに伝わってくる
Yahoo!ロコゴールデンバブ
住所
神奈川県茅ヶ崎市幸町23-21ブリーゼ茅ヶ崎1F

地図を見る

アクセス
茅ケ崎駅[南口]から徒歩約2分
北茅ケ崎駅[出口]から徒歩約17分
香川駅[出口]から徒歩約44分
電話
0467-67-7916
営業時間
月~土 17:00~26:00
定休日
毎週日曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

MADE IN JAPANのおいしさ再発見! 日本ワインとチーズの専門店「Bar湘南ファーム」

藤沢の雑居ビルの片隅に見つけた隠れ家。ガラス戸を開ければワイン&チーズ天国が待っている

ここ数年、日本のワインのおいしさについて語られる機会が増えた。日本ワインについてもっと知りたい!という声もちらほら聞こえる今日この頃だが、日本のワインに特化したお店はなかなかないのが実情。そこでおすすめしたいのが藤沢の「Bar湘南ファーム」。ここは、なんと日本のワインとチーズのみを専門的に扱うワインバーなのだ。

左から熊本の「菊鹿」、上田市の「枕子」、長野伊那市の「kamoshikaシードル」、新潟の「LIFE WITH 日本ワイン」。ワインはボトルで3300円〜、グラスで500円〜

もともとは高級スーパーのワイン売り場担当をしていたという店主が、日本のワインとチーズに惚れ込み脱サラしてはじめたのがこの「Bar湘南ファーム」。ちなみにここ数年で日本のワイナリーはぐんと数が増え、南は九州から北は北海道まで全国でワイン造りが行われている。その数はなんと300を超える勢いだそう。日本のワインを扱うお店も増えてきてはいるが、大抵は数種類がせいぜい。「Bar湘南ファーム」では常備70〜80種類のワインがそろうというのだから、その本気度がよく伝わってくるというもの。

店主の柴本さんに日本のワインの特徴を伺うと「繊細で優しい味なので日本人の味覚によく合う」とのこと。まずは、ぜひ色々な種類のワインを試して、その完成度の高さに触れてみるのがおすすめだ。

壁に張り出されたその日のワインメニュー。バラエティ豊かな産地名やユニークなネーミングは見ているだけで新鮮

そして、ワインとくればカップリングとしてはずせないのがチーズの存在。この店で、柴本さんが自信を持っておすすめするのが、ワイン同様日本全国から仕入れてきたチーズだ。チーズのほうは沖縄でも造られているので、それぞれが少量生産ながらまさに日本全国各地で作られているということになる。さらに、実はあまり知られていないが、日本のチーズは本場フランスのコンクールで金賞を獲るほどの実力派なのだ。

カウンターのショーケースにはソフト、ハード、クリーム系など様々なタイプのチーズがずらりと並ぶ。どれもおいしそう!

\チーズの盛り合わせ2人前(1500円)/

チーズの盛り合わせ2人前(1500円)。十勝、ニセコ、厚木、島根産など5種類の異なるタイプのチーズをワインと一緒に。添えられたはちみつは湘南産のもの

「日本ワインの楽しさは味を楽しむことだけでなく、ワインが造られた土地のイメージを持ちやすいことにもあります。もともと知っているとか、訪れたことがある場所である場合もあるし、知らない場所だとしても国内なのでイメージがしやすい。またその気になれば造り手と直接コミュニケーションを取ることもできるのが魅力です」と柴本さん。つまり、日本酒の酒蔵めぐりと同じことが日本のワインならできるというわけで、それはチーズにとってもまったく同じ。作られた土地と作り手の顔が見えることこそ、日本産の醍醐味ということだ。

柴本さんの言葉からは日本のワインやチーズへ傾ける愛情の深さがよく伝わってくる
店主の柴本幹也さん
店主の柴本幹也さん
「日本のワインもチーズも、みなさん作られている方は本当に一生懸命。規模の小さな作り手が多く、生産量は少ないですが、その品質は素晴らしく、しかもどんどんよくなっていっています。そのおいしさをひとりでも多くの人に知ってもらうのが自分の役割です」
落ち着く雰囲気の店内でゆっくりワインとチーズを楽しんで

藤沢にいながらにして、日本全国のワインとチーズが堪能できるとは、ワイン好きにとってはたまらないお店だ。カウンターに座って色々と店主から話を聞きながら飲むのも面白そうだが、ついついもう一杯! で終電を逃してしまわないようご注意。

Yahoo!ロコ湘南ファーム
住所
神奈川県藤沢市南藤沢9-2山下ビル104

地図を見る

アクセス
藤沢駅[南口]から徒歩約5分
藤沢駅[出口]から徒歩約7分
石上駅[出口]から徒歩約14分
電話
0466-27-2302
営業時間
ディナー 17:00-23:00(L.O. 22:30)
定休日
日曜日・祝日※臨時休業あり(Facebookページをご確認ください。)
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

オーガニックワインで乾杯! ローカル御用達、茅ヶ崎自慢のスペインバル「エルマンボ」

バルブームが起こるずっと前から茅ヶ崎にラテンの風を吹かせる名店「エルマンボ」

最後にご紹介するのは、茅ヶ崎ではもはや老舗のバル「エルマンボ」。夕方ともなるとどこからともなく地元の人たちが集まる、海の近くの町にぴったりな陽気な雰囲気にあふれるお店だ。

通りに面して半オープンのカウンター席は“ちょっと一杯”と道行く人が吸い込まれてしまうロケーション

茅ヶ崎の町で14年、一貫して“スペイン”にこだわる「エルマンボ」でいただきたいのはもちろんスペインワイン。バスク、リオハ、カタルーニャ、ガリシア、カスティーリャ…etc. スペイン全土のワインが各種取りそろえられ、時代の流れとともに最近ではそのほとんどがオーガニックワインだというのも特徴だ。最近では、オーガニックをうたうワインバルも珍しくないが、これだけスペインのオーガニックワインに特化したお店はみたことがない。

ワインはボトルで3000円台〜、グラスで580円〜。カナリア諸島のオーガニックワインなどかなり珍しいものもあるので、じっくりと選びたい
夏のビーチ帰りにピッタリの「モヒート」は見た目にも涼やか! カクテルはノンアルコール仕様も可

ワインだけでなくシェリー酒やラム酒なども各種そろうこのお店では、ビーチ帰りの喉をうるおすだけのつもりが、気づいたときにはすっかり長居してしまっているお客さんもまったく珍しくない。居心地のよさにプラスして、おつまみの方もかなり本格的なおいしさなので、ちょっとのつもりがなかなかちょっとでは終われないのが、地元民からこよなく愛される所以。

店の雰囲気はいたってカジュアルだが、北はバスクやガリシア地方、南はアンダルシア地方までスペイン各地の本格的料理がタパスメニューにそろい、メインにいたるまでオーナーシェフの腕が光る料理の数々がいただけるというのは呑み助にはうれしい限り。

\「タコのガリシア風」(1280円)/

まずはこれを食べたい!「タコのガリシア風」(1280円)。柔らかく煮たタコを燻したパプリカパウダーでいただくガリシア地方の定番郷土料理

そんななかでおすすめは、厳選した素材をシンプルに炭火で焼きスペイン風ソースでいただく炭火焼き料理。薪には葡萄など果物の木を使うというこだわりようで、他のスペイン料理店では食べられない自慢の一皿だ。ボリュームもたっぷりなので、数人でシェアしてつまみとして食べると他のお料理もあれこれいただけパーフェクト!

\牧場直送、但馬牛モモの炭火焼き(1/2:1680円)/

但馬出身の店長が仕入れる但馬牛もお店の看板メニュー。牧場直送、但馬牛モモの炭火焼き(1/2:1680円)、絶品!
店長の田里麻衣子さん
店長の田里麻衣子さん
「乾燥した気候のスペインはオーガニックワインに適した土壌。そのスペインワインの“すっぴんの美味しさ”をぜひ堪能してほしいです。ワインにぴったりなピンチョスや炭火焼きと一緒にスペインを味わいに来てください」

ビーチタウンによく似合うラテンの風が吹き抜けるお店なので、海からの帰り道、まだ遊びたりないという夜に立ち寄るのがおすすめだ。

これからのシーズンは遅くまで陽気な笑い声でにぎわう茅ヶ崎のラテン空間
Yahoo!ロコエルマンボ
住所
神奈川県茅ヶ崎市 共恵1-5-20

地図を見る

アクセス
茅ケ崎駅[南口]から徒歩約4分
北茅ケ崎駅[出口]から徒歩約19分
香川駅[出口]から徒歩約47分
電話
0467-57-7383
営業時間
通常 17:00~02:00(L.O.01:30)
定休日
不定休 毎月曜日定休、火曜日は不定休。HPをご確認ください。
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

湘南はお店の人も住んでいる人もみな人が優しい。それはたぶんにビーチタウンという開けた雰囲気がもたらす空気感のなせるワザだが、お酒が入るとなおさらだ。どのお店もフレンドリーでオープンであることには甲乙つけがたいので、気張らず湘南の夜を楽しんでほしい。

取材・文=小林 繭 撮影=根田拓也、田川智彦

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES