極上の海の幸が続々! 湘南地元民が行く、本当に旨い居酒屋5選

特集

【特集】湘南の夜で絶対に外さない「レストラン&飲み屋」15選

2018/04/27

極上の海の幸が続々! 湘南地元民が行く、本当に旨い居酒屋5選

ボリューミーでリーズナブル。ことごとくお酒が止まらない逸品たちが続々登場! 鮮度抜群の地魚が存分に味わえる老舗から、店主のこだわりが詰まった酒肴が堪能できる、知る人ぞ知るお店まで。舌の肥えた湘南っ子をうならせる居酒屋はこれだ!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

おいしいお酒と海の恵みに感謝……。呑兵衛はいざ湘南を目指せ!

東京駅から電車で1時間足らず。手近な観光地・湘南には当然のように旨いものがそろっている。ビーチだけじゃない湘南の魅力の一端を、味自慢の居酒屋から知ってみるのはいかが!?

\オススメの5軒はこちら/
・えぼし 本店(茅ヶ崎)
・旬魚旬菜 満うら(辻堂)
・一里塚(茅ヶ崎)
・獺祭(藤沢)
・宗平(藤沢)

「えぼし 本店」(茅ヶ崎)
湘南の採れたて海の幸と200種類もの豊富なメニューを堪能!

東海道本線の線路とサザンビーチのちょうど中間に立地。茅ヶ崎駅からはタクシーかバスの利用がおすすめ。最寄りのバス停はお店の入り口の目の前

昭和49年、焼鳥がメインのこぢんまりとした居酒屋として創業した「えぼし」。やがて、女将の実家から漁師だったことから、地魚をはじめとする浜料理が自慢の大箱のお店となり、長きにわたって愛されている。

魚介は茅ヶ崎、平塚、小田原の港や、築地から届く旬のものをそろえ、200品目を超えるメニューはほぼお店で丁寧に手作りというこだわりぶり。その中から、ぜひ押さえておきたい料理がこちら!

生しらすの天ぷら(850円・税別)

1月1日から3月11日までの禁漁が解禁されたしらすは、今が食べ時! 値段はその日の量により変わることも

お店がまずオススメしてくれたのは、やっぱりしらす!

店長の織田さん
店長の織田さん
「しらすは、その日に採れたばかりの新鮮なものなので鮮度は抜群です。生しらすを天ぷらで食すのは、元々は漁師の食べ方。ぜひお酒と一緒にご賞味ください」

地魚とアボカドのカルパッチョ(850円・税別)

その日イチオシの旬の白身魚を使用するカルパッチョ。この日は黒鯛で、濃厚な舌触りのアボカドと相性抜群だった

刺身や焼き魚だけでなく、フックを効かせた多彩な料理で魚を堪能できるのも、「えぼし」の魅力。こちらのカルパッチョは、大きくカットされたアボカドの食感とパルメザンチーズの塩味が、淡白な魚にマッチ。日本酒、ワイン、ビールなんでもござれの逸品だ。

カウンター、テーブル、お座敷、さらにはなれの部屋も含めると、席数はなんと200席。大箱ながらどこか落ち着く雰囲気は老舗ならでは

昼も営業しており、ディナータイムの居酒屋利用だけでなく、上質な魚を気軽に楽しめるランチも充実している。そしてもう1つのお店のオススメが、実はデザート!

店長の織田さん
店長の織田さん
「うちのお客さんの7割はデザートを頼むんですよ。店にはデザート専門の担当がいて、杏仁豆腐、あんみつ、ゼリーなど、アイスクリーム以外は全て自家製にこだわってます。最後はぜひ自慢のスイーツでシメてください!」
Yahoo!ロコえぼし本店
住所
神奈川県茅ヶ崎市南湖5-17-56

地図を見る

アクセス
茅ケ崎駅[南口]から徒歩約25分
北茅ケ崎駅[出口]から徒歩約38分
平塚駅[南口]から徒歩約52分
電話
0467-86-6217
営業時間
月: 11:30~15:00 (料理L.O. 14:00)火~金: 11:30~15:00 (料理L.O. 14:00)17:00~22:00 (料理L.O. 21:00)土、日、祝日、祝前日: 11:30~15:00 (料理L.O. 14:00)16:30~22:00 (料理L.O. 21:00)
定休日
月曜日夜営業のみ休み
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

「旬魚旬菜 満うら」(辻堂)
地元で生まれ育った店主が営む、辻堂の大人の隠れ家

駅前に大規模なショッピングモールができ、再開発著しい北口に対し、南口は個人経営のお店も多くどこか落ち着いた雰囲気。そんな中にたたずむのがここ「旬魚旬菜 満うら」だ

店主の三浦大介さんは、正真正銘の辻堂生まれ、辻堂育ち。都内のお店で腕を振るったのち、ごく自然な流れで辻堂に「満うら(みうら)」をオープンさせた。

こだわりはもちろん、地元の新鮮かつ上質な食材たち。湘南の魚にとどまらず、野菜やお肉(藤沢豚)など、可能な限り“地のモノ”でもてなしてくれる地元民の隠れ家だ。そんなお店の名物のひとつがコレ。

お通し(500円)

それまでのお通しの概念を覆される、「満うら」の挨拶代わりの一品!

1品目は豪華な前菜の盛り合わせか……と思った矢先、我々の度肝を抜いた「それ、お通しです」という三浦さんの一言。確かに、お通しにこだわる店で、悪い店は聞いたことがない。店主の心意気やサービス精神が、この一品だけでも分かるというものだ。

店主の三浦さん
店主の三浦さん
「これがうちの標準のお通しで、500円です。当然、季節や仕入れによって内容を変えているので、このお通しで食材の旬を感じてもらえるはずです!」

湘南地野菜のサラダ(1000円)

スナップエンドウ、れんこん、パプリカ、ブロッコリーなど、彩り豊かで素材本来の味が楽しめる贅沢なサラダ

こちらのサラダは、湘南で採れるバラエティ豊富な野菜たちを存分に味わえる一品。甘さや食感など、食材のポテンシャルがシンプルに伝わるので、湘南の恵みをダイレクトに堪能できる。ダシとレモンで作った自家製ドレッシングも絶品! キリッとした酸味が野菜の旨味を引き立ててくれる。

旬のお造盛(3000円)

地元のものをはじめ、その日の最高の魚介が堪能できるお刺身は、ぜひ日本酒と合わせて。写真は3〜4人前で、ハーフサイズ(1980円)もある

気になる日本酒は、お馴染みのものからマニアックなものまで、常時20種類以上を用意。またそれらはワイングラスで提供され、カジュアルに一献傾けられることから、女性のお客さんも多いとか。
老若男女問わず湘南の夜を満喫したいなら、生粋の地元っ子が営む「満うら」に行けば間違いなしだ。

Yahoo!ロコ旬魚旬菜 満うら
住所
神奈川県藤沢市辻堂1-2-12 第2上村ビル 2F

地図を見る

アクセス
辻堂駅[南口]から徒歩約1分
本鵠沼駅[出口]から徒歩約37分
鵠沼海岸駅[出口]から徒歩約38分
電話
0466-35-3570
営業時間
火~日 16:00~23:00
定休日
毎週月曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

「一里塚」(茅ヶ崎)
茅ヶ崎の地で20年。海の幸でお腹をいっぱいにしてくれる魚好きの味方!

魚への愛情とこだわりは、スタッフの背中を見れば一目瞭然

新鮮なお刺身と天ぷらの二枚看板で、長年地元民に親しまれているお店がこの「一里塚」。川崎北部中央卸売市場から直接仕入れる魚はその鮮度もさることながら、店主・青木之斉さんの気前の良い盛り付けで、魚好きを至福のひとときへと誘ってくれる。

そのボリューム感を存分に楽しめるのが、店名から名付けられたまさしく看板メニューのこちら!

海鮮一里塚丼(1580円・税別)

大きな器に酢飯を敷き、8種類もの魚介を所狭しと並べた海鮮丼。内容は季節によって変わるものの、量はあくまでこれが標準
女将の青木恵美子さん
女将の青木恵美子さん
「のせているお魚が多すぎて、食べ進めるとご飯の量とバランスが取れなくなるんです。だからうちでは、定食・丼のご飯はおかわり可です!」

ということは逆に、序盤はお刺身を酒のつまみとして堪能し、“バランスが整った”ところで海鮮丼としてシメる、なんていう楽しみ方もできてしまう。しっかり食べて呑みたい人にはたまらないメニューと言えるだろう。

天ぷら盛合せ 小(780円・税別)

この価格で、季節の上質なネタ5点が味わえる「天ぷらの盛合せ」。ちなみにこちらの「小」は1人前の計算

活きの良い魚介を、外はサクッ、中はふんわりと絶妙に揚げた天ぷらは、ビール、サワー、焼酎、日本酒と、どんな酒好きも受け止める懐の深さがあるつまみ。ちなみにこの日は海老、トマト、ナスのほか、鮎も盛られていた。天ぷら単品での注文は1つ120円〜。

茅ヶ崎サザン(500円・税別)

アメリカ南部、ニューオーリンズ発祥のリキュール「サザン コンフォート」で作る、茅ヶ崎のご当地カクテル。リキュールのフルーティーな甘みの後にスパイシーな後味が残る大人な一杯
各所に置かれた雑貨やおもちゃに、店主の遊び心がうかがえる店内。奥には広々としたお座敷席もある

どのメニューも安くて旨く、地元客だけでなく横浜や都内から足を運ぶ人も多いそう。

女将の青木恵美子さん
女将の青木恵美子さん
「お子様連れも多いので、特製のバナナジュースなどソフトドリンクにも力を入れています。お酒が飲めない人も、おいしい魚を食べにぜひいらしてください!」
Yahoo!ロコ一里塚交差点
住所
神奈川県茅ヶ崎市

地図を見る

アクセス
茅ケ崎駅[北口]から徒歩約4分
北茅ケ崎駅[出口]から徒歩約9分
香川駅[出口]から徒歩約38分
電話
0467-57-2015
営業時間
火~日 11:30~15:00,17:30~23:00
定休日
毎週月曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

「獺祭」(藤沢)
店主が日本津々浦々で出合った“旨いもの”でもてなす名店

藤沢駅から徒歩3分。雑居ビル1Fの奥まった場所にある「獺祭」は、やや分かりづらい立地ながら、一度足を踏み入れれば、最高の酒肴が待つ名店

転勤を繰り返したサラリーマン時代に出合った、日本中のおいしいものを自分の店で出したい。店主の渡辺敬康さんのそんな思いが結実したお店がこちら。

用意されたメニューは、肉、魚、野菜、ご飯ものと多彩で、そのどれもにお酒好きの店主らしい、酒肴としてのこだわりが散りばめられている。中でもオススメというのが、この2つの逸品。

土鍋炊き御飯 焼サバ(1580円)

渡辺さんが北海道で食べた“桜エビ”の土鍋炊き御飯に感銘を受けて作ったという一品。完成まで1時間ほどかかるので、注文はお早めに!

だしとしょうゆで炊いたご飯に焼サバをのせたこちらは、サバが見えなくなるほどたっぷりと白ゴマをかけ、丁寧に混ぜてからいただく。焼サバの香ばしさ、白ゴマの風味、ふっくらと炊き上がったお米が渾然一体となった味は、一度食べたら忘れられない絶品だ。

マネージャーの二見さん
マネージャーの二見さん
「秋田のミルキープリンセスというお米を、注文を受けてから洗米して炊き上げます。お茶漬け用だしと薬味のセットもあるので(480円)、最後まで飽きずに召し上がっていただけます」

手羽先唐揚げ(1本180円)

写真を見ただけでお酒が飲めてしまいそうな「手羽先唐揚げ」。カリッとした食感と秘伝のレシピの味付けが絶妙で、ビールとの相性は抜群!
マネージャーの二見さん
マネージャーの二見さん
「このメニューは、店主が学生時代に行きつけだった居酒屋さんの“門外不出”のレシピをこっそり教わって再現したもの。黒こしょうがピリリと効いてて、サワーやスパークリング日本酒にもぴったりです」
壁一面に各地の様々なお酒が並ぶ。日本酒は常時40種をそろえ、どんな料理や好みにもマッチする一杯が見つけられるはず

今回紹介した2品は、実はテイクアウトも可能! テイクアウトの対応は営業時間内に限るものの、家飲み派の人や、家族へのお土産には重宝するはず。

間違いなくここでしか味わえない逸品がそろう「獺祭」。藤沢に訪れたら外すことのできないお店である。

Yahoo!ロコ獺祭
住所
神奈川県藤沢市鵠沼橘1-1-15 富洋ビル1F

地図を見る

アクセス
藤沢駅[出口]から徒歩約2分
藤沢駅[南口]から徒歩約3分
石上駅[出口]から徒歩約6分
電話
0466-28-0910
営業時間
月~日 17:00~23:00
定休日
不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

「宗平」(藤沢)
長崎五島列島の名物で魅了する、味自慢の居酒屋

レトロの香りが残る雑居ビルの中に、その開業当初から店を構えているのが「宗平」。昔ながらの大箱酒場を思わせる雰囲気も最高

名酒場らしい、呑兵衛のかゆいところに手が届く絶品のつまみと、さつま揚げや皿うどんといった長崎の名物が堪能できる老舗居酒屋。

落ち着いた雰囲気の中でいただける料理は、奇をてらわず、食材や調理への実直なこだわりが息づくものばかり。安心してお酒を傾けられる、一見ありそうでなかなか出合えないお店だ。

刺身5点盛り(2000円・税別)

まぐろ以外は長崎五島列島から直送される鮮魚を使用。この内容で2000円はとてもリーズナブル

酒肴の定番である刺身。「宗平」では長崎の旨い魚を存分に味わうことができる。

代表の浅利文夫さん
代表の浅利文夫さん
「魚は脂のりの良さが特徴の豊後水道も有名ですが、五島列島のものは水温や潮の流れの違いから、身が締まっているのが特徴です。ぜひ五島の焼酎などと合わせて味わってください」

大島トマト(500円・税別)

期間限定で出荷される貴重な「大島トマト」。他店ではなかなかお目にかかれないメニューのはず

長崎県の大島造船所の遊休地で作られ、4月〜5月にかけてのわずか50日間だけ出荷される貴重なトマトがこちら。食べたい人はお早めに!

代表の浅利文夫さん
代表の浅利文夫さん
「塩分を含んだ独特の土壌で作られるので、糖度が高く、トマト本来の素朴ながら濃い味わいを楽しめるんです」

自家製厚焼玉子(700円・税別)

元々は寿司店の流れを汲む「宗平」だけに、玉子焼きのクオリティは高い。お客さんの多くが頼む人気メニューだ

多彩な料理が魅力の「宗平」には、名物がまだまだある。例えば、佐賀嬉野温泉名物の「トロトロ温泉湯豆腐」(800円)や、季節限定のフグなどがそれだ。とりわけフグは長崎から毎日直送され、冷凍せずに提供できるので、甘さや旨味が全然違うのだとか。
今回紹介しきれなかった逸品も求めて、ぜひ足を運んでみてほしい。

Yahoo!ロコ宗平 藤沢店
住所
神奈川県藤沢市 南藤沢2-1-2 プライムビル3F

地図を見る

アクセス
藤沢駅[南口]から徒歩約1分
藤沢駅[出口]から徒歩約3分
石上駅[出口]から徒歩約10分
電話
0466-23-0006
営業時間
月~日 11:30~23:00
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/この地に根を張る、地元民ならではのこだわりを提供する店から、各地方の旨いものでもてなす店まで様々で、取材中も感銘を受けることばかり。まだ海水浴には早いものの、潮風に当たるのが気持ちの良いこの季節。筆者は、湘南・鎌倉観光に前乗りして、今回紹介したお店をはしご……なんてプランを絶賛検討中です!

取材・文=髙山太郎 撮影=片山よしお、延藤 学

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES