こだわりが光る! 登山者をもてなす高尾山の「名物そば」5選

特集

先週の人気記事 TOP10 (4/30~5/6)

2018/05/04

こだわりが光る! 登山者をもてなす高尾山の「名物そば」5選

高尾山を代表するグルメといえば「そば」。麓には多くのそば屋さんが軒を連ねますが、それぞれのお店のこだわりを紐解いてみると、シンプルな「そば」といえど実に個性的。名物の「とろろそば」以外にも、おいしいおそばが沢山ありました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

「とろろ」「自然薯」「天ぷら」高尾山の麓はそばワールド!

高尾山の山腹には薬王院有喜寺というお寺がありますが、ここは成田山新勝寺や川崎大師平間寺に並ぶ関東屈指の霊山として、古くから賑わってきた歴史ある場所。信奉者や観光客など、山を登る人たちに精をつけてもらおうと、茶屋で「とろろそば」を提供し始めたのが、高尾山がそばで有名になったきっかけなのだそう。

今では参道にも多くのそば屋さんが軒を連ねていますが、いざ目の前にするとどの店に入ったらいいのか迷ってしまうもの。そこでここでは、お店のこだわりが光る絶品そばをご紹介しましょう!

\行くべきそば屋さんはこの5軒!/
1.「栄茶屋 本店」の「自然薯そば(冷)」
2.「蕎麦と 杜々(とと)」の「えび野菜天せいろ」
3.「紅葉屋本店」の「エビ天付き冷やしとろろそば」
4.「髙尾山の髙橋家」の「冷やしとろろそば」
5.「日光屋」の「とろろ芋天ぷらそば」

1.「栄茶屋 本店」の「自然薯そば(冷)」

手打ち蕎麦の香りと自然薯の滋味深さを堪能!

「自然薯そば(冷)」(1340円)。ねばりがよく出るまでかき混ぜ、麺、つゆ、自然薯が一体となったら食べ頃

高尾山の参道に並ぶおそば屋さんの中で唯一手打ち蕎麦を提供している「栄茶屋」。毎朝職人が丁寧に打った香り高いおそばがいただける人気のお店です。同店は「とろろそば」の「とろろ」の代わりに貴重な「自然薯」を使っているのが特徴。粘りが強く、滋味深い味わいは他店では味わえないもの。特有の土臭さがありますが、それがまた良いと、リピートするお客も多いのだそうです。

「そばは体重を乗せて力強くこねるのが大切なんです」と、そば打ちを担当する大山さん。運がよければそばを打つ姿をお店の外から見られるかも
すり下ろす前の自然薯。栄養と香りを逃さないよう皮ごと調理する

そばは北海道のキタワセソバをメインに使用。「自然薯そば」はよくかき混ぜて食べることを推奨しているため、コシが強くなるよう打ち上げるのだそう。そうすることで混ぜる際に麺が切れず、おいしくいただけるといいます。また、「栄茶屋」では締めとして「麦飯」(小・100円〜)が用意されているもの特筆すべき点。丼に残った自然薯とつゆを絡めてかき込めばパワーも漲ります。

とろろご飯的にも食べられるとは、なんともお得な気分。自然薯を余すところなく味わえます
存在感のある外観は遠くからでもすぐわかる。写真右下がそば打ちのスペース
店内は座敷、テーブル、カウンターがあり、おひとり様からグループまで快く受け入れてくれる
Yahoo!ロコ栄茶屋
住所
東京都八王子市高尾2479

地図を見る

アクセス
清滝駅[出口]から徒歩約1分
高尾山口駅[出口]から徒歩約5分
高尾山駅[出口]から徒歩約25分
電話
042-661-0350
営業時間
11:00~19:00
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

2.「蕎麦と 杜々(とと)」の「えび野菜天せいろ」

ちょっと遠いけど行く価値あり! 緑に囲まれた隠れ家で絶品そばに舌鼓

「えび野菜天せいろ」(1890円)。打ち立てのそばと八王子の野菜を積極的に使った天ぷらのセット

高尾山口駅から、高尾駅方面に歩いて約15分。民家が並ぶ小道を進むと、緑に囲まれた1軒のおそば屋さんが姿を現します……といっても見た目は周りの民家と変わらぬ佇まいで、知らなければ素通りしてしまいそうなほど。

そもそも、こんな不便な立地に店を構えたのは「空気の綺麗なこの場所で、おいしいそばを食べていただきたい」という想いから。特とくにこの時期は裏山の緑が濃く、駅周辺ともまた違った雰囲気が漂います。居心地の良さとおいしさが口コミで広がり、今ではご近所さんも足繁く通う人気店となっています。

緑に覆われた平屋を改装した店舗。写真右の木柵の向こうが入り口です
板間の店内はいつまでも居られそうな居子心地の良さ。ついついおしゃべりも盛り上がります

そんな「杜々」では、店主の石井さんが丹精込めて作る手打ちそばと季節のお料理がいただけます。こだわりは素材の味を生かすこと。*そばは毎朝石臼でそばの実を挽くところからはじめ、打ち立てを提供。つゆも削り立てのカツオ節から出汁をとるなど、すべてにこだわるのが石井さん流です。さらにエビと季節の野菜の天ぷらも、素材の味が濃く感じられる絶妙な揚げ具合。一口食べれば、繁盛店たる所以がわかるはず。わざわざ歩いて来る価値のある、貴重な一軒です。

茹で上がった麺をさっと冷水で締め、手際よくざるに盛る店主の石井さん
外席はペット同伴も可。この時期はテラスでビールを飲むのも最高の贅沢
Yahoo!ロコ蕎麦と雑穀料理杜々
住所
東京都八王子市高尾2031

地図を見る

アクセス
高尾山口駅[出口]から徒歩約12分
高尾(東京都)駅[北口]から徒歩約16分
高尾(東京都)駅[出口]から徒歩約18分
電話
042-673-5592
営業時間
11:00~15:00、17:30~20:00
定休日
第3水曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

3.「紅葉屋本店」の「エビ天付き冷やしとろろそば」

ふわふわのつけ汁が新感覚! 喉ごしもおいしいとろろそば

「エビ天付き冷やしとろろそば」(1300円)。これからの季節にぴったりな冷やしとろろそばは、とろろと出汁を混ぜたつけ汁でいただくのが「紅葉屋本店」のスタイル

創業は明治27年。現在4代目の峯尾誠さんが守る老舗のそば屋さん「紅葉屋本店」は、ケーブルカーの清滝駅からすぐ。軒先に下げられたのれんにも書かれてあるとおり名物は「とろろそば」。しかし、同店のそれはひと味違います。というのも、多くのお店ではつゆの冷たい温かいにかかわらず、かけそばの上にとろろを載せるのが一般的なスタイルとなっていますが、「紅葉屋本店」の「冷やしとろろそば」は、ふわふわのつけ汁につけていただく「つけそばスタイル」。

つけ汁はふわふわ。麺との絡みもよく、喉ごし爽やか。一気に啜りましょう。後半にはウズラの黄身を混ぜたり、わさびを入れて味変を楽しめるのもポイント。えび天は、ぜひこのつけ汁につけて食べてみて
昨年改装したばかりの店内は明るく開放感がある。店裏の渓流の緑を借景にしたデザインが素敵です

このつけ汁は、大和芋100%のとろろを店でとった特製の出汁とともにミキサーにかけ、ふわふわに泡立てたもの。そばをつけてすすれば、気泡がはじけて、とろろとカツオベースの出汁の香りが口いっぱいに広がります。その後を追いかけるようにそばの香りが鼻を抜け、なんとも新感覚。シンプルなのに、たったの一手間で全く新しい「とろろそば」になっていることに驚かされます。この味を覚えてしまったら、もうよそでは満足できないかも?

のれんの「とろろ蕎麦」の文字が目印
4代目の峯尾誠さん。奥様と一緒に店を切り盛りしている
Yahoo!ロコ紅葉屋本店
住所
東京都八王子市高尾町2208

地図を見る

アクセス
清滝駅[出口]から徒歩約0分
高尾山口駅[出口]から徒歩約6分
高尾山駅[出口]から徒歩約25分
電話
042-661-2012
営業時間
月,水~日 10:00~17:00
定休日
毎週火曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

4.「髙尾山の髙橋家」の「冷やしとろろそば」

老舗の情緒漂う店内で、スタンダードな一杯を!

「冷やしとろろそば」(950円)。カツオの出汁が染みた甘めのつゆに、ほどよい粘りのとろろが絶妙に合う

高尾山の登山口にどしんと構える、なんとも重厚な趣ある日本家屋。こここそ、言わずと知れた老舗「髙尾山の髙橋家」です。その歴史は天保年間まで遡り、なんと約180年もの年月を高尾山と共に歩んできました。多くの登山者を虜にしているのが名物の「とろろそば」ですが、これからの時期はぜひ冷やしを。キリッと締まった麺が甘めのつゆと絡まり、腹ぺこな胃にすっと染み渡ります。登山前でも下山後でも、身体にとってご褒美となること間違いなしです。

屋根を貫く中央の柿の木はシンボル的な存在。この柿の木にちなんだ料理もメニューに並ぶ
とろろは豪快に丼へ! これぞスタンダードといったシンプルな味。だからこそ長年に渡って愛されているのでしょう

「髙尾山の髙橋家」のそばはそば粉が6割で、4割をとろろと上質粉で練ったオリジナルのもの。さらにとろろは、口当たりの良い長芋と粘り気の強い大和芋を5:5でブレンド。そうすることでちょうど良い粘りを持つとろろを生み出しているのだとか。つゆに溶け込みすぐないため、そばを持ち上げた際にしっかりとろろが麺に絡むのが、上の写真からもわかるはず。長年の歴史の中で完成された「とろろそば」を、ぜひ一度はご賞味あれ。

店内も雰囲気たっぷり。中央のしめ縄がされた木が、この建物と共に生きてきた柿の木。その横には高尾山から湧き出る清水も流れています
Yahoo!ロコ高橋家
住所
東京都八王子市高尾町2209

地図を見る

アクセス
清滝駅[出口]から徒歩約1分
高尾山口駅[出口]から徒歩約6分
高尾山駅[出口]から徒歩約25分
電話
0426-61-0010
営業時間
[月~金]10:00~17:30(L.O.)[土・日・祝]10:00~18:00(L.O.)
定休日
不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

5.「日光屋」の「とろろ芋天ぷらそば」

シャリホク食感のとろろ芋の天ぷらが名物!

「とろろ芋天ぷらそば」(850円)。そばは平打ちで、青さのりが振りかけられているのが特徴

高尾山口駅から遊歩道ではなく、甲州街道沿いに歩いて約2分。知る人ぞ知る「日光屋」は、他のどこにもない「とろろ芋の天ぷら」が名物のお店。フライドポテトにヒントを得て考案したというこの天ぷらは、短冊状に切った長芋を海苔で巻いた、いわば磯辺揚げのようなもの。長芋の食感を残すため短めに揚げるのがポイントだそうで、シャリシャリ感とホクホク感が絶妙なんです。これを求めて通う常連さんもおり、定食にもなっている人気メニューなのだとか。

3代目の森島博之さん。ポスターやミニカーが飾られた店内のノスタルジックな雰囲気も旅情を誘います
とろろ芋の天ぷらの断面。磯の香りも良く、お酒との相性も抜群です

肝心のそばは、先代から関係が続く製麺所と共に試行錯誤を繰り返したこだわりの平打ちそば。麺にはとろろが練り込まれており、食べ応えも抜群です。さらに、つゆは甘さ控えめで、醤油の味がしっかりしているのもこだわりのひとつ。振りかけられた青さのりの磯の香りとマッチします。定番のとろろそばも人気ですが、初めて訪れるならやはり同店自慢の「とろろ芋天ぷらそば」がおすすめ。多くのそば屋さんが軒を連ねる高尾山といえど、この味はここでしか味わえませんよ。

お店は甲州街道沿い。秋には店前のもみじも綺麗に色づきます
「日光屋」は食券スタイル。先に席を確保してから注文しましょう
Yahoo!ロコ高尾山 とろろそば・とろろめしの日光屋
住所
東京都八王子市高尾町2264

地図を見る

アクセス
高尾山口駅[出口]から徒歩約2分
清滝駅[出口]から徒歩約5分
高尾(東京都)駅[北口]から徒歩約23分
電話
042-663-9008
営業時間
月~水,金~日 09:30~16:30
定休日
毎週木曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/もともとは登山前に精をつけるために食べられていたという高尾のそば。長い年月が経っても変わらぬ味もあれば、新しい味もあり、まさに千差万別。お店ごとの違いがはっきりしているので、高尾山を訪れるたびに楽しめそうです。

取材・文=石井 良 撮影=野口 彈

\高尾山のことならこちらも!/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES