都内の青森専門レストランで注目の新メニュー登場!

2018/05/13

都内の青森専門レストランで注目の新メニュー登場!

内幸町にあるイタリアン料理店「BoisVert(ボワヴェール)」は、青森県の郷土料理を“現代風”にアレンジした料理が堪能できる「青森の大使館レストラン」。お店で食べた後には、現地“青森県”へ行って、本場の郷土料理を食べてみて下さい!

ロケーションジャパン

ロケーションジャパン

メディアでも話題の超人気店

BoisVert(ボワヴェール)はフランス語で直訳すると“青い森”
場所はJR新橋駅から、外堀通りを虎ノ門方面に向けて約400メートル。
ボワヴェールの外観です、少し異国情緒な雰囲気が漂います。

ボワヴェールの入口付近
店外にはガスマスクをモチーフにしたオブジェ
鹿の頭蓋骨のオブジェ。少しひるんでしまいそうな雰囲気(笑)
ビルの地下1階がボワヴェール。看板のネオンがより一層妖しい雰囲気を引き立たせます
ボワヴェールの店内は、青森食財のりんご、調味料、本・絵画なども並べられていて、あっという間に雰囲気に引き込まれていきます
BoisVertの内装は異国情緒を感じさせる不思議な空間。一見の価値あり!

テレビ朝日『食彩の王国』やテレビ東京『なないろ日和』をはじめ、最近では『出没!アド街ック天国』西新橋編でベスト20のうち10位に選ばれるなどメディアも大注目!ランチやディナーを楽しむ、新橋・虎ノ門・霞が関界隈のサラリーマンやOLで連日賑わっています。
また、青森伝統食イベントなど数々のイベントを店舗で実施して、常にお店は予約でいっぱい!

お店の人気の秘密にせまる!

シェフの川口さん(右手前)、小宮山さん(左奥)

青森の豊かな大地や食財、人々の温かさに魅せられたオーナーシェフの川口カズノリさん(通称:カズシェフ)。シェフ自ら青森へ赴き、地元のかっちゃ(津軽弁でお母さん)たちと交流しながら“食財”をみつける。その”食財”を使った創作料理の数々とおもてなしに、一度訪れるとファンになること間違いなしです!
ちなみに、川口シェフは産まれも育ちも大阪。なぜ大阪人の川口シェフが、青森県に魅了されたのでしょうか?
それは、閉店の危機にあった時に、川口シェフが占い師にみてもらうと「あなたは北に行きなさい」というので思い切って青森食材専門のレストランにしたいと青森出身のオーナーに相談したのがきっかけです。
今では青森県にハマり、多い時には月に4回も現地に行くこともあるそう。

そんなボワヴェールでは、新潟県十日町産のスーパーフード苧入り「越後サラダうどん」を使ったメニューが楽しめます♪
フランスが発祥の「レストラン=Restaurant」の語源には「回復させる」という意味が含まれています。そのため、”お客様が美味しく料理を味わい、元気になって頂く”ことがボワヴェールの狙い。さらに、新潟県十日町産の植物の苧(からむし)を煉り込んだ栄養価の高い『越後サラダうどん』と青森食財を使用した新メニューを開発しました。

ボワヴェールでの「越後サラダうどん」を紹介します!

にんにくと鷹の爪を炒めます
越後サラダうどんと青森産十和田シジミのダシを合わせて熱します
お皿に盛り付けます
定番ランチメニュー「田子卵と十和田とろろのつゆペペロンチーノ」(価格:1,000円

越後サラダうどんのつゆペペロンチーノに、十和田名産・美人長芋のとろろと、弾力抜群の黄身と青色の殻が特徴の貴重なアロハナ種の卵をオン! お好みで、大粒納豆、ザーサイ、等の期間限定トッピングをのせて味わいの変化も楽しめます♡つゆのダシがとても美味しくて最後まで飲み干してしまうこと間違いなしの逸品。

お次は春の期間限定の新メニュー!

春の期間限定メニュー「特選青森食財たっぷりの冷やしからむし麺」(1,300円)

「越後サラダうどん」を使用したこの時期だけの特製メニューを開発♪

まず一つ目はボワヴェールの人気メニュー「青森丼」をヒントに開発した「冷やしからむし麺」
これから暑くなる季節にピッタリの冷製パスタのようにアレンジしました。
麺の上には特選青森食財がたーっぷりとのっています♪
食財はシェフが現地に足を運び、舌を唸らせた逸品を厳選しています。
青森の日替りの鮮魚、弘前の山菜、三戸町の太子納豆、田子産たまご、そして十和田産カブ・オクラのピクルスがさっぱりとした味わいを楽しめます。
また、幻の食材とも言われる長さが30㎝以上にもなる「大鰐温泉もやし」も使用。
特製つゆをかけたら10種類以上の青森食材を豪快に混ぜてそのハーモニーをお楽しみください♪

※大鰐温泉もやしとは
青森県大鰐町で栽培される伝統食材。
栽培の秘訣は「温泉水」のみでを栽培過程でふんだんに使用されている。
栽培はもちろん洗浄・仕上げに至るまで水道水を一切使わず、温泉水のみを使用。

「生山椒薫る小松菜ソースのからむしパスタ 」(1,000円)

二つ目は「からむしパスタ」!青森県十和田産小松菜をソースと具材にたっぷり使用しました♪
青森産の煮干しダシの和風ダシと生山椒で春風のような優しい味わい。
栄養満点の”小松菜×からむし”のヘルシーなパスタに仕上がりました♪
ボワヴェールでは仕入れたての新鮮でお肉・魚介類をたっぷり使用した創作メニューが楽しめます♡カズシェフ特製の調味料・発掘した食財が絶妙にマッチ!特に女性に大人気のメニューです。
カズシェフの作る創作料理と温かいおもてなしに満足すること間違いなし!どのメニューも全部おいしくて全部制覇したくなりますよ♡

Yahoo!ロコ新橋 Bois Vert (ボワヴェール)
住所
東京都港区西新橋1-13-4 B1

地図を見る

アクセス
内幸町駅[A3]から徒歩約1分
虎ノ門駅[1]から徒歩約4分
新橋駅[8]から徒歩約5分
電話
03-5157-5800
営業時間
【平日】ランチ 12:00~13:30 /ディナー 17:30~23:00(L.O.21:30)【土】ディナー 17:30~22:00(L.O.20:30)土曜日はディナー営業のみ
定休日
日・祝日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

ボワヴェール シェフ・川口カズノリさん

大阪府堺市生まれ。
フランス、ブルゴーニュ地方のレストランで修行後、東京へ。その後、日比谷、銀座などでシェフに就く。青森の魅力に魅せられ青森と東京を食で繋ぎたいと2000年に現代青森料理とワインのお店「Bois Vert(ボワヴェール)」をオープン。青森県現地の地域おこしにも参画。お店に来たお客様に青森の文化や伝統に興味を持ってもらい、実際に青森へ行って美味しい料理を味わってほしいという思いから、あえて郷土料理は出さず青森食財を使ったアレンジ料理を提供。「ボワヴェールは映画で言うと予告編のようなお店。本編は現地へ足を運んでお楽しみください」と語る。

伝承しナイト!

伝承しナイト!

西新橋の人気店「Bois Vert」のイベントは要注目です!

青森・弘前の伝承料理をおいしく学ぶ素敵なイベント“伝承しナイト!”では、 地元のかっちゃ(津軽弁でお母さん)たちがシェフとなって、青森が誇る素敵な伝承料理をふるまってくれます♪

この記事を書いたライター情報

ロケーションジャパン

ロケーションジャパン

ロケ地情報誌『ロケーションジャパン』のWEBマガジンです。 映画・ドラマのロケ地や舞台を通して、日本各地の魅力を発掘、発信!エンタメ×旅の新しい旅行スタイルを提案します。

ロケーションジャパン が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES