彦摩呂×はあちゅう「2016年トレンドグルメ対談」(前編)

彦摩呂×はあちゅう「2016年トレンドグルメ対談」(前編)

2016/04/29

食レポしたお店は1万2000軒以上! 泣く子も黙るグルメレポーターの大御所・彦摩呂さんと、食べることが大好きなカリスマブロガーで作家のはあちゅうさんの初対談が実現! 2016年に二人がマークしているトレンドグルメについて、食欲のおもむくままに語ります!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

テレビ界とネット界の食いしん坊が初対談!

——お二人、初対面ということで、まずは自己紹介からお願いします。

はあちゅう はじめまして、はあちゅうと言います。私は、ネット時代の作家を目指して、出版不況の中、新しい作家業の在り方を体当たりで模索しています。最近は様々な形での発信を、ベストアルバムみたいな形にまとめるような書籍づくりをしています。

彦摩呂 それ、いまどき一番ええスタイルやなぁ〜!

はあちゅう ありがとうございます! 私も彦摩呂さんと同じで食べることが本当に大好きなので、「たべあるキング」という食のインフルエンサーさんたちを集めたチームにも参加していて、日々、トレンドのお店を調べては、食べに行く活動も積極的にしています。

彦摩呂 えー、僕の活動はね、主にあの…。

初対面なので自己紹介からスタート

はあちゅう 存知上げております(笑)。これまでテレビの食レポートで訪れたお店が、1万軒を越えられたんですよね!?

彦摩呂 そやねん。2008年に「ヒコマラン」(ダイヤモンド社)っていう本を出した当時で1万軒やから、いまは1万2000軒くらい行ってるかな? 

「お寿司のガールズコレクションや〜」彦摩呂さんの名言はこうして生まれる!

はあちゅう すごい! 彦摩呂さんの食レポはもの凄いボキャブラリーが豊富で、どうやったらあんな表現をパッと思いつくのか作家としても気になります!

彦摩呂 真面目に答えると、“物を立体的に見る”のがポイントやね。そうするとホンマに、サンマの刺身が「ソーラーパネル」に、海鮮丼が「宝石箱」に見えたりするんですよ。回転寿司は「ランウェイ」のようやから、「お寿司のガールズコレクションや〜」って言うてみたり。

「真逆のものをくっつけるんですね!」(はあちゅう)

彦摩呂 でも、最初は怖かったわ。食べ物を何かに例えて表現するってこと、誰もやってなかったし。正直、すごい怒られるんやないかとびびってました。結果、面白がってもらえたからよかったけど。

はあちゅう 人知れず、そんな思いを抱えていたとは…。

ブーム必至!? 二人が今年気になりまくっているグルメを発表!

——では、ここで本題を。お二人が2016年に気になるグルメを教えてください!

はあちゅう 今日はぜひ、彦摩呂さんが今年気になっているラーメンについて聞きたくて。実は私、母がラーメンが好きではなかったので、外でわざわざラーメンを食すってことを人生でほとんどしてこなかったんです。

彦摩呂 ほうほう。

はあちゅう でも、いまお付き合いしてる人が、ラーメンが大っっ好きで。私も一緒に食べに行くようになったんですけど、最初は美味しさが分からなかったんです。でも食べ歩くうちに自分の舌が出来てきた実感があって。もっとちゃんと舌を作ってから味わうと、ますますラーメンの違いが分かってくるのかなと思っている今日この頃です。ラーメンとお寿司って、舌が出来てようやく、味の違いがわかるなーって

ラーメンに目覚めたはあちゅうさんに、彦摩呂さんが激押しするラーメンとは…!

トレンドグルメ① 
新感覚! 鯛ラーメン

彦摩呂 「舌を作る」って名言やな〜!」ラーメンとお寿司はまさにそうやんな。ラーメンやったら、僕が今年大注目してるは「鯛ラーメン」。鯛ラーメンをテーマにした専門店は、僕が知る限り、いまのところ都内に2軒あるんやけど、どっちも最近できたばかりのお店やねん。

はあちゅう 鯛ラーメン⁉︎ お魚のですか?

彦摩呂 そう。東京・錦糸町にある「真鯛らーめん・麺魚」。ここは、瀬戸内の宇和島産の真鯛を仕入れに毎朝築地に行きはんねん。

彦摩呂さん絶賛の「真鯛らーめん・麺魚」の「鯛ラーメン」(800円)

彦摩呂 築地にある得意先の鯛のアラを85Kg仕入れてな。そのまま煮たら生臭いから1回骨を湯引きしたあと、寸胴鍋に入れてグツグツグツグツ…。鯛の骨は旨味が相当なもんで、例えば鯛飯にしたら骨からものすごい味が出るのね。その鯛の骨と、骨の周りについた鯛の身だけで作った鯛ラーメンの透き通ったスープときたら、もう! 鯛の旨味だけを抽出して、何とも繊細な味やねん。

はあちゅう おいしそう! というか、彦摩呂さんの、豊かすぎる表現力! しかもよどみなくスラスラとコメントが溢れてくる…。

彦摩呂さんのトークを目の前で聞き、感動するはあちゅうさん

彦摩呂 ほほほ。ちなみにここの麺はスープを邪魔しない、小麦の香りがフーッと鼻に抜ける自家製。もっとも驚くべきはシルキーなシャーシューで、コテコテの叉焼を甘ダレでたくとスープが汚れるからローストポークを使ってんねん。桜のチップで燻製にしたチャーシューやから香りがいいのなんの。そんなローストポークがラーメンのスープにつかると、スープの湯気と香りが手ぇ組んでぼわ〜っと鼻まで上がってくんねん。

はあちゅう なんだか、グルメ小説を読んでるみたい…!

トレンドグルメ② 
熟成肉の次は、熟成寿司!

彦摩呂 お寿司でゆうたら、今年は断然、熟成寿司よな。熟成肉ブームに続いて、じわじわ火が付いてきたよね。

はあちゅう そうみたいですね。

広尾の2カ月先まで予約のとれない熟成寿司のお店「鮨 心白」

彦摩呂 この前ね、六本木の「すし通」っていうお店に行ったんやけど。

はあちゅう  !!!

彦摩呂 行った?

はあちゅう まだ、行けてないです、「すし通」はお寿司職人さんが足を運びたいと思うお寿司屋さんで、予約が取れないことで有名ですよね?

彦摩呂 そうそう。機会があったら是非行ってみて〜! 「すし通」は、「鮪のトロは50何本」みたいに、飾り包丁の筋の本数もネタで決まっていて、1本でも筋が多いと味が変わるんやて。ネタを長らく寝かせて熟成しているから、通常の寿司とは甘味が全然違う。牡丹海老なんて表面に甘味と粘りがあんねんけど、中にはちゃんとプリプリ感が残ってんねん。

はあちゅう !!!

トレンドグルメ③ 
日本でも遂にブーム!?
食事系パイ

彦摩呂  ほな次は、はあちゅうさんの、今年気になるグルメを教えて〜。

はあちゅう 今年は、お食事系のパイがきてるなと思います。パイ専門店「Little Pie Factory(リトル パイ ファクトリー」(麻布)や、今年の3月にオープンして以来、平日にも関わらずパイのビュッフェに長蛇の列ができるパイ専門店「Pie Holic(パイホリック)」(横浜)の人気ぶりを見ると、これまで日本ではあまり浸透していなかったシラスやチーズがのっかった、ご飯替わりにいただけるパイが、今後、さらにブームになる予感です!

彦摩呂 分かるわ〜。食事系パイ、ブレイクの匂いがムンムンやね。去年クロワッサンがすごいブレイクしたけど、ああいうサクっとした食べ物、女子は好きやん?

はあちゅう そうなんです。私の周りの女友達もパイやクロワッサン好きが多くて。今年、塩系のタルトもじわじわきてますしね!

Little Pie Factoryで人気のお食事系パイ「海老のビスク」(420円・税別)と、「ミートパイ」(390円・税別)
Pie Holicの「ブイヤベースホットパイ(3〜4人用4980円・税別)はパイの概念を覆す仰天ビジュアル!魚介類てんこもりで、残ったブイヤベースのスープでパスタを作る ※ディナー限定メニュー
Pie Holic「グリーンピザパイ」(3〜4人用2950円・税別)は、野菜たっぷりのヘルシーパイ。アボガドとシャキシャキのインゲンがアクセント

トレンドグルメ④  
“NOTカフェ飯”なカフェ!

——今回の対談のお店「PATH」は、はあちゅうさんのオススメ、2015年の12月にオープンした新店なんですよね?

はあちゅう はい。店の佇まいはカフェっぽいのに、ちゃんとお料理が美味しくて超本格派なんです。

奥渋谷・富ヶ谷の住宅街に佇む「PATH」。朝は自家製グラノーラやパンなどを気軽に食べられるカフェとして、夜はコース料理をゆっくり楽しめるビストロとして幅広く使える点が魅力
ブルックリンを思わせる茶褐色でまとめられた店内

はあちゅう 一般的なカフェでのご飯って、お洒落なものを食べた気にはなれるんですけど、料理としての満足度が低いお店が多いんですよね…。でも「PATH」は、全部のお料理がしっかりちゃんと美味しくて。グルメな友達の間でも話題のお店なんです。

モーニング&ブランチタイムの人気メニュー「ダッチパンケーキ 生ハムとブッラータ」(1200円・税別)。14時までの限定だ
「夜のコース」(5800円・税別)は全7品。メニューはその日の仕入れによって異なる。写真は「さわらのロースト」。さわら、ホタルイカ、エンドウ豆の上にふきのとうのピューレとシェリービネガーがかかる
アーティスティックなたたずまいの白いキューブ。実はこれ…
夜のコースのデザートなのだ!「メレンゲ、イチゴ、シャルトリューズのソルベ」
はあちゅうさんオススメのお店「PATH」の料理を彦摩呂さんもモグモグ

彦摩呂 確かに、よくある“カフェ飯”とは全然ちゃうわ〜!

取材・文=城リユア(mogmog gizmocchi)撮影=川野結李歌

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

特集

連載