粉もんの聖地で味わいたい、大阪お好み焼きの名店5選

特集

先週の人気記事 TOP10 (5/14~5/20)

2018/05/15

粉もんの聖地で味わいたい、大阪お好み焼きの名店5選

大阪を代表する食文化「粉もん」。その中でも名店ひしめく大阪ミナミ&キタの人気お好み焼き5店をピックアップ。一緒に食べておきたいサイドメニューも要注目ですよ!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

\大阪で食べたい、お好み焼きの名店はこちら/
1.お好み焼 つる家(東梅田)
2.どんたく(梅田)
3.お好み焼 おかる(難波)
4.千日前はつせ(難波)
5.ぼんくら家 道頓堀店(難波)

1.お好み焼き つる家(東梅田)
山芋×しょうゆ風味がくせになる

\いくらでも食べたいヘルシーメニュー「山かけミックス」(1400円+卵黄身60円)/

「山かけミックス焼」(1400円+卵黄身60円)は、海老、イカ、豚がミックスされた生地は、あっさりしたしょうゆ味で仕上げられ、具材の旨味がしっかりと引き立てられています
こちらのお店は現店主の祖母が家業である折箱製造会社の工場裏で創業したのが始まり。基本の味を守りながら「山かけミックス」など新メニューも積極的に開発しています

飲食店がひしめき合う東通り商店街の中で存在感を放つ「お好み焼 つる家」。昭和26年の創業以来、梅田の街の移り変わりを見続けてきた老舗の味は一切変わることなく現在まで受け継がれています。その上で、「たくさんの人が楽しめるように」と多彩なメニューも展開し、伝統とモダンが融合した唯一無二なお好み焼きが味わえます。

\ビールのお供に「タコポン」(850円)/

ほとんどの人がお好み焼きと一緒に注文するという「タコポン」(850円)。たこ、もやし、ポン酢のハーモニーに、思わずビールが進みます
現店主の加納利彦さん。創業から3代続く味を受け継ぎ、若いお客から昔からの常連まで幅広くもてなします

「山かけミックス」は、もともと常連客の「山芋を入れたあっさりしたお好み焼きが食べたい」というリクエストから生まれたそうで、それがいまやお店の名物メニューに。伝統の味を守りつつ柔軟に新しい食材を取り入れる姿勢が新旧のファンに愛される秘訣なのかも知れませんね。

カウンターの鉄板ではお好み焼きだけでなく、さまざまな一品料理が調理され食欲をそそります
「お好み焼 つる家」店主・加納利彦さん
「お好み焼 つる家」店主・加納利彦さん
「梅田エリアでは個人のお好み焼き屋が数えるほどになってしまいましたが、まだまだ元気で営業しています。じっくり煮込んだあっさりしょうゆ味の『すじねぎ焼』や、もち、チーズ、コーンなどトッピングも豊富にご用意していますので、ぜひ足をお運びください」
Yahoo!ロコ大阪の味 お好み焼 つる家
住所
大阪府大阪市北区小松原町4-6 2・3階

地図を見る

アクセス
東梅田駅[1(東梅田駅)]から徒歩約2分
梅田(地下鉄)駅[12(御堂筋線梅田駅)]から徒歩約3分
梅田(阪急線)駅[1階正面東側]から徒歩約4分
電話
06-6361-0613
営業時間
火~金、祝前日: 17:00~22:30 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:00)土、日、祝日: 11:00~22:30 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:00)
定休日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

2.どんたく(梅田)
昔ながらのお好み焼き&ど迫力とんぺい

\懐かしい家庭の味「豚玉」(800円・税別)/

先代の母親から受け継いだ定番メニュー「豚玉」(800円・税別)は、懐かしい味わいに安心感を覚えます
外はカリッと、中はふわっとなお好み焼きの理想形。カツオと青のりの風味がソースと相まって気がつけばあっという間に完食

梅田・堂山エリアの裏路地にお店をかまえる「どんたく」は、夕方6時からなんと深夜4時までオープンしているという深夜ユーザーウェルカムなお店。それだけにバーや居酒屋など同業者が仕事を終えて来ることも多く、彼らの舌を満足させるその味はどこか懐かしく、安心感に満ちています。

\衝撃のサイズ感「とんぺい」(800円・税別)/

「とんぺい」(800円・税別)。写真では伝わりにくいですが、お好み焼きとほぼ変わらない大きさで、その堂々とした見た目に圧倒されます

「どんたく」で必ず食べておきたいメニューがもう一品。それが「とんぺい」です。ステーキ大の肩ロースに卵3個を使うそのボリュームは、とんぺい焼きの常識を遥かに超えており、ジューシーで厚みのあるお肉は食べごたえ抜群。お好み焼きと一緒に頼めば満腹は保証されたも同然の名物メニューです。

流れるような手付きでとんぺいを焼き上げる店主の中川さん。多いときで1日に40枚は出るということで仕込みにも余念がありません
創業以来30年以上使い続けた店舗を昨年改装。落ち着きのある内観に生まれ変わりました
「どんたく」店主・中川哲也さん
「どんたく」店主・中川哲也さん
「深夜4時まで営業していますので、梅田で夜中にお腹を空かせた方、終電に乗り遅れた方、ぜひお越しください。お好み焼き、とんぺい以外にもお手頃価格で鉄板焼きメニューをご用意しています!」
Yahoo!ロコどんたく
住所
大阪府大阪市北区堂山町16-12

地図を見る

アクセス
中崎町駅[3]から徒歩約3分
梅田(阪急線)駅[1階正面東側]から徒歩約5分
東梅田駅[1(東梅田駅)]から徒歩約6分
電話
06-6311-3148
営業時間
月~土 18:00~28:00
定休日
毎週日曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

3.お好み焼 おかる(難波)
マヨアートで描く大阪名物

\アートは最後のお楽しみ「豚玉」(800円)/

「豚玉」(800円)。仕上げのマヨアートは通天閣、ビリケンなどの大阪バージョンやキャラクターが描かれます。絵柄の内容は食べるまでのお楽しみ

千日前商店街のアーケードを出てすぐの位置にある「お好み焼き おかる」は、戦後まもない昭和21年に創業。昔ながらのレシピで提供されるお好み焼きは、ひっくり返した際に力いっぱいコテで押しつぶし、蓋をして蒸すという調理法でふわっと軽い食感に。仕上げのマヨネーズアートでは通天閣や大阪名物などが描かれ、食べる前から楽しませてくれます。

調理は女将の安達さん(写真)やスタッフにおまかせ。火の通った生地からは次第にダシのよい香りが漂いだします
コテで押しつぶして空気を抜き、蓋をすることでお好み焼きに熱を注入。この作業により時間をかけずにふわっとした食感が生み出されます
軽めでさくさくと食べ進められるお好み焼き。ダシの旨味とキャベツのほのかな甘味が口いっぱいに広がります

こちらもオススメの\「焼きそば・豚」(800円)/

モチモチした中太麺にソースがよく絡む「焼きそば・豚」(800円)
創業70年を超える老舗だけに居心地の良さは抜群。10名まで収容可能な個室も完備

70年以上もの間、ミナミで変わらぬ味を提供し続ける「お好み焼 おかる」。お好み焼きの調理で使われるアルミの蓋は創業時から使用されているもので、それを見るだけでもお店の歴史が伝わってきて感慨もひとしお。お好み焼きの味にいっそう深みが増してくるように感じられます。

「お好み焼 おかる」女将・安達佳代子さん
「お好み焼 おかる」女将・安達佳代子さん
「特に変わったメニューもありませんが、昔ながらの素朴なお好み焼きを味わっていただけたらと思います。マヨアートは20数年前から始めたのですが、お客様から記念になると喜んでいただけるのでやりがいを感じます」
Yahoo!ロコおかる
住所
大阪府大阪市中央区千日前1-9-19

地図を見る

アクセス
近鉄日本橋駅[B24]から徒歩約0分
大阪難波駅[15-A]から徒歩約3分
日本橋(大阪府)駅[2(日本橋駅)]から徒歩約3分
電話
06-6211-0985
営業時間
12:00~14:30LO,17:00~21:30LO
定休日
毎週木曜日、第3水曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

4.千日前はつせ(難波)
個室のくつろぎ空間でセルフ焼きを極める

\安定感抜群な老舗の味「ぶた」(730円・税別)/

「ぶた」(730円・税別)。肉を表面に置かず細かく切って生地に混ぜて焼くのが特徴的。肩ロース肉が奥行きのある味わいを生み出しています。まずはソースをつけず生地そのものの旨味を味わうのもオススメ

難波エリアのど真ん中で長年、愛され続ける名店「千日前はつせ」は、なんと席がすべて個室となっており、リラックスムードで食事が楽しめます。大阪でも少なくなってきたセルフ焼きスタイルのお店ですが、個室内にマニュアルがありスタッフさんも焼き方のコツを丁寧に教えてくれるので、作り方が分からなくても安心です。

生地を広げてまず5分、きつね色になってきたら返して5分が焼き方のセオリー。3センチはあろうかという厚みですが、中火をキープすることでしっかり火が通ります

\そびえる豚肉の山「うま辛鉄板鍋」(1人前680円・税別)/

人気のサイドメニュー「うま辛鉄板鍋」(1人前680円・税別)は、まずそのビジュアルに驚き。アルミ皿のまま鉄板に置き、肉の内側にある野菜を熱でしんなりさせてから豚バラ肉に火を通します
豚肉に甘めのタレを絡めて仕上げにかかります。うどん、豆腐、牛肉、野菜盛り合わせなども追加で投入できます
店内はすべて和風の個室となっており、4席分が連なったこちらの部屋は襖を開放すれば20人での使用が可能

アットホームな空間で思う存分でくつろげるこちらのお店。なんばグランド花月からすぐ近くという場所柄、芸人さんや観覧を終えたお客もよく訪れるそうです。また現在、吉本興業とのコラボレーションメニュー「むかし焼きデラックス」も展開しているので、お笑い好きの方は必食ですよ!

スタッフの吉田幸宏さん。焼き方に困ったときは親切にアドバイスしてくれます
「千日前はつせ」スタッフ・吉田幸宏さん
「千日前はつせ」スタッフ・吉田幸宏さん
「当店ではお好み焼きを楽しみながら作って、食べていただくことをモットーとしています。ぜひ、ご家族、ご友人で語らいながらおいしいお好み焼きを味わってください。焼く前のコツを一つ、生地は混ぜれば混ぜるほどおいしくなりますよ」
Yahoo!ロコ千日前 はつせ
住所
大阪府大阪市中央区難波千日前11-25 はつせビル2F

地図を見る

アクセス
近鉄日本橋駅[B21]から徒歩約2分
難波駅[一階北出口(南海市バス・タクシー方面)]から徒歩約3分
なんば駅[1]から徒歩約4分
電話
06-6632-2267
営業時間
月~金、祝前日: 11:30~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)土、日、祝日: 11:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)
定休日
なし
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

5.ぼんくら家 道頓堀店(難波)
規格外メニューが盛りだくさん

\味も絶品なフォトジェニック「あほぼん焼き」(1880円・税別)/

「あほぼん焼き」(1880円・税別)。エビがお好み焼きに潜り込んだかのような見た目に、思わずカメラを向けたくなってしまいます

外国人観光客でにぎわう道頓堀のメインストリートに店を構える「ぼんくら家 道頓堀店」。お店のメニューの中でもひときわ目を引くのが、エビの頭と尻尾がお好み焼きから飛び出した「あほぼん焼き」(1880円・税別)。見た目のインパクトにまず目を奪われますが、味の方も絶品で、山芋をたっぷり使い、ふわっとしっとりな食感でお腹を満たしてくれます。

ホタテ、イカ、タコ、豚などがミックスされ、海鮮とお肉の旨味を一度に味わえます。焼いて味付けした山芋がトッピングされ、なめらかな口当たりを演出

\一歩深い牛の魅力、大阪名物「油かすキャベツ」(1180円・税別)/

豊富な鉄板焼きメニューの中でも人気なのが「油かすキャベツ」(1180円・税別)。大阪の郷土料理である油かすから出る旨味がキャベツに絡み、ビールにもぴったり
レトロな雰囲気の店内。窓から道頓堀川を見下ろせるというロケーションで、デートにもうってつけ

こちらのお店では、名物メニュー「あほぼん焼き」の他に特製ホワイトソースと明太子で形作った「巨乳焼き」、ぶた玉、いか玉、えび玉を重ねた「メガ焼き」、一口サイズで楽しめる「ぷち焼き」など遊び心にあふれたメニューが盛りだくさん。SNS用に写真に収めつつ、友人や家族でシェアしながら味わうのがおすすめです。

入店前にお客として同店のお好み焼きを食べ、衝撃を受けたというスタッフの盛亮太さん
「ぼんくら家 道頓堀店」スタッフ・盛亮太さん
「ぼんくら家 道頓堀店」スタッフ・盛亮太さん
「当店のお好み焼きはキャベツにコールスローを使用し、パンケーキのようにふわっとした食感が特徴です。鉄板焼メニューも定番から希少部位も味わえるステーキまでたくさんご用意しているので、ぜひ、ご賞味ください」
Yahoo!ロコお好み焼き・鉄板焼 ぼんくら家 道頓堀店
住所
大阪府大阪市中央区道頓堀1-5-9 2F

地図を見る

アクセス
近鉄日本橋駅[minamiOSプラザ口]から徒歩約2分
なんば駅[14]から徒歩約4分
大阪難波駅[15-A]から徒歩約5分
電話
06-6211-8941
営業時間
【5/31まで】月~土、祝前日: 11:00~翌3:00 (料理L.O. 翌2:00 ドリンクL.O. 翌2:00)日、祝日: 11:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00) 【6/1~】月~土/11:00~翌1:00(LO.24:00) 日・祝/11:00~24:00(LO.23:00) ※第2月曜日は17:00オープン
定休日
難波で他では味わうことが出来ない新感覚のお好み焼きを是非ご賞味下さい。各種宴会でご利用頂けます。
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

お好み焼きの名店5選、いかがでしたか。定番から変わり種まで、幅広いメニューは、そのまま大阪の粉もん文化の懐の広さを現しているといっても過言ではないでしょう。今回の記事を読みながらお好み焼き食べ歩けば、また一つ深く大阪を知ることができるかも。

取材・文=伊東孝晃(クエストルーム)、写真=櫟原慎平

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES