犬養裕美子のお墨付き! 自然体のフレンチ、三宿「デュバリー」

特集

【Yahoo!ライフマガジン】6月の連載記事まとめ

2018/06/22

犬養裕美子のお墨付き! 自然体のフレンチ、三宿「デュバリー」

“アナログレストラン”はレストランジャーナリスト犬養裕美子が選ぶ「いい店」。作り手がその場できちんと料理をしていること。小さくても居心地のいい空間とサービス、かつ良心的な値段。つまり人の手、手間をかけた「アナログ」で「アナ場」な店。第52回は三宿「デュバリー」。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

店の雰囲気は8年間ずっと変わらない。
で、変わったこととは……?

国道246に平行して、池尻大橋から三宿までを結ぶ裏道は小粒でも個性的な店が点在する“おいしい店通り”。その顔ぶれ、数もずいぶん変わったな~と思いながら歩いていく。やがて三宿交差点のすぐ手前、元気なハーブの鉢植えが目印の「デュバリー」が見えてくる。

ハーブの鉢植えが目印。緑豊かな入り口が出迎えてくれる

ビストロ激戦区の中で人気店に成長したこの店も、今年で8年。「あっと言う間でした。でもオープン当初から、何も変わっていないんですよ」というオーナーの谷田部靖さん。8年経っても、決して古びた感じがしないのは、谷田部さんのセンスの良さがあってこそだ。

テーブルにクロスはなし。ナチュラルな素材の家具は、今もっとも人気の北欧スタイル

最初の店づくりは色あい、材質、雰囲気などにとてもこだわっていた。「新品のピカピカって店にはしたくなくて……」。前の店の床を張り替えようとはがしたら、床材の裏がなかなかいい感じにエイジングされていた。そこで汚れを落として使うことに。8年たった今も、オープン当時と変わらない印象を受けるのは、当時すでにそうした「味付け」がされていたからなのだろう。

窓際のテーブルからは、外のテラスにある色とりどりの花が見えてランチタイムでは特等席

変わったのは……新しいシェフによる勢いのある料理

インテリアとは対照的に大きな変化もある。
今年の2月から3代目、加藤光一シェフになった。加藤シェフは渋谷の老舗フランス料理店「ラ・ブランシュ」で6年間修業した期待の実力派。国産素材の良さを引き出しフレンチがお得意だ。シェフの地元、神奈川県秦野の畑へ自ら出かけ、野菜を仕入れている。

実は、加藤シェフは料理の道に入ったのはイタリアンから。その後、「ラ・ブランシュ」の田代シェフの料理に出合ってフレンチの道に進んだ。「自分がおいしいと思う料理に惹かれて……」と加藤シェフ。思い込みが強いのは、シェフとして重要な素質。それを証明するのが、料理の中におそらく彼しか思いつかないであろうオリジナリティが、さりげなく盛り込まれているところ。

夜のコースより。前菜「サザエの肝和え ガスパチョ風」キュウリのソース ハーブとサフラン、バジルのシャーベット添え。グリーンの色彩が濃淡いろいろあって美しい。そしてその色のように、一つひとつ味が違う

例えば前菜の「サザエの肝和え ガスパチョ風」。真ん中に盛られたバジルのシャーベットは甘口。この甘味にはちょっとびっくりするが、肝和えの苦味とうま味ともバランスはとれているし、妙に印象に残る。これは「楽しんで食べて!」というシェフの勢いを感じるフレッシュな一皿。

夜のコースより。6月の前菜「鮎のコンフィとリエット、ズッキーニ・トマト・ディルのみじん切り」。鮎は栃木県那須郡の那珂川。内臓はリエットで、身は骨まで食べられるコンフィで丸ごと味わう
夜のコースより。8周年記念メニューでも人気だった「熊本あか牛のポワレ」。ワイルドライス、ソラ豆、グリンピース添え。これは予約の際にオーダーしておけば用意してくれる。プラス500円
「熊本あか牛のポワレ」に使用している熊本あか牛

もう一つ変わった、というより充実したのが日本ワイン。谷田部さんはオープン当初から日本ワインを応援してきたが、種類も内容もますます充実してきた。「日本ワインは生産量が少ないので、手に入りにくいのが残念。できるだけ、多くの人に知ってもらいたいので、名前が知られたワインよりも、これから頑張って欲しい作り手のものを紹介していきたいですね」。
もちろん、北海道出身の谷田部さんは北海道産ワインにエールを送っている。その話、興味がある人はじっくりとお店で聞いて味わえばもっとおいしく感じるはず!

すべて北海道ワイン

右から「クリサワ・ブラン2005」ボトル7800円、「タップ・コップ ブランZ 2015」8600円、「イレンカ ピノノワール・ロゼ 2016」8900円、「上幌ワイン ピノノワール」8900円、「藤澤農園ケルナー2014」8900円。

谷田部さんと加藤シェフ。早くも料理が評判に! ワインと合わせて存分に楽しんで欲しい。「最近はジンも面白いですよ」とワンランク上の楽しみ方も教えてくれる

「ワインと料理を気軽に楽しんで欲しいと始めて8年。おかげさまで常連のお客様に支えてもらってここまで来ました。新しいシェフもやる気満々ですし、現在、店の雰囲気はとてもいいと思います」。マイペースな谷田部さん、この先も実直に自分のスタイルを守り続けて私たちをホッとさせてほしい。

Yahoo!ロコデュバリー
住所
東京都世田谷区池尻2-37-7 スカイビュー246 1F

地図を見る

アクセス
池尻大橋駅[南口]から徒歩約7分
三軒茶屋駅[北口A]から徒歩約10分
西太子堂駅[出口]から徒歩約17分
電話
03-6450-8177
営業時間
11:30〜14:00(L.O.) 18:00〜22:00(L.O.)
定休日
月曜日 ※祝日の場合は営業、翌日休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES