大阪・難波にあの大人気高級食パン専門店「乃が美」が登場!

大阪・難波にあの大人気高級食パン専門店「乃が美」が登場!

2018/06/07

今まで郊外のイメージが強かった「乃が美」の食パンが、難波の中心地で買えるようになり、オープン前から注目が集まっていました。早速取材に行って来ました!

ラプレ

ラプレ

「生食パン」発祥の店。きっかけは老人ホーム

今は「高級生食パン」として全国でファンが多い「乃が美」を考案したのは、大阪プロレスでも活躍する阪上雄司さん

阪上さんは、実はプロレスラー!

「何百年先も愛される商品を作りたい」と考えていた阪上さんは、当時「生キャラメル」や「生チョコ」が流行していたことから、「柔らかく甘い」ものが人の味覚の中で好かれやすいのではないかと考えます。そこで、阪上さんは大阪プロレスで老人ホームを巡っていた時に、お年寄りの方々が食パンの耳を残しているのを見て「耳まで柔らかい『生』食パンを作れないか」と着想したそうです。

2013年に上本町に本店をオープンしてから、「高級生食パン発祥の店」として44都道府県に展開し、なんば店で88店舗目。今までは、あえて店の実力だけで認知をはかりたくて郊外で展開をしてきましたが、今回は「今後の海外展開に向けてインバウンドの方に知ってほしい」という思いから、難波の中心地への出店を決めたそうです!

2年間かけて開発!耳までおいしい、日本一柔らかいパン」

阪上さんが2年間かけて開発したという「乃が美」の食パンは、「耳までおいしい、日本一柔らかいパン」を目指し、「パンの耳は固いもの」という食パンの常識を覆すべく、研究を重ねたそうです。カナダ産の世界一粒子が細かいという小麦粉を採用し、バターのみを使うと素材の味をつぶしてしまうことから乳化剤・着色料・保存料・香料無添加の高級オリジナルマーガリンとバターを併用することで自然な乳のコクが出るよう工夫しました。また、ハチミツと生クリームを配合することで、ほのかに上品な甘みが広がります。

パンは店内の工房で作ります

こうした工夫から、「乃が美」の食パンは人気に火が付き2017年に「Yahoo!検索大賞 食品部門賞」を受賞!まさに日本を代表する高級食パンになり、上本町の本店では1日100本以上売り上げるそうです。オープン前に通りかかった人からは「オープンが待ち遠しい。いつも上本町まで車で行っていたので、気軽に買えるようになってうれしい」という声もありましたよ。

店内にはしっかり「Yahoo!検索大賞 食品部門賞」の表彰状が飾られています

海外の方も「ジャパニーズフード」のお土産に

メニューは、食パン(レギュラーサイズ=864円、ハーフサイズ=432円)のほか、クルトン(216円)、ジャム(ストロベリー・ブルーベリー・マーマレード・レモン=各1,080円)となっています。

「乃が美」のオリジナルジャム
「乃が美」の食パンを使ったクルトンは料理にぴったりですね♪

ドラッグストアに隣接し、大きな看板が特徴的で目立ちます。テークアウトのみなので、これは大行列の予感ですね。

「乃が美」と大きく書かれた看板が目立ちます

阪上さんは「海外ではハード系のパンが多い。当店の耳までくちどけの良い食パンを、ジャパニーズフードとしてお土産で楽しんでもらえたら。『乃が美』の食パンを世界に発信していきたいです」と意気込みます。

いかがでしたか?「『乃が美』の食パンを一度は買ってみたい」と思っていた方も、難波の中心地に出店したことで購入しやすくなったのではないでしょうか。海外の方が「日本食パンはこんなにおいしいんだよ」とお土産にしてもらえたらうれしいですね。「乃が美」の今後の展開が楽しみです!ぜひ「高級生食パン」を体感しに行ってみてくださいね。

※価格は全て税抜価格です

この記事を書いたライター情報

ラプレ

ラプレ

大阪・関西を中心に、新しいお店、イベントなどの取材活動を行っています。地域ニュースサイト「梅田経済新聞」「なんば経済新聞」「大阪ベイ経済新聞」も運営しています。

ラプレ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載