茅ヶ崎『珈房』で味わう、ジャズ風味のブレンドコーヒー《後編》

2018/06/10

茅ヶ崎『珈房』で味わう、ジャズ風味のブレンドコーヒー《後編》

神奈川県茅ヶ崎市のコーヒー専門店『珈房』。店主・濱坂さんの素敵なコーヒートークが、1杯のコーヒーをさらにおいしくしてくれる。

海の近く

海の近く

『珈房』なら、好きなブレンドがきっと見つかる!

カウンターに置かれているミニチュアサイズのアイテムに目が留まる。常連が持ち寄ったり、手作りしたものが多い

『珈房』のブレンドコーヒーは、《茅ヶ崎ブレンド》《季節ブレンド》の2種類が定番のラインナップ。《季節ブレンド》は、時季に合わせて豆の配合を変えたものが登場する。ほろ苦のコーヒーが好みなら、ぜひ焙煎深めの《茅ヶ崎ブレンド》を。そしてその対極にあるのが、浅煎りの豆を使った《季節ブレンド》だ。透明感のある色合いに「味も薄いのかな?」という印象を持つかもしれないが、口に含めば豆のうまみがはっきりと感じられ、冷めてもしっかりと味が残っている。

深煎りで苦みを楽しむか、浅煎りでうまみを味わうか? インパクトの強い両者だけに、いざ選ぶとなると迷ってしまうかも。そんなときは、2つの中間あたりに位置する《えぼしブレンド》がおすすめ。あるいは店主の濱坂昇さんに自分の好みを伝えてアドバイスしてもらってもよい。今の気分にぴったりのコーヒーが見つかるかも?

コーヒーの粉がふくらんでいく様子を見ているだけでも楽しい。家でコーヒーを淹れるときのコツなどもいろいろ教えてもらえるから、気になることがあればどんどん質問しよう

ブレンドに奥行きをあたえる、ほんのわずかな不協和音

《季節ブレンド》に文字通りの《季節感》を与えているのは、ブレンドの妙。暑くなってきたらスッキリとしたキレを、肌寒くなってきたらまったりとしたコクを感じられるよう、季節の移り変わりに応じて豆の配合を変えていく。そして、そのキレやコクの上に、濱坂さんは《響き》をプラスするのだという。「ブレンドを和音だと思ってイメージしてみてください。例えばドミソって、誰もが受け入れやすくてわかりやすいですよね。でもずっと聴いていると飽きてくる。だから僕は、ドミソに4つめの音を足すんです」。音楽が好きな人にはわかりやすい例えかもしれない。《4つめの音》を足すと、和音は急にアンニュイさを帯びて、印象的な響きが加わる。「その、ちょっとした不協和音みたいなものに、人は魅力や奥行きを感じるんです」。たしかに『珈房』のコーヒーにはそれがある。味わいの中に心惹かれるアクセントがあるから、何回でも飲みたくなってしまうのだ。

お客様から託された《コーヒー・ベスト》

よく見ると「コーヒーの麻袋だ!」と気づく濱坂さんのベスト。なんと夏用・冬用が別々にあるらしい

ところで濱坂さん、いま着ていらっしゃるベストは、もしかして……?
「はい、コーヒー豆を入れる麻袋でできています。あるお客様が『絶対マスターに似合うから!』と、作ってくださったんですよ」。あまりにも自然な着こなしに、うっかりするとそれがコーヒー袋であることに気づかないかもしれない。それぐらい、よくお似合いなのだ。実は店内を見渡すと、このベスト以外にも、客の手作りだというアイテムがたくさんディスプレイされている。さらに《薫風》など季節ブレンドの名称を考えたり、それをメニューボードに筆書きしたりするのも、『珈房』の常連なのだという。「ここはもちろん僕の店なんですけど、お客様の店でもあると思っています。コーヒーを提供するのは僕。そして、それを受け取って楽しんでくださるお客様が、一緒にこの店を作ってくれているんです」。

新緑シーズンの季節ブレンドは《薫風》。書家の常連が手がけた作品だ

「自宅でもおいしいコーヒーを飲んでほしい」

濱坂さんは、『珈房』へやってくる人たちに対して、『自宅でもコーヒーをおいしく飲んでほしい』と願っている。だから、コーヒーのことでわからない点があれば、どんどん聞いてみてほしい。豆の選び方から淹れ方にいたるまで、「僕の知っていることが役に立つなら」と、惜しむことなく教えてくれる。「一応セオリーはありますけど、この淹れ方じゃなきゃダメ! というのは無いんです。自分のリズムに合った方法を見つけてもらって、家でも『おいしいね』って幸せになってもらえれば、こんな嬉しいことはないです」。と濱坂さん。なるほど、コーヒーはルールに縛られず、もっと自由に楽しめばいいんだ。ジャズのように!

(ライター/佐藤 なつ)

お店ではジャズライブが行われることも。コーヒーが苦手な人であっても、音楽を通じて『珈房』という空間を共有することができる

珈琲豆 専門店 珈房

住所:神奈川県茅ヶ崎市浜竹1-8-29
アクセス:辻堂駅[西口]から徒歩約15分
電話番号:0467-57-1151
営業時間:10:00~18:00
定休日:水・土(水曜の祭日は営業)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

この記事を書いたライター情報

海の近く

海の近く

2016年4月創刊、葉山から湯河原まで、相模湾沿いの暮らしを楽しむための月刊フリーマガジン。毎月ひとつのテーマのもと、どこよりもディープに海辺の《オイシイモノ》を紹介しています。

海の近く が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES