カワウソもキュート♪ 世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ

特集

水族館で涼しく遊ぼう!

2018/06/13

カワウソもキュート♪ 世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ

淡水魚水族館では世界最大級の規模。岐阜県の自然環境が学べ、世界の淡水魚も展示。カピバラのふれあい体験も楽しい。

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

ミステリアスな淡水魚からキュートな動物たちまで勢揃い!

アマゾン川やメコン川など、世界の大河を再現した2・1階では巨大魚たちがダイナミックに泳ぎ、木曽三川・長良川の自然を再現した4・3階では、生き物たちのイキイキとした様子を観察できます。

迫力満点の「ピラルクー」

世界最大の淡水魚のひとつ「ピラルクー」は、1億年の間、その姿を変えずにいると考えられている“生きた化石”。大きな口をあけてエサを飲み込む、フィーディングウォッチは必見!(毎日11:30 ~)

子どもの大きさほどもある「メコンオオナマズ」

謎が多く絶滅の危機に瀕している、世界最大のナマズといわれる「メコンオオナマズ」。国内では2ヵ所の水族館でしか見ることが出来ません。

カワウソのフィーディングウォッチ

上手に前足を使ってエサを食べる様子が愛らしい。「カワウソのフィーディングウォッチ」は一日3回行われています。(10:00~、13:00~、16:00~)

間近でコツメカワウソを観察できます
臨場感あるコツメカワウソ

4階では陸上でじゃれ合う愛らしい姿、3階では水の中を力強く泳ぐコツメカワウソの姿が見られます。

ショーの主役、アシカのマリン

芸歴10年を誇るカリフォルニアアシカ「マリン」による可愛らしいパフォーマンスも注目!

楽しいパフォーマンスいっぱいのアシカショー

ステージを下りて席の近くまで散歩にきたり、一緒に輪投げを楽しんだり、距離感が近いところも魅力です。

とぼけた顔で柵から乗り出す仕草は愛嬌たっぷり

アマゾン川流域にすむ、世界最大級のネズミであるカピバラ。毎日開催しているふれあい体験では、カピバラにエサをあげることができます。 エサ代(100円) 参加人数/先着30名

人気のカピバラは4兄弟

迫力満点の巨大淡水魚に圧倒され、かわいい水辺の動物たちにほっこり。梅雨シーズンも楽しめる話題のインドアスポットに出掛けてみませんか。

▼DATA▼
開館時間:平日 9:30~17:00(最終入館は16:00)、土日祝日 9:30~18:00(最終入館は17:00)
休館日:〈平成30年度〉6月11日(月)、7月9日(月)、12月10日(月)、1月15日(火)、2月12日(火)、3月11日(月)
車でのアクセス:東海北陸自動車道 川島PA・ハイウェイオアシスより徒歩すぐ
入館料:大人(1500円)、中高生(1100円)、小学生(750円)、幼児※3歳以上(370円)

Yahoo!ロコ世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
住所
岐阜県各務原市川島笠田町1453

地図を見る

アクセス
手力駅[出口]から徒歩約46分
高田橋駅[出口2]から徒歩約48分
新加納駅[出口]から徒歩約51分
電話
0586-89-8200
営業時間
平日 9:30~17:00、土日祝 9:30~18:00 ※最終入館は1時間前まで
定休日
12/10、1/15、2/12、3/11
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

NAGOYAMAG

NAGOYAMAG

20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開。NAGOYAMAGはより深く、よりリアルな情報をネット配信しています。

日本プリコム

日本プリコム

お客様の”これが欲しかった!”をお届けします。 お客様の”これが欲しかった!”をご提供するため、編集、デザイン、DTP、WEB、 ITツールを駆使して、ニーズに合ったモノづくりをしていきます。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

定番から通なスポットまで、より深く、よりタイムリーに情報配信。 20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開しています。

NAGOYA MAG が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES