宮崎で本場沖縄の味が堪能できる人気店「ちむぐくる」

2018/06/08

宮崎で本場沖縄の味が堪能できる人気店「ちむぐくる」

宮崎の沖縄ファンを虜にする沖縄料理の店を紹介します。

月刊情報タウンみやざき

月刊情報タウンみやざき

「めんそ~れ」、とろとろ“ソーキ”のヘルシーランチで人気の「ちむぐくる」

お任せランチ1000円

ことばも気候も町並みも・・・。
独自の文化がファンを虜にしてやまない「沖縄」。

宮崎市大塚町の「ちむぐくる」で、「沖縄ソーキ」を使ったランチが人気。
豚のナンコツを炊いて、寝かせて、味つけをして・・・と、仕込みに8時間以上かかるというソーキ。

お任せランチ1000円は、ごはん、日替りの汁物(この日はアーサー汁というあおさのスープ)、メインの「沖縄ソーキ」のほか、沖縄の麩を使った「フーチャンプルー」や、やわらかく食べやすい「ミミガーときゅうりのピーナツバター味噌和え」など、日替りの小鉢やおかずが約8品。

沖縄ソーキそば

ご飯と汁物は、「沖縄ソーキそば」に変更できる。

「沖縄ソーキそば」も、とろとろのソーキが主役かと思いきや、麺の存在感にも視線を奪われる。
プレーン、よもぎ、イカスミの3種の選べる麺は、沖縄から仕入れられ、味はもちろんのこと、それぞれの色合いも楽しめる。

沖縄ぜんざい
ハーブティー

量もたっぷりの満足ランチだか、〆のデザートでさらに沖縄気分を。

沖縄で、たっぷりの氷をかけて出てくる「沖縄ぜんざい」

現地では、かなりメジャーなスイーツで、あずきではなく金時豆と麦で作られ、しっかりとした豆と、つるっとした麦が新食感な一品。
甘さはほんのり・・・と控えめ。

ぜんざいは、自家焙煎のコーヒー、紅茶のほか、洋ナシやローズヒップなどの香り華やぐハーブティーとセットで300円。

人気の秘密は素材へのこだわり

沖縄好きの人にはもう言うことナシ!なお店だが、驚くべきは素材へのこだわり。

米は、無農薬・無化学肥料の綾町・早川農苑や、国富町のミルキークイーンなどを使用。
水は、活性酸素を除去するという水素水。
味噌、卵、調味料にいたるまで有機・無添加。

徹底して食の安全・安心を貫かれている。

小鉢もひとつひとつに、その想いが伝わってくるような深い出汁の風味を感じる、素材本来の味を活かした味わいで人気。

「ちむぐくる」というお店の名前の通り、≪真心≫感じる店
Yahoo!ロコちむぐくる
住所
宮崎県宮崎市大塚町竹下522-1

地図を見る

アクセス
宮崎駅[西口]から徒歩約45分
宮崎神宮駅[出口]から徒歩約51分
南宮崎駅[出口]から徒歩約55分
電話
080-8382-4686
営業時間
月,火,木~土 11:00~15:00
定休日
毎週水曜日、毎週日曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

月刊情報タウンみやざき

月刊情報タウンみやざき

毎月27日発売

最新号!6月号の特集は「魅惑のカレー」

この記事を書いたライター情報

月刊情報タウンみやざき

月刊情報タウンみやざき

「月刊情報タウンみやざき」は毎月27日発売。宮崎での生活をよりHappyに!暮らしに役立つホットで楽しい情報を発信!話題の新店舗やグルメ、レジャー、イベントなど、読者のみなさまのライフスタイルに寄り添う旬情報が満載です。Webサイトではデイリーインフォメーション毎日配信中!!

月刊情報タウンみやざき が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES