ホタル博士が教える東京のとっておき穴場スポット5選

特集

癒やしのホタル。

2018/06/09

ホタル博士が教える東京のとっておき穴場スポット5選

都心ではなかなか見られませんが、東京都内にも、ホタルが舞う場所はあるんです。そんな光景を見られる5つの穴場スポットを、ホタル博士に教えてもらいました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

東京とは思えない自然の中でホタルに会える場所

ホタルが舞う養沢川(ようざわがわ)の幻想的な夜 写真:古河義仁

東京は意外と広いもので、西に目を向けてみると、まだまだ自然あふれる場所が存在します。そしてなんと、自然発生するホタルを見られる場所も。そこで、ホタルや他の昆虫、自然環境の調査・写真撮影等で年間4万キロも日本国内を走り回る、ホタル博士こと古河義仁さんに教えてもらった、都内でホタルを見られる穴場スポットを紹介します。場所の目印にもなる周辺スポットと合わせて、ぜひチェックを!

教えてくれたのはこの方!

東京ゲンジボタル研究所の代表、日本ホタルの会理事を務める古河義仁さん。ホタルに関する著書も多数

都内の穴場ホタルスポット5選

1.横沢入里山保全地域/あきる野市
2.養沢川/あきる野市
3.海沢川/西多摩郡奥多摩町
4.平井川上流/西多摩郡日の出町
5.成木川/青梅市

夜のホタル観賞に向けて、昼から自然に溶け込みましょう。写真は「アメリカキャンプ村」の前を流れる海沢川(うなざわがわ)

1.横沢入里山保全地域/あきる野市

見頃:6月中旬~7月上旬頃

好アクセスで自然豊かな里山

里山の水辺を舞うホタル 写真:古河義仁

JR五日市線武蔵五日市駅と武蔵増戸駅の間、それぞれの駅から徒歩20分ほどの場所に広がる「横沢入(よこさわいり)里山保全地域」。ボランティアの方々の手によって自然豊かな里山の景観が維持されており、ホタルをはじめ多様な動植物が生息しています。

里山の面積は約48.6万平方メートル。散策しやすい歩道も整備されています

実際里山へ入ってみると、ウグイスなど鳥たちの鳴き声が響き渡り、足元に目を向ければ小さな虫たちが飛び跳ね、自然と共存するワクワク感を全身で感じることができます。そして時期が訪れると、この豊かな自然の中にホタルも光り輝く姿を見せてくれます。

コナラ林やスギ・ヒノキ植林地、水田や畑などが里山を形成しています
古河義仁さん
古河義仁さん
「東京都の土地になっていますが、ここは本当にいい里山で、ゲンジボタルとヘイケボタル、ほかの陸生ホタルもたくさん見られます。すごくいい雰囲気なので、ピクニックもできるし、レジャーシートを広げておにぎりを食べてもいいし、昼間から行って里山を楽しんで、夜になってホタルを見てほしい場所ですね
入口には、お手洗いやイスなどが設置された小さな建物が立っています

ホタルDATA
種類:ゲンジボタル、ヘイケボタル
見頃:6月中旬~7月上旬頃

\穴場スポットを地図でチェック!/

Yahoo!ロコ横沢入
住所
東京都あきる野市横沢

地図を見る

アクセス
武蔵増戸駅[出口]から徒歩約14分
武蔵五日市駅[出口]から徒歩約21分
武蔵引田駅[出口]から徒歩約33分
電話
042-558-1111
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

周辺の立ち寄りスポット
「東京裏山ベース」

「東京裏山ベース」内にあるCafe Sketchの人気メニュー「薬膳チキンカレー」単品850円、ドリンクセット1100円

武蔵五日市駅の目の前という好立地にある、地域観光とアウトドアアクティビティの拠点(ベース)となる複合施設。五日市~檜原村エリア、秋川渓谷を中心とした地域情報コーナーや、地元ならではのメニューを提供するカフェ&ラウンジ、シャワー(600円)、1日荷物預かり(400円)などを、誰でも気軽に利用できます。

檜原村の特産品であるひのはら紅茶を使用した「ひのはら紅茶のシフォンケーキ」単品400円、ドリンクセット650円

武蔵五日市駅に着いたら、まずはここに立ち寄って、情報収集や腹ごしらえをしてはいかがでしょう。

レンタサイクルは2時間未満1000円、2時間以上(1日)2000円。台数が限られているので事前予約がオススメ
Yahoo!ロコ東京裏山ベース
住所
東京都あきる野市舘谷219-7

地図を見る

アクセス
武蔵五日市駅[出口]から徒歩約1分
武蔵増戸駅[出口]から徒歩約34分
武蔵引田駅[出口]から徒歩約52分
営業時間
[平日] 11:00〜19:00 [土日祝日] 7:30〜19:00
定休日
水曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

2.養沢川/あきる野市

見頃:6月下旬頃

遊歩道をてくてく歩いてホタルを愛でる

養沢川で写した幻想的な一枚 写真:古河義仁

檜原街道の十里木(じゅうりぎ)という三叉路の周辺で秋川と合流し、街道に沿って流れる養沢川(ようざわがわ)

古河義仁さん
古河義仁さん
「養沢川は上流まで何キロもホタルが飛んでいますが、徳雲院というお寺に沿った遊歩道が見所です」
徳雲院の静かな境内の横に、養沢川に沿って石造りの遊歩道が続き、ホタルを見ることができます
古河義仁さん
古河義仁さん
「ここはホタルの数が多くて、渓流もきれいですし、近くに駐車場もあるので車で行きやすく、安心して見られる場所ですね。近くにはバーベキュー場があるし、瀬音の湯という温泉もあるし、お蕎麦屋さんもあるのがいいですよね」
ホタル観賞はもちろん、川と木々に囲まれた小道は、涼さんぽにももってこい

ホタルDATA
種類:ゲンジボタル
見頃:6月下旬頃

\穴場スポットを地図でチェック!/

 

周辺の立ち寄りスポット
「十里木ランド」

夏、川、と来たら、やはりバーベキューでしょう!

十里木の三叉路からほど近くにある「十里木ランド」は、秋川渓谷の自然に包まれながら、バーベキューやマスのつかみ取り、釣り、川遊びなどを楽しめる人気スポットです(入園料500円)。

焼きそばもできます

バーベキューは2日前までに予約をすれば、食材(国産牛肉、鶏肉、豚バラ肉、野菜、焼きそば)と用具(鉄板、炉、薪、皿、箸など)をレンタルできるので、手ぶらで楽しめるのがうれしいところ(1人2200円、2人前~)。

マスのつかみ取りは5尾まで1800円、追加は1尾400円。釣り堀でのマス釣りは5尾まで1800円

一週間前までに振込が必要ですが、屋根付きバーベキュー場(1区画5000円、15名まで)と、テント(1張8000円、20名まで/半分仕切り4000円、7名まで)も予約ができますよ。

Yahoo!ロコ十里木ランド
住所
東京都あきる野市戸倉1376

地図を見る

アクセス
武蔵五日市駅[出口]から徒歩約49分
電話
042-596-0537
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

3.海沢川/西多摩郡奥多摩町

見頃:6月下旬~7月上旬頃

トンネルを抜けた先に出会えるホタルの舞

谷を高いところまで上がって行くホタル 写真:古河義仁

多摩川の支流の1つである海沢川(うなざわがわ)。今回紹介するホタルスポットは、立ち寄りスポットとして後述する「アメリカキャンプ村」を目標にして向かいましょう。

古河義仁さん
古河義仁さん
「アメリカキャンプ村の専用駐車場の近くに、絶対に車がすれ違えない“おばけトンネル”があるんですよ。その名前は私が勝手に言っているだけですが(笑)。そのトンネルを抜けた先にホタルがいっぱいいます
“海沢隧道”と書かれたトンネル。正直、昼間でもちょっと怖かった…!
古河義仁さん
古河義仁さん
「ここは運が良ければ山の上からヒメボタルも飛んでくるかもしれません。同期明滅もするし、谷いっぱいに高いところまで飛んでいきますし、光も強くて見応え十分のホタル観賞ができます」
トンネルを抜けた先に見えるホタルの光 写真:古河義仁
昼間はこんな感じ。コケに覆われた橋も趣があります
さらに奥へ進むと小さな滝もあります

ホタルDATA
種類:ゲンジボタル、運が良ければヒメボタル
見頃:6月下旬~7月上旬頃

\穴場スポットを地図でチェック!/

Yahoo!ロコ海沢川
住所
東京都西多摩郡奥多摩町

地図を見る

アクセス
白丸(東京都)駅[出口]から徒歩約31分
奥多摩駅[出口]から徒歩約36分
鳩ノ巣駅[出口]から徒歩約46分
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

周辺の立ち寄りスポット
「アメリカキャンプ村」

アスレチックも充実していて、これを目当てに来る人も多いそうです
古河義仁さん
古河義仁さん
ここでバーベキューをして、夜にホタルを見に行くのがいいですね。泊まった人は、行灯みたいなものを持って、テクテク歩いてホタルを見に行っていますよ」

古河さんがそう話してくれたのが、都心の近くで本格的なキャンプが楽しめる場所として人気の「アメリカキャンプ村」

川沿いに立つバーベキューハウス1卓4名掛け4000円(材料持ち込みの場合。食材セット注文の場合は無料)

宿泊だけでなく、日帰りでバーベキューなどを楽しめるデイキャンプも利用できます(入場料1200円ほか)。豚肉セット(1人前2000円、2人前~)、牛肉セット(1人前2700円、2人前~)など食材セットの注文もできるので、手ぶらで行ってもOK

敷地内で川遊びも楽しめます

そしてスタッフさん曰く、6月下旬から七夕頃まで、キャンプ場でもホタルが見られることがあるとか。せっかく行くなら、キャンプ場に宿泊して、ゆったりとホタル観賞を楽しんじゃいましょう!

ログハウス(写真)のほか、ツリーハウスやペンションキャビンなど、宿泊施設は充実のラインナップ
Yahoo!ロコアメリカキャンプ村
住所
東京都西多摩郡奥多摩町海澤230

地図を見る

アクセス
白丸(東京都)駅[出口]から徒歩約31分
奥多摩駅[出口]から徒歩約36分
鳩ノ巣駅[出口]から徒歩約46分
電話
0428-83-2724
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

4.平井川上流/西多摩郡日の出町

見頃:6月中旬頃

川沿いをホタル観賞ドライブ!

道路脇の水辺に淡い光が舞います 写真:古河義仁

日の出町の中央を東西に流れ、上流から下流まで地域の人々に親しまれている平井川。「つるつる温泉」や「さかな園」といった人気スポットが点在する上流部は特に、夏はホタルを楽しめる場所として知られています。

上流部は、平井川に沿って車を走らせることができます
古河義仁さん
古河義仁さん
「『つるつる温泉』へ向かうまでの間は全部、川沿い一帯にホタルが飛んでいますね。ここは駐車場がないのですが、車の中から飛んでいるのが見えるんです」

ホタルDATA
種類:ゲンジボタル
見頃:6月中旬頃

\穴場スポットを地図でチェック!/

 

周辺の立ち寄りスポット
「みやび工房 大多摩うまいもの館」

東京・多摩産の桜チップでスモークした「くんせいチーズ」(ブロック)1個648円

古河さんが「くんせいチーズが絶品です!」とオススメするのが、多摩地区の名産品を取りそろえるお店「みやび工房 大多摩うまいもの館」。平井川上流からは車を15分ほど走らせた場所になりますが、わざわざ立ち寄る価値ありです。

天然素材を多く活用した明るい店構え

天然桜チップを100%使用した自慢の燻製商品の中でも、イチオシはやはり香ばしさあふれる「くんせいチーズ」。そのままでももちろん、溶けない程度に数秒温めると、トロ~リとろけてより絶品です。開封前は常温保存可能なので、旅のお供や、おみやげにピッタリ!

実際に購入した品々。「カットくんせいチーズ」(プレーン、ブラックペッパー、ガーリック)、「くんせい カシューナッツ」各360円、3個で1000円
Yahoo!ロコみやび工房 大多摩うまいもの館
住所
東京都西多摩郡日の出町大久野6700

地図を見る

アクセス
武蔵五日市駅[出口]から徒歩約42分
武蔵増戸駅[出口]から徒歩約47分
武蔵引田駅[出口]から徒歩約56分
電話
042-597-7411
営業時間
火~日 10:00~17:00
定休日
毎週月曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

5.成木川/青梅市

見頃:6月中旬~7月頭

温泉郷を抜けて車からホタル観賞

東京都と埼玉県の境に架かる両郡橋から見る成木川

東京都青梅市と埼玉県飯能市を流れる成木川。埼玉県へと入る手前に、東京唯一の温泉郷といわれる岩蔵温泉があり、旅館が数件並んでいます。

古河義仁さん
古河義仁さん
「成木川も全域にホタルがいます。数は多くないのですが、車で走っていても飛んでいるのが見えます。温泉があるところより、ダムがある上流へ行った方がホタルは多いですけど、そこまで行くともう東京都じゃないかもしれませんね。ここは実際に現地に行って、自分だけのポイントを見つけてみてはいかがでしょう」
大所橋から撮影した黒沢川

ちなみに、成木川だと思って撮影していたら、「黒沢川」という看板を目にして愕然としたのが上の写真。でも、「何を撮影してるの?」と声をかけてくれた地元のおじさまが、「もうすぐホタルが見えるんだよ」と言っていたので、黒沢川にも足を運んでみてください。

ホタルDATA
種類:ゲンジボタル
見頃:6月中旬~7月頭

\穴場スポットを地図でチェック!/

 

周辺の立ち寄りスポット
「岩蔵温泉 儘多屋」

岩蔵温泉の泉質は、なめらかな肌触りで美容にいいとされる単純泉

岩蔵温泉にある、明治16(1883)年創業のレトロな温泉旅館「岩蔵温泉 儘多屋(ままだや)」。宿泊をしなくても、土日祝日の11:30頃~17:00(受付は16:00まで。利用時間は約60分)のみ、日帰り入浴を楽しむことができます(1000円、食事コースや宿泊客が優先のため事前に要確認)。

個室日帰りコースの客室イメージ

また、もう少しゆったりと楽しみたいのであれば、時間内(11:00~15:00)は自由に入浴ができて、個室で食事も楽しめる土日祝日限定プラン「個室日帰りコース(昼食)」5940円もオススメ。

ワイン食堂ブールバールのドリンクイメージ

さらには、青梅市・河辺にある「ワイン食堂ブールバール」とコラボした企画「ワイン×蛍×温泉ツアー」1人1万1000円(一泊夕食朝食付き、1室2名~)を6月29日(金)に今年初めて開催します。ワイン食堂ブールバールで食事とワインを楽しんだのち、ホタルの名所に案内してもらったあと、岩蔵温泉 儘多屋で宿泊、というまさに至れり尽くせりの内容です!

ワイン食堂ブールバールで提供されるおまかせセットのイメージ
Yahoo!ロコ岩蔵温泉 儘多屋
住所
東京都青梅市小曾木5-3140

地図を見る

アクセス
飯能駅[南口]から徒歩約53分
電話
0428-74-4221
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

紹介したスポットは、“穴場”というだけに、観賞スポットとして整備されていない場所ばかり。周りの迷惑にならないよう、自分が危険にならないよう、ホタルが自由に生きられるよう、もろもろ意識した上で楽しみましょう。また、無理に撮影しようとするより、自分の目で楽しむのがオススメです。

取材メモ/ホタルがまだ見られない時期での撮影行脚でしたが、久々に自然の中に身を置いて、リフレッシュできました。特に海沢隧道のトンネルを抜けた先に見た緑一面の景色は、なかなかグッときたなぁ。

取材・文・撮影=小林未亜(エンターバンク)

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES