スイーツ芸人が太鼓判!チェーン店で食べるべき夏スイーツ3選

スイーツ芸人が太鼓判!チェーン店で食べるべき夏スイーツ3選

2018/06/29

暑い季節は夏バテがつきもの。あなたのやる気スイッチをオンにする、この夏オススメのとっておきのスイーツをご紹介します。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

暑い季節はひんやりスイーツを食べに行こう

ムシムシした季節が終われば夏がやってきます。暑い暑い夏は、よく冷えたスイーツが食べたくなりますよね。今年の夏はどんなスイーツが出るの? ねえねえ教えて、スイーツに詳しい人。ということで、スイーツ大好き芸人としておなじみ、スイーツなかのさん、夏限定のとっておきスイーツを教えてください。よろスイーツ(よろしく)!

こんにちはスイーツなかのです
スイーツなかの

スイーツなかの

スイーツ芸人

ご紹介するメニューはこちらの3点

1.ロイヤルホスト「メロングラニータのトールパフェ」
2.ミスタードーナツ「コットンスノーキャンディ」
3.コメダ珈琲店「シロノワール爽夏(さやか)」


メロンを満喫!
1.ロイヤルホスト「メロングラニータ」

ファミレス界では高級店に分類されるロイヤルホスト

ちょっと高級な気分を味わえるファミレスといえば、ロイヤルホストをおいて他にないでしょう。全国チェーンでありながらも、ルーツである洋食屋の誇りを胸に、独自の路線をひた走るオンリーワンのファミレス。そんなロイホは今夏「メロン」を強く推しています。

スイーツ開発担当の上田さん。バイクが趣味などアクティブな一面も

オススメはメロングラニータを使ったパフェ。グラニータとは味がついたシロップを凍らせて砕いたもので、シャリシャリとふわふわの中間といった食感が特徴です。過去にもロイホで提供され好評を得てきたグラニータですが、今年はメロンをたっぷり使ったパフェになって帰ってきました。

「メロングラニータのトールパフェ」(880円・税抜)
スイーツなかの
スイーツなかの
「ここ数年はかき氷がブーム。どこのお店でも人気ですが、以前ロイホで出していたさくらんぼのグラニータを使ったパフェがおいしかったので、今回も期待できますよ!」

メロンは人気のフルーツですが、丸々一個を食べきれるか不安になって、買うのを躊躇してしまった経験はありませんか。近所にあるファミレスでメロンを心ゆくまで食べられるなんて嬉しいじゃありませんか。それでは早速いただきましょう。

メロングラニータの上にメロンがどっさり
スイーツなかの
スイーツなかの
「グラニータがシャリシャリしておいしいですね。クリームとアイス、メロン味のグラニータを合わせると、メロンクリームソーダのようなレトロな味わいになりますよ!」
メロンの果肉は甘みが強く、とてもみずみずしい

メロンを噛み締めると口いっぱいに果汁が溢れます。それはまるで天然のシロップのよう。メロンを食べたら、グラニータ、ホイップ、ゼリー、とだんだんさっぱりとした味わいになっていくのがわかります。

スイーツなかの
スイーツなかの
「パフェって外から層が見える数少ないスイーツ。作り手のこだわりや意図を、目からも楽しんでください」
底のゼリーに浮かぶメロン。これは最後まで果肉を楽しんでくださいというメッセージです

※価格は一部店舗で異なります。

スイーツなかの
スイーツなかの
「まさにメロンを食べるためのスイーツです。主人公はメロン。主役が誰なのかわかるのがいいパフェ。メロン食べたという満足度が残る、とっても贅沢なパフェです」

雪のような口どけ
2.ミスタードーナツ「コットンスノーキャンディ」

若者から年配の方まで広く愛されるミスタードーナツ

ドーナツ以外の商品にも注力していることで有名なミスドですが、コットンスノーキャンディは他社の追随を許さない人気商品です。夏限定スイーツとして、広く浸透した感もあるコットンスノーキャンディ。最大の特徴はその口当たりにあります。使われる氷は、特別な機械で薄くスライスされるため、口に入れた瞬間、「綿雪」のようにふわっと溶けてなくなるのです。

いつも元気な広報の廣岡さんは、コットンスノーキャンディが大好物

今回ご紹介する「コットンスノーキャンディ ティラミス味」は、チーズ風味の氷を削り、スポンジケーキとエスプレッソコーヒーソース、ホイップクリーム、ココアパウダーを合わせた一品。氷以外は本物のティラミスケーキと大差ありませんね。

コットンスノーキャンディ ティラミス(669円・税込・8月下旬までの販売予定)
スイーツなかの
スイーツなかの
「綿雪氷はここ数年ブームです。でも個人店はあっても、チェーン店では同じ味を出すのもオペレーションも大変。かなり力を入れてることがわかります」

5年前からミスドの夏の定番スイーツとなっているコットンスノーキャンディですが、今回の商品は薄く削られたチーズ味の氷が「ティラミス」味を驚くほど正確に再現しています。

「これはもはやお店のティラミスです!」
スイーツなかの
スイーツなかの
「チーズ氷がふわふわと柔らかいので、口の中に入れた瞬間、スーッと溶けます。そしてチーズのコクが口の中に残る。コーヒーと合わせると、本物のティラミスを食べているような感じがしますよ」
上にかかったココアパウダーが味を引き締めます

口に入れた瞬間に感じるのは、ココアのほろ苦さ。次にチーズの風味。ティラミスの名にふさわしい「重厚なチーズ感」を楽しんでください。

下のエスプレッソコーヒーソースは、最後に混ぜながらどうぞ
スイーツなかの
スイーツなかの
「クリームの存在は控えめで、チーズ氷に主役を譲っているのが好印象。だから味に飽きがこない。一見、量が多そうですけど、氷なのでスイスイいけちゃいますよ」

シンプルだけど、飽きがこない!
3.コメダ珈琲店「シロノワール爽夏(さやか)」

くつろぎの時間を売りに約800店舗を展開するコメダ珈琲店

シロノワールと言えば、1977年以来続く看板メニューです。ふんわりとしたデニッシュの上にたっぷりのソフトクリーム。熱い・冷たいが同時に味わえる個性的なスイーツは、多くのファンを獲得してきました。

広報の沖田さん。休日はコメダのモーニングが定番だとか

コメダの代名詞ともいえる「シロノワール」。今夏投入されたのは、マンゴーソースの爽やかさを前面に押し出した商品でした。

「シロノワール爽夏」(800円・税別・7月中旬までの提供予定)
スイーツなかの
スイーツなかの
「コメダのデザートの中でも不動の看板メニューです。それゆえ、常連さんに気分を変えてもらおうという気持ちが伝わってきますね。あまりコテコテせず、味の構成もシンプルです」

デニッシュ生地の間にヨーグルト風味のクリームをはさみ、その上にソフトクリームを乗せて、最後にマンゴーソース。ヨーグルトとマンゴーの酸味が、デニッシュ生地とソフトクリームと混ざり、飽きることのないハーモニーを奏でます。

自慢のデニッシュ生地はもちろん自家製。フカフカの生地は大きな満足感を与えてくれます

どの世代にも受け入れられる「シンプルさ」を何よりも大事にしているコメダ珈琲店。喫茶店という本分を決して忘れることなく、コーヒーとの相性を第一に考えられています。もちろんそれはシロノワール爽夏も同じ。シンプルだけど、飽きがこないので何度でも頼みたくなってしまうことでしょう。

見てくださいこのボリューム。ミニサイズ(550円・税別)も用意されています

※価格は一部店舗で異なります。

スイーツなかの
スイーツなかの
「素材同士の相性がいいですね。温かいデニッシュ、冷たいアイス。そのコントラストが楽しい。デニッシュ生地は安定のおいしさ。ヨーグルトが入ることで、爽やかさとフレッシュ感が増した気がします」

この夏しか食べられないとっておきのスイーツ。暑い夏のクールな思い出はひんやりスイーツと一緒にどうぞ。

取材・文/キンマサタカ(パンダ舎)
撮影/木村雅章

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載