外国のアトリエを訪れた気分になれる!三重の隠れ家カフェ

2018/07/09

外国のアトリエを訪れた気分になれる!三重の隠れ家カフェ

三重の田園風景の中に佇む隠れ家カフェ。喧騒から離れた非日常的な空間で心のエネルギーチャージを。

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

緑に囲まれた隠れ家カフェ

真っ白な建物の周りには目に鮮やかなグリーンが

三重の松坂市と伊勢市の間に位置する多気郡明和町の田園風景の中に佇む「cafe-shiroiro(カフェ シロイロ)」。その名の通り真っ白な建物。

グリーンが施されたエントランスを進み扉を開けると、喧騒から離れた外国のアトリエのような空間が迎えてくれます。

店内には、もともとインテリア関係の仕事をしていたという店主が集めた、フィンランド生まれの建築家AlvarAaltoが手がけた「アルテック」のファニチャーを絶妙なバランスで配置。

真っ白の壁にむき出しの柱、高い天井と照明のバランスなど、ディテールにまで店主のこだわりが行き届いた空間

そんな非日常的空間で自家製パンとともに提供されるランチセットや、しっとりと焼き上げられたスイーツ、香り高きコーヒーなどがいただけます。

「ガトー生ショコラ」390円、ブレンド珈琲420円

コーヒーの豆は、北海道の『斎藤珈琲』のものを使用。店主がカフェを始める前から惚れこんで、「お店ではこの珈琲豆を!」と決めていたそう。芳醇な香りと深いコクが感じられる一杯。なめらか食感の「ガトー生ショコラ」とともに味わって。

「フローズンストロベリー」590円

イチゴを丸ごと14個使用した「フローズンストロベリー」。まるでパフェのような華やかな装いに心躍ります。

「献上加賀棒茶」420円、「カステラ」320円

飲みものやスイーツを盛り付ける器には、陶芸家内田鋼一さんの作品を中心に使用するなど、至るところに店主のセンスとこだわりが散りばめられています。

内田鋼一さんのやきものの潔いかたちと独特な風合いが、『shiroiro』の空間にしっくりと馴染みつつ、高めあっています。「献上加賀棒茶」は、しっとり焼き上げられた甘めの「カステラ」とともに味わって。

喧騒から離れた非日常的な空間で、リラックスした時間を過ごしてみては。

Yahoo!ロコカフェ シロイロ
住所
三重県多気郡明和町養川210-1

地図を見る

アクセス
斎宮駅[出口]から徒歩約61分
電話
0596-55-2928
営業時間
月~水,土,日 11:00~18:00
定休日
毎週木曜日、毎週金曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

NAGOYAMAG

NAGOYAMAG

20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開。NAGOYAMAGはより深く、よりリアルな情報をネット配信しています。

日本プリコム

日本プリコム

お客様の”これが欲しかった!”をお届けします。 お客様の”これが欲しかった!”をご提供するため、編集、デザイン、DTP、WEB、ITツールを駆使して、ニーズに合ったモノづくりをしていきます。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

定番から通なスポットまで、より深く、よりタイムリーに情報配信。 20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開しています。

NAGOYA MAG が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES