【動画】ぶらり御朱印さんぽ。カラフル御朱印の先駆け烏森神社へ

2018/07/07

【動画】ぶらり御朱印さんぽ。カラフル御朱印の先駆け烏森神社へ

Yahoo!ライフマガジンレポーターが都内の神社やお寺を巡って御朱印を集める御朱印の旅。第2回目はサラリーマンの街、新橋にある「烏森神社」(からすもりじんじゃ)に行って来ました。はたして御朱印に記されたカラフルな押印にはどんな意味が込められているのでしょうか!?

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

↑まずは動画をCheck!↑

4色の巴紋が福を呼ぶ!? サラリーマンの聖地で心願成就!

烏森神社はSL広場のある新橋駅日比谷口から徒歩2分の場所に

「烏森神社」は新橋の飲み屋街の中にひっそりと鎮座。小さな神社だが、ここで授与しているカラフルな御朱印が“御朱印女子”たちの間で人気になっているという。なんでも烏森神社は最近増えているカラフルな御朱印の先駆け的存在なんだとか。そんな事前情報を踏まえて、さっそくYahoo!ライフマガジンレポーターが潜入取材を決行!

レポートを担当するYahoo!ライフマガジンレポーターのmoko(写真左)&さとみん(写真右)

今回のレポーターは御朱印さんぽ第1回「東京大神宮」編にも登場したさとみんと、御朱印巡りは初めてというmokoの2人。烏森神社の鳥居の前で心境を聞いてみると……!?

moko
moko
「初めての御朱印巡りにワクワクしています! それにしてもこんなオフィス街に神社があるんだね~」
さとみん
さとみん
「じゃーん! これは前回東京大神宮で手に入れた御朱印帳です!」
御朱印さんぽ、記念すべき第1回でゲットした御朱印帳。蝶のデザインがキュート!
moko
moko
「わ~初めて見る! 今日はどんな御朱印がもらえるか楽しみ!!」
さとみん
さとみん
「まずは神様にお参りをして、御朱印をゲットしに行ってみましょう‼」
御朱印は参拝をした証ということを前回学んだレポーターは、御朱印を受ける前にきちんとお参り。「御朱印巡りの旅が無事に楽しく進みますように……!」

神主さんに聞く!「烏森神社にはどんな御利益があるの?」

烏森神社の歴史は古く、創建は平安時代。烏森(からすもり)という名前は、その昔この辺り一帯に松林があったころ、カラスがたくさんの巣を作り“烏の森”と呼ばれていたことに由来する。そんな神社についてさらに詳しく聞くため、お参りを終えた2人は神主さんの元へ!

■こちらが、神主の梶香那さん!

若い女性の神主さんの登場にびっくり!
さとみん
さとみん
「烏森神社にはどんな御利益があるんですか?」
梶さん
梶さん
「当社には三柱の神様が祀られており、それぞれ商売繁盛、技芸上達、家内安全の御利益があるといわれています。また神社の創始から必勝祈願の神社としても知られているんですよ」
moko
moko
「へ~いろいろな御利益があるんですね」
梶さん
梶さん
「新橋という土地柄、商売繁盛や芸事をする方々が技芸上達を祈願するために多くの方がご来社されます。ではさっそく御朱印をお受けください」
さとみん
さとみん
「ありがとうございます!」

いよいよ御朱印をゲット! カラフルな御朱印に込められた意味は?

御朱印は本殿に向かって左側にある授与所で受けられる。この日は巫女さんが笑顔で迎えてくれた

烏森神社の御利益を知った2人は、御朱印が受けられる授与所へ。烏森神社では書き入れは月に数日で、その他の日は書き置きのものが受けられる

前回手に入れた御朱印帳を巫女さんに渡して、御朱印を受ける2人。「烏森神社の御朱印、いただきました!」

■烏森神社の御朱印がこちら!

四隅に赤・黄・青・緑の4色の巴紋、真ん中にカラスが押印されたインパクトのあるデザイン。初穂料500円
さとみん
さとみん
「わー鮮やかな色合いですね!」
梶さん
梶さん
「当社の社紋である巴紋とカラスをあしらっています。みなさんが健やかに御朱印巡りをしていただけるよう、御朱印と一緒に無病息災のお守りも授与しているんですよ
moko
moko
「へ~、すてき!! この4色にはどんな意味が込められているんですか?」
梶さん
梶さん
赤が恋愛や縁結び、黄が金運や商売繁盛、青が仕事や技芸上達、緑が健康や家庭の安全を表しています。また御朱印と併せて『心願色みくじ』を受けて願かけをしていただいた方には、御朱印に色祈願の証の”透かし印”を押印しています」
さとみん
さとみん
「そうなんですね。ぜひ私たちもやってみたいです!」

色で叶える「心願色みくじ」を引こう!

御朱印と同じく4色に分かれた心願色みくじは初穂料500円

というわけで、多くの御朱印女子が御朱印と一緒に受けるという「心願色みくじ」を2人も引いてみることに! 「心願色みくじ」は運試しをしたい事柄によって色を選んで占う、烏森神社独自のおみくじだ。

moko
moko
「4色のうちからどれか1つ選ぶんですね! 御朱印の巴紋と同じ色ですが、意味は同じですか?」
梶さん
梶さん
「はい。赤が恋愛、黄が金運、青が技芸上達、緑が健康や家庭の安全です。おみくじと一緒に『願い玉』と具体的なお願い事が書ける『願い札』も授与しているんですよ。どうぞ気になる色をお選びください」
moko
moko
「えっと、どれにしようかな~。私は恋愛運が気になるから赤にしよう!」
さとみん
さとみん
「じゃあ私は、技芸上達の青にします!」

■おみくじの結果は……「大吉」!!

六角柱の箱を振って出てきた棒に書いてある番号を巫女さんに伝えると、おみくじと交換してくれる

心願色みくじで見事「大吉」を引き当てて大喜びの2人は、続いておみくじと一緒にいただける「願い札」に願い事を書きいれることに! さて2人はどんな願いを込めるのでしょうか……??

境内には「願い札」に願い事を書くための書き処が設置
さとみん
さとみん
「私はまだまだレポーターとして半人前なので、レポートを上達させて人気が出ますように、と書きました!」
技芸上達のおみくじを選んださとみんは、青い願い札に青ペンで執筆。同色のペンで願い事を記すのがポイント!
moko
moko
「私は、一緒にいて楽しい人と出会えますように……。夜景デートがしたい!!」
mokoは恋愛運アップを祈願!

■「願い札」を結んで祈願!

境内にある結び処。願い札は同じ色の紐に結び付けよう!

願い事を書き込んだ「願い札」は、きれいに折り畳んで結び処へ。結んだ願い札はその日のうちに神職によってご神前へ上げられ祈願される。願いを込めながら結べば、きっと成就するはず‼

「願いが叶いますように!」(さとみん)

人気沸騰!? “こい吉くん”のキュートなお守り

仕事運や金運、厄除け、開運、癌封じなど、烏森神社にはお守りがたくさん!

続いて2人が注目したのが豊富なお守り。さまざまな御利益のある烏森神社(からすもりじんじゃ)には、多彩な種類のお守りがある。中でも2人の目を引いたのが……??

■オリジナルキャラクターの“こい吉くん”お守り!

左は開運御守800円、右はストラップタイプの心願成就御守800円
さとみん
さとみん
「こい吉くん、かわいいですね‼ 神社にオリジナルキャラクターがいるなんてびっくり! 名前の由来はなんですか?」
梶さん
梶さん
「吉よ来い! 恋も来い! でこい吉です。ほかにも新橋で毎年7月下旬に行われる『新橋こいち祭り』からきているともいわれています。こい吉の誕生日は烏森神社とおなじ天慶3年で、現在は1078歳なんですよ!」
moko
moko
「1078歳‼ “ゆるキャラ”の中でも最高齢なんじゃないでしょうか!? 本物のこい吉くんに会うこともできるんですか?」
さとみん
さとみん
「あ、“ゆるキャラ”にしちゃった(笑)」
梶さん
梶さん
「(笑)はい。お祭りの時などに会うことができますよ! 一緒に写真を撮ると幸せが訪れるといわれています。もしかしたら恋人も連れてきてくれるかもしれません…」
moko
moko
「えー!! 恋人も!? それはぜひ会ってみたいです!!」

今年の『新橋こいち祭り』は7/26(木)、27(金)の2日間! 開催中に新橋に足を運ぶと本物のこい吉くんに会えるかもしれない。そんなわけで烏森神社の御朱印巡りは終了。今回の感想は?

御朱印&無病息災のお守りを受けて大満足! 
さとみん
さとみん
「神社によっては色のついたカラフルな御朱印もあることにびっくり! 4色から選べるおみくじも楽しかったです」
moko
moko
「こんなオフィス街の真ん中に神社があることを初めて知りました。多分御朱印巡りをしなかったら気付かずに通り過ぎていたかも……。御朱印と一緒にお守りも集めたくなりました!」
烏森神社の書き置き朱印の受付時間は9:00~17:00(原則)。書き入れは月に数日で公式ホームページのツイッター欄でカレンダーを確認できる

烏森神社に“御朱印女子”がこぞって訪れる理由を身を持って実感した2人は次なる御朱印の旅へ!! 次回は四季折々の風物詩を添えた御朱印が話題の三軒茶屋にある「太子堂八幡神社」を訪れます。お楽しみに!!

Yahoo!ロコ烏森神社
住所
東京都港区新橋2丁目15-5

地図を見る

アクセス
新橋駅[JR日比谷口]から徒歩約2分
新橋駅[8]から徒歩約2分
新橋駅[ゆりかもめ1A]から徒歩約3分
電話
03-3591-7865
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/烏森神社には今回ご紹介した通常の御朱印以外にも、ひな祭り(一番人気!)やお祭り、お正月、茅の輪をあしらった夏越の祓など、期間限定の御朱印も。また「心願色みくじ」には大吉の上に、さらに「超大吉」があり、見事引き当てると超大吉御守と強運をみんなに分ける福分けセットがいただけるそう。訪れた際はぜひ運試しを!

構成・動画=城リユア(mogShore)/文=齋藤久美子/写真=齋藤ジン/レポート=さとみん、moko(ともにmogShore)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES