水害の床下の汚泥掃除を実際にやってみました。必要な道具など

特集

覚えておきたい防災ライフハック

2018/07/20

水害の床下の汚泥掃除を実際にやってみました。必要な道具など

西日本豪雨被害で床上浸水した住宅の、床下汚泥掃除に参加しました。実体験を通して気付いたいろいろを、皆様に共有できればと、この記事を執筆いたしました。シェアや拡散よろしくお願い致します。

おすすめおでかけ情報局

おすすめおでかけ情報局

このたびの水害で被害に合われた皆様にお悔み・お見舞い申し上げます。

汚水に浸かった洗濯機や冷蔵庫などは、廃棄せざるを得ませんでした

我が家も床上浸水しました

写真は、2階に避難して、朝起きて1階へと降りた時の写真です。
 
我が家では、最大で膝上くらいまでの床上浸水となりました。

水が引くと、こうなりました

言う事を聞かない我が子です。来るなというのに汚泥の中を着いてきました

水が引くと、小学生の足が埋まるほどのドロリとした汚泥が大量に残されました。

翌日から、この汚泥が腐敗し始め、ひどい悪臭を放つようになりました。

当初は道路も通れない状況でしたが、ボランティアさん達のおかげで今は道路が通行できるまでに回復しました。
本当に有難う御座いました。

床下の汚泥を取り除くことにしました

水が引いてから、約1週間後、家屋周りの汚泥を取り除いたり、屋内の被災ゴミを屋外に移動させたりする日々を経て、遂に床下に着手する時が来ました。

試しに、床板(座板)をいくつか外して、床下を除いてみました。

床下にも、やはり汚泥が・・・

想像していた事でしたが、やはり床下にも相当の汚泥が流れ込んでいるようです。

「床下の汚泥を取り除かないと、家が腐る」、これが本当かどうかは私には解かりませんが、床下から毎日昇ってくるムアッとした悪臭と湿気には耐えられません。

床下の汚泥を取り除く事にしました。

余談ですが、浸水時には畳を上げていたので、畳は助かりました

大工さんに電話してみました

まずは、知り合いの大工さんに電話で相談をしてみました。

結論として、我が家の場合は、
①根太(ネダ)と座板(ザイタ=床板)は再利用する。
②束(ツカ)と束石(ツカイシ)は新しいものに取り替える。
という方法を選ぶことになりました。
 
根太を再利用する場合、大工さんが言うには、素人が自分で根太(ネダ)を外すと、あとで再利用できなくなるので、外すのは大工に依頼して欲しいとのことです。
 
また、同様に、畳を外す場合は、畳に番号を書いて嵌める位置を覚えておかないと、あとで嵌まらなくなる。
そうなので、畳を外す場合は、事前にどの畳がどの位置にあったかを、記録しておきましょう!

下手な絵ですみません・・・

木造住宅の和室の床下構造を図にすると、このようになります。
 
フローリングなどの場合も、座板以下は同様です。

床板を全部、剥いでもらいました。

さすがプロ。8畳と6畳の2部屋を、わずか2時間足らずで綺麗に終了されました

という訳で、実際に大工さんに入って頂きまして、床板を全部、綺麗に外していただきました。

床下の汚泥を掻き出し易くするため、根太もいくつか外し、この後で交換するので、束石から浮いてしまって用を成さない束も外しました。

8畳の部屋。一面が汚泥でベットリ
粘度状の汚泥が層となっています

画像では伝わらないでしょうが、ものすごい悪臭と湿気が、汚泥から立ち昇ってきます!

既存の床下の土が洪水で流された為に、束石が沈んでしまって、束が浮いた状態です。このため我が家は今も傾いた状態です(泣)
6畳の部屋です

汚泥を土嚢(ドノウ)袋に詰める方法!

お待たせしました! それでは、床下の汚泥掃除のライフハックをご紹介します!

底を抜いたテーパー缶

あると便利なのが、底を抜いたテーパー缶です。
(テーパー缶が無ければ、底を抜いたバケツでも代用可です)

こうやって使います!
 ↓↓

土嚢袋とテーパー缶のサイズがちょうど良いのです

土嚢袋の口に、テーパー缶を突っ込むだけ!

缶なので、土を入れやすいです

缶にある程度、土などを入れたら・・・

缶が袋から抜けないように

ザッ!↑っと上に持ち上げて・・・

これをひたすら繰り返します

また缶を下に落とすと、土嚢袋の中に、どんどん汚泥が貯まっていきます。

扇風機やファンは汚泥を取った後の土を乾かしています

余談ですが、スコップはアルミ製の小型の物が使い易いです。

理由は、
①アルミ製だと、軽い。
②大きいスコップだと、缶や土嚢袋に土を入れる時に、こぼれやすい。土嚢袋の口よりも小さいスコップが便利です。
 
あとは、土嚢袋に一杯まで詰めると、運ぶ時に重くて大変なので、7分目くらいまで詰めたら、次の土嚢袋に替えると良いと思いました。

汚泥を掻き集める方法!(下が土の場合)

猪八戒が武器として使っているアレ!

あると無茶苦茶に作業が捗るのが「レーキ」です!

本来は農具で、ホームセンターなどで簡単に手に入ります。

ちなみに、ここは便所の床下にもぐっている時です

それでは使ってみましょう!

ビフォー!

めちゃくちゃ作業がはかどります!

アフター!

どうですか、簡単に土の上のヘドロ層を掻き集める事ができるのです!!

これは絶対にあった方が良いです!

汚泥を掻き集める方法!(下がコンクリートの場合)

我が家は古いので、床下は土(地面)なのですが、近年の家は、床下がコンクリ―トというお宅も少なくないはずです。

床下がコンクリートの場合は「レーキ」に代わって、こちらが活躍します!

土の上でも使えない事はないです

ドライワイパー(水切ワイパー)です!

コンクリートなど、地面が硬くて平らな場合は、汚泥はドライワイパーで掻き集めると良いでしょう。

こちらもホームセンターや通販サイトで簡単に入手可能です。

掻き集めた汚泥を、上記の「テーパー缶+土嚢袋」にスコップですくって詰めていくと、作業効率が良いです。

「レーキ」や「ドライワイパー」は、どこのホームセンターでも購入できると思いますが、1つの参考までに、筆者が購入したホームセンターも載せておきますね。

汚泥が詰まった土嚢袋だけを集めます

汚泥は、汚泥だけで集める必要があります。

行政や自治体などが「汚泥はここに集めてください」と一時集荷場所を指定されますので、そちらまで運びます。

この時に、土嚢袋パンパンになるまで汚泥を詰めていると、上げ下ろしで腰が大変な事になるので、自分が運びやすい重さに合わせて、1つの土嚢袋に入れる土の量を見積もりましょう。

服装は、もちろん、長袖長ズボンで!マスクやフードも!

汚い腕の写真を載せて、すみません

写真は、筆者の二の腕部分です。

全体的に赤くかぶれて、湿疹が多数出ているのがお解かりいただけるでしょうか。

やはり汚泥には相当のばい菌が含まれているのだと思うのですが、長袖を着て作業していても、このように炎症反応を起こしてしまいます。

(※筆者は、ぜんそく、ハウスダストなどのアレルギー持ちなので、余計に過敏に反応が出たのかもしれません。あくまで個人の体験談です)

首にはタオルを巻き、床下にもぐる時などはフード付きパーカーで頭を覆うなど、地肌に汚泥が付かないような工夫が必要だと感じました。

筆者は、今は抗生物質を飲んで、落ち着きましたが、被災当初は半袖半ズボンで作業していたため、汚水や汚泥が付いた肌が炎症を起こし、化膿してしまって、大変でした。

目に見えない小さな傷や毛穴から、ばい菌が入って炎症を起こすのでないかと推測しています。

作業される皆さんも、気を付けてくださいね!

シャワーと着替え、水分補給は頻繁に!

長袖・長ズボンで作業するので、暑いですし、汗をたくさんかきます。

熱中症予防に、スポーツドリンクやお茶、お水はたくさん飲みましょう!

筆者は、今は1日に2~3回はシャワーを浴びて、石鹸で体を洗ってばい菌を落とし、汚れた服から、綺麗な服に着替えるようにして、自分の健康を守っています。

ボランティアで、余所のお宅に作業に入った時も、汚水が目に入った時には、躊躇せずに、そのお宅の洗面所を貸して頂いて、すぐに目と顔を洗いました。

ボランティアの皆さんも、時には遠慮せずに、洗面所やお風呂場を借りて、汚れた体を洗ったりも必要かもしれませんね。

次回は、「逆性石鹸の噴霧の仕方」や「消石灰の撒き方」などご紹介できればと思っています

筆者の地域は既に水が引いていますが、日々のニュースを見聞きするに、まだ水の引かない地域もあるとの事で、心が痛みます。

私の体験談が1つの今後の参考になればと、本記事を執筆しました。

もしお役立ちとなるようでしたら、シェアなどで拡散いただければと思います。
頑張って、復興していきましょう!

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

筆者:食記ドットコム

筆者:食記ドットコム

広島県最大の飲食ニュースサイト

その他の西日本の最寄りの「西村ジョイ」さんの店舗はこちら
 ↓↓↓

この記事を書いたライター情報

おすすめおでかけ情報局

おすすめおでかけ情報局

全国のおすすめおでかけスポットをご紹介しております。当カテゴリは広島県をメインに情報紹介をしております。広島観光に役立つランチ、居酒屋、お好み焼き、ラーメンなどのグルメスポット、観光スポットやイベント情報も配信しております。

おすすめおでかけ情報局 が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES