小宮山雄飛おひとりディズニー「夏のTDSに“涼み”に行く」編

特集

東京ディズニーリゾートの夏イベントで暑さを吹き飛ばせ!

2018/08/01

小宮山雄飛おひとりディズニー「夏のTDSに“涼み”に行く」編

おひとりディズニーの達人・小宮山雄飛が、暑くても快適に遊べる10の方法を伝授。この夏のおひとりデビューの参考に。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

夏の東京ディズニーシーでおひとりディズニーを極める10の方法

みなさんこんにちは、毎度おなじみおひとりディズニー・小宮山雄飛です。
この夏の東京ディズニーシーは、夏限定のショー「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」や、新しく始まったショー「ハロー、ニューヨーク!」など、大盛り上がりで見所満載ですが、慌てず焦らずのおひとり様が夏の東京ディズニーシーに行く理由はちょっと違います。
夏のディズニーシーに行く目的、それは「涼み」に行くのです。
だって、もともとが涼しい秋~春には涼むことはできません。夏にしか涼めないんだから、やらなきゃもったいない!
ということでおひとり様におすすめする10の「涼み方」を徹底紹介!

1.日陰を探す

パークに入ったらまず日陰を探しましょう。
入り口で手に入るMAPにも<アトラクション><レストラン>などの紹介はあっても、残念ながら<日陰>の紹介はありません。
だからこそ、逆にパーク内の日陰探しをオリエンテーリングのように楽しんではいかがでしょう。

エントランス付近で早くも日陰を見つけて涼む。涼しそうに斜め上を見上げるのも忘れずに

2.身につけて涼めるグッズを探す

夏の東京ディズニーシーには暑さ対策グッズもさまざまありますので、とりあえず涼めるものを探しましょう。

さっそく涼しそうなグッズを見っけ!
UVカットフード付きタオル2900円。これで日差し対策もばっちり! 首のところに保冷剤(別売り)を入れられるポケットまで付いています!
試着してみたおひとり様。これで合っているんでしょうか?

3.さらなる日陰を探してみる

夏のおひとり様の楽しみはとにかく「日陰探し」ですから、さらなる大物を見つけましょう。

お、あそこに見事な日陰スポット!
サイズもぴったり、ナイスな日陰ゲットに喜ぶおひとり様

4.座る

おひとり様定番の行動といえば、パーク内でとにかく「座る」
無駄に汗をかかないように、しっかり座りましょう!
いつも座るベンチを決めておいて、キャストや常連のゲストから「いつもあそこに座ってる人」と覚えられるようになったら座りのプロです。

アメリカンウォーターフロントの高架下のベンチ。どこか寂しげでおひとり感の演出にもぴったり!

5.木陰で涼む

お店の軒先や電車の高架下もよいですが、木の下で涼むのはまた格別!
爽やかさを演出しましょう!

大きな木見っけ!
アトラクションでもショーでもなく、木陰で時間を使うおひとり様

6.牛歩

日陰探しのために慌てて急いでは本末転倒、この季節はすぐに汗をかいてしまいます。
移動はとにかくゆっくりが基本、そこでおすすめが「牛歩」
牛のようにゆっくり歩く、あれです。
真夏はそこまでしてクールを保つのがおひとりのプロ
それでは実際、どのくらいの牛歩が涼むのに最適か、連続写真で見てみましょう。

夏の移動はゆっくり牛歩!
1分後にここら辺。
5分後でここら辺。時速60m以下がベスト!

7.シェイブアイスで涼む

夏のお楽しみグルメの一つがシェイブアイス
牛歩とはいえ、歩き疲れたらシェイブアイスでひんやりするのもおすすめです。

シェイブアイス(トロピカルフルーツ)、スーベニアカップ付き720円。9月2日(日)までトロピック・アルズで販売中
牛歩疲れしたら、シェイブアイスで水分補給!

8.クールスポットで涼む

夏の東京ディズニーシーには、涼しい水のミストを噴出するクールスポットがパーク内に数カ所あります。
牛歩で探しに行って、火照った体を冷やしましょう。
ということで、正しいミストの浴び方をレクチャー!

ミストスポットを見つけたら前傾姿勢。よりじかにミストを浴びられます
目をつむって、ミストをしっかり感じましょう
<間違った例>お寺の常香炉(じょうこうろ)のように、頭や体の患部に当ててご利益まで願うのは図々しいでしょう

9.本格カレーでたまにはHOTに

涼んでばかりで、体を冷やしすぎてしまっては元も子もありません。
そこでカスバ・フードコートで新発売のカレーを食べて体を温めましょう。

コンビカリー、タンドーリチキン添え(中辛ビーフ&甘口シュリンプ)1280円※7月8日(日)~発売中、アイスウーロン茶Sサイズ290円
食べるのはあくまで日陰。本物のアラブの国に迷い込んだかのようです

10.最後はいつものお店ではっちゃけよう!

いつもどおり、慌てず焦らず夏もクールに東京ディズニーシーを楽しんだおひとり様ですが、最後はやっぱり夏らしくはっちゃけたいもの
そこで、心置きなく楽しめるなじみのお店(ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ)に行って、夏らしくビールではじけちゃいましょう!

最後はやっぱりいつもの店、いつもの席でビールをグビっと!
すると、いきなり全身はっちゃけモードに!  ※Tシャツ3900円、トートバッグ3600円、うちわ500円ほか。スリーピーホエール・ショップなどで販売中

ちょっといきなりすぎる気もしますが、そこは夏のせいにしちゃって、一気にハジけちゃいましょう!

牛歩で温存しておいたパワーを一気に放出!

どうでした? <涼みに行く>夏の東京ディズニーシー。
皆さんも、暑い夏こそ、クールに涼しく東京ディズニーシーを楽しんでみてください。
それではまた次回!

※紹介しているグッズやメニューは品切れや販売終了、価格・内容が変更になる場合があります。

Yahoo!ロコ東京ディズニーシー
住所
千葉県浦安市舞浜1-1

地図を見る

アクセス
ベイサイド・ステーション駅[出口]から徒歩約15分
東京ディズニーシー・ステーション駅[出口]から徒歩約26分
舞浜駅[出口]から徒歩約34分
電話
0570-00-8632
営業時間
9:00~22:00 ※季節・曜日により異なる ※運営時間が変更となる可能性があります。必ず東京ディズニーリゾートのオフィシャル・ホームページでご確認ください。
定休日
年中無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

撮影=最上梨沙 ⓒDisney

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES