鈴木砂羽が秘密にしたい、亀戸「餃子酒場 秘密基地」マル秘餃子

連載

鈴木砂羽の餃子道【vol.1〜20】

2016/05/27

鈴木砂羽が秘密にしたい、亀戸「餃子酒場 秘密基地」マル秘餃子

役者仲間や友人たちと「餃子部」を結成するほどの餃子フリークな、女優・鈴木砂羽。おいしい餃子を求めてさまざまな街を食べ歩く連載「鈴木砂羽の餃子道」第4回!

鈴木砂羽

鈴木砂羽

女優

仕事帰りにフラッと立ち寄る、餃子好きのための秘密基地

こんにちは、鈴木砂羽です。夏が近づいて、ますます餃子がおいしい季節になってきましたねぇ! ということで、今回も亀戸からお届けします。

亀戸には前回紹介した「亀戸餃子 本店」を筆頭に「藤井屋」など餃子好きを唸らせる名店がいくつかあるんですが、今回お伺いする「餃子酒場 秘密基地」は昨年オープンしたニューカマーながら、すでに亀戸で注目を集めるスポットになっているのだとか。ワタシも以前このあたりに取材に来た時に名前を聞いて、ずっと気になってたお店なんです!

場所は「亀戸餃子 本店」から歩いて1分もかからない近さ

ドット文字で描かれた看板にニヤリとしながらドアを開けて店内に入ると、テレビゲーム機世代の心をくすぐるゲームのグッズや、フィギュアがあちこちに飾ってあったりと、まさに男子の友達の部屋!といった趣。

「小さい頃って空き地に秘密基地を作って、学校帰りにそこに寄って遊んだりしたじゃないですか? そういう感じで、仕事帰りに寄り道して帰りたくなる秘密基地のようなお店にしたいなと思って作りました」(店主・マッサン)

いやぁ、仕事帰りにふらっと寄って、お酒飲んで餃子食べて帰れるなんて最高じゃないですか! もう待ちきれない! 早く餃子をいただくことにしましょう。

マル秘餃子 380円

「ドーーン!」

ってお皿に描いてありますが(笑)。まずは定番の焼き餃子である「マル秘餃子」をいただきます!

うーーん! パンパンに詰まった餡(あん)には味がしっかりついてて、甘みがギュッと凝縮されてる。一口かじると肉汁がすごい! 皮も肉厚のモチモチ系で、 結構ハードな噛みごたえ 。

おいしそうな餃子を前に、ニヤニヤがとまらない砂羽さん

「餡の中身は、豚肉・白菜・キャベツ・ニラですね。お肉は岩中豚を使ってるんですが、甘みがあって脂身もおいしい肉質なんです。なので餡にも甘みが感じられるかと思います。皮についても、僕自身モチモチの皮が好きなので、製麺所に頼んで特注で作ってもらってます。配合を変えたりと何度か試作してもらって、ようやくこの皮になりました」(マッサン)

少し肉厚でモチモチした食感の皮は、店主のこだわりで何度も試作が繰り返されたそう

餃子を焼く時には、結構多めにお湯を入れてゆであげてから焼き目をつけるそうで。だからこそ特徴深い皮のコシを楽しめるんですね。

ほとんどまるごとお湯につかってる状態!

プリプリ海老餃子」もその名前通り、見た目からしてプリプリ感が伝ってくるよう。包んである側からはエビがうっすら透けて見えるぐらい。

プリプリ海老餃子 580円

中に入ってる海老が本当にプリップリで、これもおいしい! ほぼ海老のみで作られた餡には、隠し味として豚の背脂を加えているそう。海老の風味をしっかりと閉じ込めながらしっかりとした豚ならではの旨味やコクも感じられる、宝物みたいな餃子ですね。

茹でるとガラリと食感が変わる「四川風水餃子」

四川風水餃子 480円

そして! こちらが「四川風水餃子」。焼き餃子と同じ皮を使っているのに、全然別物かと思うぐらいに表情が違うのが面白い。こちらはきしめんやすいとんにも似たトゥルンとした食感。まるでしっとりとした淑女のような感触ですね。麻辣がほどよく効いたタレもおいしいです。

餃子の他にも中華を中心としたおつまみが充実していて、まさに「餃子酒場」という呼び名がぴったり。今回は餃子しか食べられなかったですが(餃子部の鉄の掟なので!)、「伝説の手羽唐」や「黒豚の角煮」、「石焼麻婆丼」なんかもおいしそう!

「私がずっと中華をやっていたので今は中華系のメニューが多いんですが、そういうところにこだわらず、お酒にあう料理をいろいろ出していきたいなって思ってます」(マッサン)

「本当は餃子以外のメニューも食べたいんだけどなぁ…」と妄想を巡らす砂羽さん

それにしても、町を代表する名店の近くに同じ「餃子」で勝負するのって不安とかなかったですか?

「私は地元が両国なんですが、餃子を中心とした居酒屋をやりたいと思って物件を探してたら、たまたま亀戸になっちゃっただけなんですけどね。町としては餃子で有名だけど、亀戸餃子さんにしろ藤井屋さんにしろ、餃子の味はもちろん、店のスタイルも全然違うんですよね。だからみなさんも餃子を食べ歩きに来たら、いろいろ楽しめるんじゃないかと思います」(マッサン)

「餃子の町」として今後さらに注目を高めていきそうな亀戸。その鍵となるお店が「餃子酒場 秘密基地」であるのは間違いないでしょう。

最後はもちろん店主のマッサンとギョーポー(餃子ポーズ)でキメ!

構成=宮内健、撮影=熊谷直子、ヘアメイク=MINEKO

この記事を書いたライター情報

鈴木砂羽

鈴木砂羽

女優

1994年に主演映画「愛の新世界」で注目を集め、同年ブルーリボン新人賞、キネマ旬報新人賞など多数の映画賞を受賞。以降、映画・ドラマ・舞台など幅広く活躍。日本テレビ「幸せ!ボンビーガール」出演中。「YOU」 (集英社)にてエッセイ漫画「いよぉ!ボンちゃんZ」連載中。

鈴木砂羽 が最近書いた記事

SPECIAL