映画のロケに使われそうな瀬戸内海を望む海辺のカフェ

2018/08/10

映画のロケに使われそうな瀬戸内海を望む海辺のカフェ

香川県三豊市。瀬戸内海の多島美が目の前に広がる海辺に、まるで映画のロケセットのようなカフェ「CLASSICOセトウチ珈琲」があります。海辺にぴったりな曲を聴きながら、どうぞご覧ください。

ガーカガワ

ガーカガワ

瀬戸内海の多島美を眺める絶景カフェ

香川県三豊市と言えば、父母ヶ浜(ちちぶがはま)や紫雲出山(しうでやま)、粟島など注目のスポットが集まる香川県でも屈指のホットなエリア。

そんな三豊エリアの中にあるもうひとつの観光名所、フラワーパーク浦島の海辺に今年の4月にオープンしたのが、今回紹介する「CLASSICOセトウチ珈琲」です。

一見、重厚そうに見えるお店の入り口
控えめにしつらえたおしゃれな看板

店内に一歩入ると、フレンチカントリーのような内装がいきなり心を落ち着かせてくれます。

フレンチカントリー調の店内
少人数でゆっくりしたい雰囲気

海辺の立地らしく、そこかしこに海を感じさせる小物などがバランス良く配置され、潮風と波音が感じられるおしゃれな雰囲気ですよね。

お店のイメージを高める小物類

そして、実は店内に入ったら真っ先に目に飛び込んでくるのが、窓越しに見える瀬戸内海の絶景!
初めて訪れる人は、きっとこの光景に心を奪われる事でしょう。

眼前には瀬戸内海の絶景が!

太平洋や日本海のように水平線が拡がる海もいいですが、多くの島々がアクセントになっている多島美は瀬戸内海特有のもの。
特にこの辺りは島が連なっている場所のひとつですから、その美しさは特筆ものです。

こんな景色を独り占めできるなんて、ほんと贅沢ですよね。

夏らしい元気な海の景色

ロケーションだけじゃない!フォトジェニックなメニューの数々

オーダーはセルフ式。
あまりガッツリとしたものはありませんが、トーストサンドを中心とした軽食が楽しめます。

せっかくなのでお店のおすすめをお聞きしましたが、案の定どれもおすすめとの事。
個人的に明太子は心の友なので、ここはビジュアルも意識して明太子のトーストサンドをチョイス。そして、ドリンクは最近新たにメニューに加わったというカシスオレンジソーダをお願いしました。

出来上がりをカウンターまで取りに行くセルフスタイル
トーストサンド(明太子&たまご)450円

イメージとしては、たまごサラダに明太子をのせたような感じでしょうか。
サクサクなトーストとの相性もとっても良いです。
ランチとしては量は少なめですが、女性の方ならこれでも十分いけると思います。

この日はお客様もほとんどいなかったので、ドリンクを片手にテラス席にも行ってみました。

カシスオレンジソーダ 600円

誰もいない浜辺と、青い海と空。
ほど良い潮風も心地よく、すっきり柑橘系のソーダがベストチョイスのように思えてくるから不思議です。

潮風が心地良いテラス

「CLASSICOセトウチ珈琲」というだけあって、もちろん珈琲も絶品です。
画像は前回立ち寄った時に撮影したものですが、ランチタイムが終わってお客様もまばらになったタイミングで、まったりカフェタイムも良いと思います。

カフェラテ 450円

フレンチカントリー調を海辺アレンジしたおしゃれな空間と、瀬戸内海の多島美を見渡せるロケーション。
カフェの前には砂浜も拡がる、まるで映画のロケセットのような「CLASSICOセトウチ珈琲」さん。

わざわざ行くにはちょっぴり不便な場所ですが、三豊エリアのフォトジェニックなスポットを巡るドライブついでに、ぜひ立ち寄っていただきたいおすすめカフェです。

ガーカガワ

ガーカガワ

県外からも多くの観光客が訪れる三豊市のフォトスポットも掲載中。

Yahoo!ロコClassico セトウチ珈琲
住所
香川県三豊市詫間町積583

地図を見る

電話
0875-82-9045
定休日
毎週水曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

ガーカガワ

ガーカガワ

香川県の「ヒト」「モノ」「コト」を中心に、クスッ笑いを交えながら紹介する地域情報webマガジンです。

ガーカガワ が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES