新潟駅から徒歩15分!今代司酒造の無料酒蔵見学ツアーを体験

特集

酒蔵でうまい酒が飲みたい

2018/08/20

新潟駅から徒歩15分!今代司酒造の無料酒蔵見学ツアーを体験

新潟駅から徒歩約15分の今代司酒造。創業1767年という伝統をもつ、歴史のある蔵です。そんな今代司酒造は2018年3月に、それまで売店スペースだった蔵の一部を「日本酒ブティック」としてリニューアル。今回は充実した酒蔵見学の情報と併せて、その様子をお伝えします。

SAKETIMES

SAKETIMES

今代司の酒蔵見学は、無料&予約不要!

リニューアルオープンした「日本酒ブティック」の内観

「日本酒ブティック」は、酒蔵の中に入ってすぐの場所にあります。広々とした直売コーナーには、今代司酒造のお酒がきれいにディスプレイされていました。

酒蔵見学ツアーは1日に6回開かれる

今代司の魅力は、なんといっても充実した酒蔵見学。参加費が無料で、かつ少人数であれば予約不要というのは、観光客にとってうれしいですね。

見学ツアーは蔵人の解説付き

酒蔵見学では、実際に作業をしている現場に入って、スタッフから酒造りに関する説明を受けることができます。

マニアックな展示も!

見学コースのはじめには、玄米と精米後の米が展示されていました。1本のお酒にどれくらいの量の米が使われているのか、わかるようになっています。

酒造りに使われているタンク

実際に酒造りをしている現場へ潜入しました。

仕込みはすべて、温度調節機能のついているサーマルタンクで行なっているそうです。

伝統を重んじる今代司酒造は、今でも木桶を使用した酒造りを行なっています

しかし、昔ながらの製法や酒造りの基本を学ぶために、新人は毎年必ず、木桶を使った仕込みに挑戦するのだそう。ちなみに、この木桶は大阪府の職人が奈良県の吉野杉で作った、とても貴重なものです。

酒造り現場の一から十までを見学できる

醪を清酒と酒粕に分ける「上槽」の工程で使われる「ヤブタ」という機械も見学することができました。

250年の歴史を感じるアイテム

昔の酒燗器やお猪口など、歴史を感じるさまざまなアイテムが展示されています。

酒蔵の重厚な内観

無料のツアーですが、酒造りに関する話をたっぷりと聞くことができるだけでなく、実際の現場を見学することができるため、とても満足度が高いです。さらに、すべて英語で説明してくれる回もあるため、外国人の観光客も安心ですね。

快適なテイスティングスペースで、日本酒を堪能

オリジナルのクリア升が用意されている

見学が終わると、お待ちかねの試飲です。

今代司酒造は2006年から、すべてのお酒を純米酒規格にしました。新潟県内の酒蔵では、初めての試みです。仕込みに使う水は、名水地として有名な菅名岳の伏流水。強いこだわりが込められたお酒を、じっくりと味わいましょう。

ツアーに含まれるのは、2種類の試飲。追加料金(500円)で升を購入すれば、全種類を好きなだけ飲むことができます。

プレミアムなお酒も試飲可能

世界的なデザイン賞を受賞して話題になった「錦鯉」など、プレミアムなお酒も含まれているので、お得感がありました。

今代司酒造のコンセプトは『むすぶ』酒蔵

地方や都市、そして人を『むすぶ』酒蔵を目指して、酒造りを続ける今代司酒造。『むすぶ』という理念を体現した「おむすび」は、おむすびのような可愛らしいデザインと、合わせる食事を選ばない味わいで、地元で大人気の一品。もちろん、こちらも試飲することができます。

お土産も充実の品揃え

今後、新潟県の魅力を発信する拠点として、イベントやワークショップもやっていきたいと考えているそうです。話題性が高く、首都圏で見かけることも多いため、大きな蔵というイメージをもっている人もいるかもしれませんが、実際の製造量は550石という小さな蔵。規模は小さいですが、今代司酒造を訪れた人は大きな満足感を得ることができるでしょう。

アクセス抜群で、充実した見学ツアーが楽しめる今代司酒造。新潟県を観光する際は、ぜひ、訪ねてみてください。

取材・文/まゆみ
編集/SAKETIMES編集部

Yahoo!ロコ今代司酒造
住所
新潟県新潟市中央区鏡が岡1-1

地図を見る

アクセス
新潟駅[万代口]から徒歩約15分
越後石山駅[出口1]から徒歩約43分
白山(新潟県)駅[出口]から徒歩約55分
電話
025-244-3010
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

おすすめ記事

この記事を書いたライター情報

SAKETIMES

SAKETIMES

月間20万人が訪れる日本酒専門WEBメディア。日本酒の魅力の“伝え手”として、専門用語の解説から、日本酒にこだわるお店の紹介、お酒の楽しみ方解説、酒蔵の奥深いストーリーなど、様々な日本酒情報を毎日配信しています。

SAKETIMES が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES