小麦とバターの香りに包まれて、シベールのラスク工場見学/山形

特集

【特集・第2回】全国のタウン誌が選ぶ“地元で人気の工場見学”47選

2018/09/09

小麦とバターの香りに包まれて、シベールのラスク工場見学/山形

お土産やお取り寄せスイーツとして全国的に知名度が高いシベールのラスク。ここでは焼き上がるまでを見学できます。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

広大な6500坪の敷地で見学も読書もお買い物も!

山形市蔵王松ケ丘にあるシベールファクトリーパークは、サッカー場が3つ入るくらいの広さ。工場見学のほか、洋菓子&パンのショップやカフェ、図書館やアリーナなどの文化施設も併設しており見どころもりだくさん!

『月刊山形ZERO☆23』編集部はココに注目!

編集 鈴木
編集 鈴木
「山形県民はみんな知ってるシベールのラスク。今年は『ラスクフランス プレーン』がモンドセレクションの金賞を受賞しましたよね」
編集 規矩
編集 規矩
「カフェレストランやベーカリー、スイーツのショップも併設。工場見学の後にランチやお買い物するのにもぴったり!」

\私が体験レポートします!/

シベールといったらうさぎでしょ
ライター岡崎
ライター岡崎
「編集部ミーティングのおやつに選ばれることも多いシベールのラスク。県外の方へのお土産にしてもすごく喜ばれます。県内で10年以上食べ歩き取材をしていますが、工場を見学するのは初めて! 今回は、食いしん坊ライターの岡﨑彩がお届けします」

ドッキドキの工場見学へいざ出発!

入り口は人気のフォトスポット

駐車場から向かって右側がラスク工場の見学通路の入り口。ここにもうさぎがいるよー! というわけで私のほかにも、ファミリーやカップルなど記念撮影してる姿がありました。建物内ではバケットの製造から保管、カット、焼き上げて包装するまでの一連の流れを見学できます。

多い日は5000本。フランスパンが並ぶ圧巻の光景

工場見学は2階から眺めるようなかたちで進む

10時から15時の間であれば、いつでも無料で入館できる見学通路。パンを焼く前の成形から製造の一連の流れを工場の上窓から眺めることができます。説明のパネルが随所にあり、タッチパネルもあるので楽しく学べますよ。

職人さんの細やかな手作業

成形したフランスパンは、釜入れの前に一本一本職人の手作業でクープ(切れ込み)を入れていきます。この作業が入ることによって、断面がハート形のラスクが生まれるのだそう。ときどき生まれるきれいなハート形のラスクは「仕合わせ(しあわせ)のハートのラスク」と呼ばれているんだって。

パン・パン・フランスパンの山ー!

焼きたてはふんわりしていてすぐにはスライスできないので、一度保管庫で寝かせます。フランスパンが続々と運ばれてくる様子はなかなかの迫力。多い日だと5000本ほどが焼き上げられるそう。

めっちゃ流れてる……

上質なフレッシュバターとグラニュー糖で味付け。その後全長20メートルのトンネル形の遠赤外線オーブンで、優しくじっくりと30分かけて焼き上げられます。すると美味しそうなラスクが完成! フランスパン1本から約50枚のラスクが取れるそう。

案内人はうさぎ!

キャラクターが映像で工程を説明してくれるタッチパネル。お子さま連れでも楽しく回れそう。案内してくれるうさぎのキャラクターがかわいいので、思わず見入ってしまいます。

通路を進んで隣接する遅筆堂文庫山形館へ

ひょっこりひょうたん島だ!

山形県出身である作家、井上ひさしさんと親交があった創業者。約30000冊の蔵書を譲り受けて開いた図書館がこちら。入り口にはひょっこりひょうたん島のメンバーがずらり。

井上ひさしさんがつけた付箋がそのまま残る本も

井上ひさしさんが小説を書くときに参考にした書籍のほか、蔵書の中から「お母さんと子どもの図書館」というコンセプトで選ばれた本が並びます。貸し出しは行っていませんが、図書館やロビーで読むことができます。

お土産もたくさん買っちゃおう!

「ラスクフランス プレーン8個入」(650円)「ラスクフランス メープル+くるみ8個入」(700円)「追憶のマドレーヌ8個入」(972円)「シベールの杜 バウムクーヘンプティ4個入」(1458円)

あっこれハート形じゃない……!? と心拍数が上がりました。仕合わせ(しあわせ)になれるかな! 個人的には、バターの芳醇(ほうじゅん)な香りが楽しめるマドレーヌやバウムクーヘンも好きなんです。ラスクと一緒にお土産にオススメ。

岡崎
岡崎
「水・小麦・バター・グラニュー糖など、原材料も厳選されたものが使用されるシベールのラスク。移動中も良い香りが工場から漂い、幸福感に包まれました!」

▼工場見学DATA▼
実施日:全日
見学料金:無料
予約:不要(団体のみ電話で要予約)

取材メモ/いつもは出来上がった状態でしか目にすることのないラスク。この状態になる前のフランスパンから丁寧に作られていることがわかり、面白かったです。製法や食材選びなど隅々まで徹底する姿勢が全国のファンに愛される理由なのだと感じました。

取材・文=岡﨑彩 写真=若木智美

月刊山形ZERO☆23

月刊山形ZERO☆23

毎月27日発行、300円

やまがたの街をもっと元気に! もっと楽しく! 『月刊山形ZERO☆23』は、山形の街・人をよりアグレッシブにする月刊タウン情報誌です。

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SERIES