話題の医師芸人しゅんしゅんクリニックPが焼肉のホルモンを解説

特集

8/29は「焼肉の日」。焼肉が食べたい!

2018/08/29

話題の医師芸人しゅんしゅんクリニックPが焼肉のホルモンを解説

現役の医師でありながら芸人として活動するしゅんしゅんクリニックP。最近ブレイク中のしゅんPが焼き肉のホルモンを部位ごとに独断と偏見で解説する。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

話題の医師芸人が焼肉を語る

「こんにちはしゅんしゅんクリニックPでシュッ」

現在話題の医師芸人がいます。キャッチーな曲に乗せて過激な振り付けで「医者あるある」を歌うネタで大ブレイク。そんな彼が「ぞうき歌」という曲をリリースしていた情報をキャッチした我々は、「焼肉特集」ですぐにオファーをしました。テーマはもちろん「ホルモン(内臓)」です。

しゅんしゅんクリニックP

しゅんしゅんクリニックP

現役医師芸人

しゅんしゅんクリニックP
しゅんしゅんクリニックP
「牛さんのことはわからないので、人間のことでよければという条件でお受けしました。今日はよろしくお願いしまシュッ!」

牛のホルモンのことを語ってもらうその前に、せっかくなのでしゅんしゅんクリニックPさん(以下「しゅんP」)についてご紹介しましょう。ちなみに彼が語尾につける「シュッ!」は手術のシュのこと。漢字で書くと「手」。彼の代表的な持ちネタの一つでシュッ!。

医師のアルバイト収入で生活する芸人

何かを語っているイメージでお願いします、という撮影時のポーズ要求に難なく応えるしゅんP

東京大学とほぼ同じ偏差値を持つ群馬大学医学部を卒業、2年間の研修医生活を終えたのち、「お笑いが好きだったから後悔したくない」と27歳の時にNSC(吉本総合芸能学院)入りしたしゅんP。同期と「フレミング」というコンビを組み、優秀な成績で養成所を卒業し活躍しましたが、33歳の時に惜しまれつつも解散。ピン芸人になります。

昔はレントゲンが撮れるプリクラ「レントゲン倶楽部」というネタをやっていました

ピンになってからはあまりパッとしませんでしたが、「お笑い向上委員会」に出演してネタを披露したことでガラリと様子が変わりました。「医者あるある」ネタを初めて見た視聴者が「あいつは誰だ」とツイッターを賑わせたのは記憶に新しいことでしょう。ツイッターのフォロワーも放送直後に激増し、一躍人気者になりました。

しゅんしゅんクリニックP
しゅんしゅんクリニックP
「同僚だった看護師から合コンの誘いが増えました。あと、医大や看護系の学校から学園祭のオファーがたくさん来ました」
コンビ時代はM-1の準々決勝まで行ったことがあります

見た目もスマートですし、医師という肩書きも威力を発揮しそうですね。現在も週に3回は医者として働いているため、「医師の収入だけでもなんとか生活できる」とか。ところで、焼肉はお好きなんでしょうか。

しゅんしゅんクリニックP
しゅんしゅんクリニックP
「好きですよ。手術の後に焼肉食べに行くのは本当です。解剖の研修の時は、ランチでみんな焼肉を食べていました。しかし、まさか『ぞうき歌』で仕事につながるとは思わなかったので……頑張ります」

戸惑いのしゅんPですがさっそく臓器を紹介してもらいながら、焼肉の部位の解説をしていきましょう!(ご紹介するのは牛ホルモンですが豚の写真が一部混ざっていますのでご了解ください)


あの人気店でホルモンを焼きながらご紹介

笑顔がかわいらしい店長の穂風さんはしゅんPの大ファン

「焼肉・ホルモンふたご」は2010年のオープン以来、急速に店舗数を拡大し、現在では国内外で50店舗以上を展開する人気の焼肉チェーン店です。今回は同店が提供する新鮮なホルモンを使って解説していきましょう。

看板メニューは特選リブロースを250g使った「黒毛和牛のはみ出るカルビ」(1680円・税別)
こちらが牛の内臓部位です

1「赤セン(ギアラ)」(480円・税別)

ギアラは4番目の胃。牛の胃は4つありますが、生物学上的に胃の役割を果たしているのはこのギアラのみ
しゅんしゅんクリニックP
しゅんしゅんクリニックP
「コリコリした歯ごたえで旨みも濃厚です。もし人間に胃がなかったら、貧血を予防するビタミンB12は胃で酸化されることで小腸で吸収されるのですが、胃がないと酸化されず吸収できなくなります」

2「上ミノ」(580円・税別)

ミノは1番目の胃。4つの胃の中で一番大きい胃です。脂が多いところをミノサンドとして出すところも
しゅんしゅんクリニックP
しゅんしゅんクリニックP
「肉厚で癖が少ない人気の部位です。関係ないんですけど、僕は顎が弱いので、ホルモンよりも肉を頼むことが多いですね」
人間の胃はここです

3「コリコリ(動脈)」(480円・税別)

コリコリ(血管)は大動脈のこと。心臓に近い大動脈の心臓に近い部位
しゅんしゅんクリニックP
しゅんしゅんクリニックP
「丈夫で3層でできているんで、しっかりとした歯ごたえがあります。これは動脈ですって言われたら、医者としてはテンション上がりますね。思わず太さや構造を見ちゃいます。人間にとって、血管はめちゃくちゃ大事です」

4「新鮮レバー」(380円・税別)

レバーは肝臓のこと。牛の内臓のなかでもっとも大きい。ビタミン、鉄分が豊富
しゅんしゅんクリニックP
しゅんしゅんクリニックP
「人気の部位ですね。肝臓はグリコーゲン貯めたり、アルコール代謝、解毒したり、非常に大事なと臓器です。肝臓はなかなか症状が出ないから気をつけてください。個人的にはこの前の健康診断でγ-GTPの数値が悪かったのでショックでした。医者でも内臓は自己診断できません」
人間の肝臓はここ

5「ハラミ」(780円・税別)

ハラミは横隔膜のこと。横隔膜の両サイドの筋肉部分。今では焼肉の定番メニューです
しゅんしゅんクリニックP
しゅんしゅんクリニックP
「人気の部位ですね。呼吸の時に使う筋肉です。肺は自分では膨張できない。肋骨、筋肉、呼吸筋とかが膨らんで、その圧力で肺は膨らみます。ハラミよりも個人的にはカルビが最高だと思ってます。カルビ以外なくても全然大丈夫」

6「ホルモン」(480円・税別)

ホルモンは大腸のこと。大腸はシマチョウとも呼ばれます。大腸は内臓の最後のあたり
しゅんしゅんクリニックP
しゅんしゅんクリニックP
「脂と歯ごたえが特徴です。小腸で吸収されなかった、水分、ミネラルを吸収し、便を作ります。栄養価は高く、全体的にビタミンB群が多いのが特徴です。そういえば、『ヘイヘイドクター』のネタはとにかく体力を使うので、収録中に疲労で顔が真っ白になったことがありました」
人間の腸はこの辺り

7「生センマイ刺し」(780円・税別)

センマイは3番目の胃です。センマイは鉄分豊富で黒いのが特徴
しゅんしゅんクリニックP
しゅんしゅんクリニックP
「湯通しされた状態で提供されるセンマイは鉄分が多く、鉄分は貧血に効きます。関係ないんですけど、『ヘイヘイドクター』の振り付けはヴォーグというダンスから着想を得ました。ちょっと面白いし、やっている人いないし、カッコいいなと」

8「小腸」(580円・税別)

小腸とは一番長い臓器で成牛で40m近くあります。「マルチョウ」はこの部分をひっくり返して輪切りにしたもの
しゅんしゅんクリニックP
しゅんしゅんクリニックP
「柔らかく脂が多くて食べやすいとされています。小腸にはヒダヒダがあるので表面積が多くて。柔毛があって、栄養素はここでほとんど吸収されます。そういえば、尿のことを医療用語でハルンと言うんですが、お酒の席で『ハルン行ってくる』と言うと看護士にウケます」

これまで月に2本くらいのライブだったのが、テレビや劇場への出演が決まったというしゅんP。露出が増えて忙しくなっても、今回の取材に際し、事前に下調べをして丁寧に答えてくれる姿が印象的でした。これから多忙な日々が続くことでしょうが、体調、特に内臓には気をつけて、ますますのご活躍を期待していまシュッ!

Yahoo!ロコ大阪焼肉・ホルモンふたご 中目黒新館
住所
東京都目黒区中目黒3-6-1 千陽アポロンビル1階

地図を見る

アクセス
中目黒駅[正面出口]から徒歩約7分
恵比寿駅[5]から徒歩約12分
代官山駅[正面口]から徒歩約13分
電話
03-6451-2505
営業時間
月-金 ランチ: 11時半オープン 14時半ラスト15閉店 ディナー: 17時オープン 22時ラスト23時閉店です。 土日祝 ディナー: 17時オープン 22時ラスト23時閉店
定休日
なし
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

ドラマの手術シーン、本当はこんなポーズしない

取材・文/キンマサタカ(パンダ舎)
撮影/原幹和(料理)
取材協力/大阪焼肉・ホルモンふたご中目黒新館

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES