夏バテ気味の残暑に効く!大阪ミナミで推したいベジタブル飯5選

夏バテ気味の残暑に効く!大阪ミナミで推したいベジタブル飯5選

2018/08/28

色とりどりのカレーにガッツリハンバーグ、旬菜盛りだくさんの和食、本場のシェフが作るメキシコ料理など、バラエティ豊かなベジタブル飯が大集合! 大阪でトップランクの知名度を誇るヘルシーメニューの人気店をピックアップして、野菜の魅力をどどーんとお届けします。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ベジタブル飯って何?

新鮮な野菜をさらに美味しく! こだわりのベジタブル飯が今アツい

健康や美容が気になる人たちを中心に、注目を集めているベジタブル飯。野菜をメインに調理された料理は食べる度にカラダ喜ぶ美味しさで、夏の疲れが溜まったこの時期にピッタリ。海外ではベジタリアンメニューと呼ばれており、分類上、乳製品や卵も使わないヴィーガンメニューを含め、一般的なレストランですっかり定着しているグルメの1つです。


タイプの異なるメニューがギッシリ! 
多彩な美味しさが目白押し


1. パプリカ食堂ヴィーガン(四ツ橋)
2. ATL(アトル)(心斎橋)
3. ELPANCHO(エルパンチョ)(心斎橋)
4. 3té café(サンテカフェ)(心斎橋)
5. アーリオ・オーリオ(難波)

1. パプリカ食堂ヴィーガン(四ツ橋)

\ヴィーガンチーズハンバーグ定食(1580円)/

大皿のワンプレートで提供される人気の定食
見た目からはヴィーガンメニューとは思えないハンバーグの肉感

「パプリカ食堂ヴィーガン」では、店名から分かる通りヴィーガンの方向けのメニューばかりを扱っています。おすすめの定食は大豆のミンチを用いた極厚ハンバーグがメイン。食感は肉そのもので、味わいは牛や豚よりもやや淡白。どちらかというと鶏の風味に良く似ています。ソースはみりん、醤油をベースに玉ねぎをプラスした和風系。玄米ごはんとも相性が良く、ハンバーグのジューシーさを引き立てています。

ヴィーガンメニューがお出迎え!

海外からの観光客も数多く訪れている

オーナーの中井さんは、もともと一般的なレストランを手がけていたのですが、体調を崩したのをきっかけに「カラダに良い食事づくり」を追求。動物性の食材を用いなくても、ヘルシーな野菜だけで美味しいメニューを考案できることを知り、このようなスタイルの店をオープンするようになったそうです。

男性でも満腹必至の食べごたえ

週2回、店前では農家さんによる青空市を開催
オーナーの中井さん
中井さん
中井さん
「巷によくあるヴィーガンメニューはボリュームが少なかったり、あっさりし過ぎていて味わいが物足りなかったりしがち。ですが当店では男性でもお腹いっぱいになるぐらいのしっかりとした内容で、きっと満足していただけると思います。ガッツリ食べてもカロリーは控えめですから、ダイエット中の方にもぜひお試しいただきたいですね」

2. ATL(心斎橋)

\季節野菜の和プレート(1500円)/

日本人に生まれてよかった! と思える和惣菜がズラリ
しっかりとした食べごたえの「車麩の照焼き風」がメイン

オープンして9年目を迎えた同店。旬の野菜をたっぷり盛り込んだ、日替わり和惣菜のプレートがイチオシです。ちなみにこの日は自家製豆腐のもろへいや添え、小豆かぼちゃ、オクラとツルムラサキとひじきの和え物などが献立に並びます。さらに料理長の自信作、車麩(くるまぶ)を照焼き風に仕上げた逸品もお出迎え! また、ごはんは栄養価の高い発芽玄米を使っているほか、梅干しは自然発酵のものを厳選しています。

大自然の恵みが好きになる!

大きな窓から陽光が差し込む明るい雰囲気

こちらをオープンするまではカフェバーに務めていたというマネージャーの岸本さん。ある日、たまたま立ち寄ったレストランでオーガニック野菜に出会い美味しさに感動! 以来、その感動が忘れられず独立の際には「野菜の魅力をお客様に伝える」ことをコンセプトに掲げるように。独立後、数年間は一部で使用していた動物性食材を完全に止め、今ではヴィーガンメニューオンリーで営業中です。

朝食から夕食まで終日楽しめる和プレート

御堂筋商店街の東側の通りに立地する
マネージャーの岸本さん(手前)
岸本さん
岸本さん
「お客様は海外の方も多く、ヨーロッパ、アジアなどさまざまな国からお越しいただいています。今回ご紹介した季節野菜の和プレートは、終日ご提供しているので朝食にもぴったり。朝から健康的な食事をしっかり食べて、1日を快適に過ごしたい方にもおすすめです。また全粒小麦のパンが評判の『洋風ブレイクファーストセット』(1200円)、ランチには『スパイスカレー』(1500円)もご用意しております」

3. ELPANCHO(心斎橋)

\ベジタリアンヘルシーセット(1000円 ※ランチタイム価格)/

メキシコで愛されるソウルフードの定番
他店ではなかなか味わえない本場の美味しさ

次に紹介するのは1979年に創業、関西におけるメキシコ料理レストランのパイオニア的存在のお店。こちらで味わえるタコスはメキシコ人シェフが作るだけあってすべてが本場そのもの。食べ方はトルティーヤと呼ばれる薄焼きパンで、具材を包んでパクリといくのが定番です。手巻寿司感覚のソウルフードは野菜たっぷりでヘルシー! 具材はケサディージャ(焼きチーズ)、ワカモレ(アボカドサラダ)などが並び色鮮やか!

メキシコ一色のごきげんなムード

壁のいたるところに手書きメッセージが!

心斎橋筋商店街の北入口付近に立つ、ランドマークビルの8階。店内の壁は来店客の手書きメッセージで埋め尽くされ、本場のBGMが流れる雰囲気はまさにメキシコ一色! 提供するのは現地の家庭料理が中心ですが、オーダー時にリクエストすれば動物性食材を抜いた、ベジタリアン向けメニューに対応してもらえる懐の深さも老舗ならではのサービスといえるでしょう。

伝統のレシピで本場の味を堪能

ビル8階のワンフロア全体を店舗に用いている
ラテンなノリが好印象なスタッフさん
スタッフさん
スタッフさん
「タコスは手で持って、豪快に召し上がっていただくのが1番美味しいですよ! たっぷりの具材をサンドして、豊かな香りのメキシコビールとともにどうぞ。すべてのメニューは現地の家庭で代々受け継がれている伝統のレシピを踏襲。既製品は一切使わず手作りで仕上げるのがモットーです。調味料にもこだわった栄養バランスばっちりのメキシコの味をぜひ」

4. 3té café(心斎橋)

\海老とアボカドサラダ スープ・ライスorパン付(1100円)/

フレッシュな美味しさでビタミン補給!
色彩鮮やかな具材の数々。セットで付く無添加のスープもハイレベル

「日本野菜ソムリエ協会」が認定するレストラン。ご自慢のサラダメニューは専属の野菜ソムリエが吟味したフレッシュな生野菜が大皿にどっさり盛りつけられていて、その上に完熟アボカド、海老のムキ身をトッピング。ドレッシングは2種類のオリジナルからいずれかをセレクトできます。野菜の大半は農家さんから直接仕入れたものばかりで、見た目からも鮮度の良さが伝わってくるほどみずみずしいのが特徴です。

ベジタブル飯で内面からキレイに!

席間広々でゆったりとしたフロア

ベジタリアン向けのグルメのラインナップに加え、ハラールメニュー(イスラーム法に合法な食事)も充実していることから、訪れる人の約半数が海外からの観光客という同店。「内面からキレイに!」をテーマにしており、フードはもちろん、有機栽培のオーガニック珈琲など健康的なドリンクも幅広く扱っています。若者のファッションの街・アメリカ村のメインゾーンにあり、心斎橋観光やショッピングの合間に気軽に立ち寄れるロケーションも高ポイントです。

グループでのベジ飯パーティも歓迎

テーブル席のほかにボックスタイプの個室あり
オーナーの南迫さん
南迫さん
南迫さん
「ソムリエが選び抜いた野菜は甘みがあって、驚くほど味が濃い。サラダなどはドレッシングをかけなくても素材の味そのままで、十分美味しくご堪能いただけます。事前にご予約があれば、ベジタリアンメニューだけのパーティープランもご準備いたします。グループ利用者向けのプライベート感満点のボックス席もございますので、ぜひお気軽にご連絡ください」

5. アーリオ・オーリオ(難波)

\野菜ゴロゴロカレー(1300円)/

運ばれてきた瞬間、誰もが驚くほどの華やかさ
野菜のトッピングの多さでライスが隠れてしまうほど

電気の街・日本橋にあるカレー専門店。運ばれてきた人気メニューは、お皿を埋め尽くす野菜がインパクト大! 野菜の下には薬膳カレー&米みそキーマカレーのルゥが入っていて、ヘルシーでカラダに優しい・カラダが喜ぶカレーに仕上がっています。野菜はその時々の旬のものを用いるので、内容は日替わりですが、平均すると約20種類の野菜がどっさり。各野菜の持ち味を引き立てるよう、細やかに調理法を変えるのが美味しさの決め手です。

頑張る農家さんを応援したい

客層は老若男女幅広い

「農家さんを応援したい!」との思いから、その時に提供することのできる旬の野菜を使ったカレーを作っているそう。またフレッシュな野菜の仕入れは、大阪泉州の農家さんを中心に直接やりとりもしています。ピークの時間帯には店が立地する路地裏に、野菜カレーを求める行列が続くことも少なくありません。

新商品も続々登場予定

人気の飲食店が立ち並ぶ路地裏で営業中
オーナーの永山さん
オーナーの永山さん
オーナーの永山さん
「その時々の旬の野菜が沢山入るので、野菜好きはもちろん、動物性不使用なので、ヴィーガンの方にも楽しんでいただけます。最近はSNS映えするメニューという事で色々な国の方にもご来店いただいています。おからこんにゃくを使った新商品作りをしたり、食身体の事などのイベントも開催しています」

どのお店も旬の野菜がふんだんに盛り込まれていて、味わいながら四季の恵みを実感できるのが嬉しいですよね。さらに色とりどりなヴィジュアルも高ポイント! 「健康面が気になる」「最近野菜不足かも」と感じている方は、絶品のベジタブル飯を食べて、体調をリセットしてみてはいかがですか。

構成=堀 俊夫(クエストルーム)
取材&撮影=ペンアクト

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載