【プロ技動画】巨大焙煎機で作るフルーティーな極上ブレンド珈琲

特集

これぞプロの技!おいしいコーヒーはこう淹れる<Part2>

2018/09/02

【プロ技動画】巨大焙煎機で作るフルーティーな極上ブレンド珈琲

代官山で今年オープン10年を迎えるコーヒーアトリエ『カフェ ファソン ロースター アトリエ』。果実の香りが特徴的な4種類の豆をブレンドして淹れた1杯は、フルーティーでエレガントな味わい。今回はこだわりの焙煎機からブレンド比率など精密に考えられた淹れ方を教えてもらった!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

まずは、こだわりのブレンド比率で淹れる、極上のコーヒーを動画でご紹介。

お店は代官山駅北口から徒歩5分、服飾店が立ち並ぶ通り沿いにある『カフェ ファソン ロースター アトリエ』

ブルー×ホワイトのスタイリッシュな外観

ビル1棟がまるごとコーヒーづくし!

極上のオリジナルブレンドを提供するため、なんとビル1棟がコーヒーハウスになっている。中には高性能の巨大焙煎機、エスプレッソ機械、そしてさらに個性的なエスプレッソマシンや器具などがそろっており、コーヒー好きにとっては垂涎もののアトリエとなっている。

1Fは焙煎工房と売り場
2Fはエスプレッソ用の機械と包装スペース
3階はカウンターやテーブル席のイートインスペース

果実の香りが楽しめるフルーティーなオリジナルブレンドコーヒー!

今回紹介するのは、代官山のエレガントさを表現しているという爽やかでフルーティーな『代官山ブレンド』。

代官山ブレンド400円(税込)

コーヒーロースターが作る極上の一杯

こちらがコーヒーロースター(焙煎士)の岡内賢治さん。「どこにもないオリジリナルなブレンドを作りたい」と試行錯誤しながら、日々コーヒーの変化と進化を重ねているんだそう。そして今回、そんな岡内さんに焙煎工程から淹れ方までを特別に見せてもらった!

コーヒーロースター(焙煎士)の岡内賢治さん
迫力満点のオランダ製ジーセン社の巨大焙煎機

焙煎機は煙をこもらせない仕様のオランダ製のものを使用。鋳型の使用面積も多いため、豆に火が通りやすくなっているという。

厳選した4種類の豆を使用

代官山ブレンドに使用する豆は、ブルーベリーの甘味とアプリコットの酸味が特徴なエチオピア産(左上と右上)、レーズンの風味が特徴なケニア産(左下)、そして柑橘系の香りが漂うタンザニア産(右下)の厳選した4種類を使用している。

①4種類の豆それぞれを15分、計1時間かけてじっくり煎る
②2度目の爆ぜりが中煎りのタイミング

コーヒー豆が膨張し、弾ける事を爆(は)ぜるという。イメージは、乾燥したトウモロコシを炒るとパチパチ音がなりふっくらしてポップコーンになる感じ。一度目の爆ぜりが終わり、2度目の爆ぜりのタイミングを見計らって焙煎機を止める。このタイミング次第で、オリジナルの中煎りの豆に仕上がるんだそう。

③ざっくりと挽いた豆を円錐型のコーノ式ドリッパーに入れてお湯を注ぐ

コーノ式ドリッパーは、リブ(中にある溝)が短いのが特徴で、これによってお湯がスムーズ&均一に抜けバランス良くすっきりとした味に仕上がる。そのため柑橘系の爽やかな香味もしっかり抽出されるんだそう。

④粉に近い位置で優しくお湯を注ぐ

お家でもマネできるポイントはコレ!

岡内さん曰く、ハンドドリッパーを使いお家で淹れる際に、お湯をコーヒー粉の表面に優しく注ぐことで苦味を抑えられるんだそう! 反対にお湯をジャバジャバ入れると、雑味まで抽出されてしまうので、ここは気をつけて欲しいポイントだと言う。

華やかでフルーティーな代官山ブレンド

ブルーベリーの甘味、アプリコットの酸味、レーズンの風味、そしてかんきつ系の香りが楽しめる『代官山ブレンド』、あなたも一度体験してみては?

カフェ ファソン ロースター アトリエ

交通::東横線代官山駅から徒歩5分、JR山手線・埼京線恵比寿駅から徒歩9分
住所:東京都渋谷区代官山町10-1
電話:03-6416-5858
時間:12:00~19:00
休み:不定休

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材・撮影・動画制作・文=日テレアックスオン AX-ON Inc.

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES