【プロ技動画】1杯2000円の幻の超希少品種コーヒーがスゴい

特集

これぞプロの技!おいしいコーヒーはこう淹れる<Part2>

2018/09/02

【プロ技動画】1杯2000円の幻の超希少品種コーヒーがスゴい

2017年12月にオープンした銀座の『BONGEN COFFEE(ボンゲン コーヒー)』。ここには何と、1杯2000円の超貴重&超高級なコーヒーがあるという! さらに店には樹齢100年になる盆栽が置かれていて、『和』と『コーヒー』という組み合わせが新鮮な風情を感じさせてくれる。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

まずは1杯2000円という、これまで見たことのない超高級コーヒーを動画でご紹介。

場所は有楽町線東銀座駅から徒歩3分、路地裏にひっそりと構えている昨年オープンしたばかりの『BONGEN COFFEE(ボンゲン コーヒー)』

盆栽マークの看板が目印

日本の和を感じる落ち着いた店内

店内はいたってシンプルだが『和』を感じられる心地よい空間。近所に住んでいる伝統芸能の関係者、茶道、そして着物の先生たちも、おしゃれな和の雰囲気でいただくコーヒーに惹かれて、よく訪れているという。

店内のコンセプトは『和モダン』

コーヒー店なのに店内には樹齢100年の盆栽が!

ひと際目を引くこだわりの盆栽

カウンターの奥に置かれているのは、何と盆栽! しかも樹齢100年を超える貴重なものだという。この店の代表の白石さんが、自宅で育てた数々の盆栽を週替わりで飾っているんだとか。ちなみに店名の『BONGEN』というのは、日本語で『盆源』と書き『盆栽のように、本当によい物は残り続ける』という意味と、『これから始まる1日や、気分を入れ替えて頑張るエネルギーの源になる一杯を提供したい』という願いから名付けたんだそう。

1杯2000円の驚きのコーヒー!

ここで頂ける絶品コーヒーは、『コピルアック』というコーヒーの実を食べたジャコウネコの糞から採取している希少豆で淹れた特別な1杯。

これがインドネシア産のコピルアックの豆

嗅覚の優れたジャコウネコが、よりいいサイズ感と味のある実を選別して食べる。そしてその実がお腹の中で発酵され、糞から実を採取し、洗浄した豆が『コピルアック』。この超貴重な豆はとてもクリアで、まろやかな酸味と香りのあるコーヒーになる。昨今、人間に飼育されたジャコウネコのコーヒー豆も出回っているが、このお店では野生ジャコウネコの豆にこだわっているんだそう。

コピルアックのコーヒー2000円(税込)

抽出方法はシンプルな一体型のドリッパーで!

和をテーマにしたこのお店では、“わびさび”の世界感を大切にしている。そのため、人や物の存在感を控えめにするよう、極力シンプルな道具を選んで使用している。

使用するのはアメリカ製の一体型ドリッパー

おもてなしの心で丁寧にドリップ

こちらが代表の白石 航さん。前職はスタイリストだったが、コーヒー好きが高じてこのお店を開いたという。和のおもてなしの精神で、丁寧に一杯のコーヒーにその情熱を注ぐ。今回は、そんな白石さんにコーヒーの淹れ方を見せてもらった。

コーヒーと盆栽を愛する代表の白石さん
①挽いた豆は手で軽く叩く。そうすることで均一に整えられ味のムラをなくす
②少量のお湯を5回に分けて注ぐ

お家でもマネできるポイントはコレ!

お湯を入れる際に、ペーパーのお湯のラインを一定に保つことがコーヒーをよりおいしく入れるポイントだという。ラインを上下させない、同じ量を保つことで、まんべんなくしっかりとコーヒーの香味が抽出できるんだそう!

③粉の上ラインを一定に保つ。そうすることで均一にお湯を行き渡らせることが出来る
超希少でまろやかな味のコピルアック

『コーヒー×盆栽』という新しいスタイルの『BONGEN COFFEE』で提供される1杯2000円のコピルアックのコーヒー、自分へのご褒美にいかが?

BONGEN COFFEE

交通::有楽町線東銀座駅3番出口から徒歩3分、日比谷線銀座駅から徒歩8分
住所:東京都中央区銀座2-16-3
電話:03-6264-3988
時間:10:00〜20:00
休み:年中無休

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材・撮影・動画制作・文=日テレアックスオン AX-ON Inc.

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES