高さ45センチ!5段重ね“どら焼きタワー”を鎌倉の和カフェで

2019/05/08

高さ45センチ!5段重ね“どら焼きタワー”を鎌倉の和カフェで

タワーのように積み上げられた大きなどら焼きパフェを提供するのは、ユニークな創作料理を発信する鎌倉のカフェ。見て、撮って、食べて楽しい一品は、鎌倉散歩の思い出作りにぴったりです♪

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

おしゃれな和カフェで、ほかでは出会えない創作料理を!

鎌倉駅から徒歩3分、横須賀線が走る小町踏切の前にある「茶屋ひなた」。お店の雰囲気は今時のおしゃれなカフェですが、ここで味わえるのは創作蕎麦やあんみつ風パフェ、どら焼きといった和の料理がメインです。

白を基調にした明るい店内。席がゆったりと設けられている

器にもこだわりがあり、店内の一角には現代作家が手掛けたすてきな食器が展示。個性的で美しいデザインが、シンプルな空間の中で一段と際立っています。提供される料理にも使用されているので、器にも目を向けてみてくださいね。

カフェの名物! 1日3食限定のどら焼きパフェ

カップルや仲間と鎌倉を訪れた際にぜひ試してほしいのが、パフェのグラスに小さなどら焼き を積み重ねたタワーのようなどら焼きパフェ

高さ45cm 特大どら焼きパフェ(1800円)。2~3人でシェアして食べたい

どら焼きはよく見ると5段重ねになっていて、イチゴ&ホイップ、マンゴープリン、小豆&ホイップ、小豆&白玉、フルーツサンドとひとつひとつ違う味わいが楽しめます。

こう見えて、実はフルーツもたくさん!
絶妙なバランスでどら焼きを盛り付ける

でもなぜ、こんなパフェが生まれたんでしょうか?

「いろんな種類のどら焼きをいっぺんに食べてもらうにはどうすればいいかと考え、パフェに行きつきました。手作りのどら焼きは自信作です」と店長の井上さん。毎朝焼いているというどら焼きは、甘さ控えめでふんわりもちもちの食感。ところどころにチョコ味のどら焼きが隠れています。

トップにのせた笑顔付きのどら焼きがかわいらしい

さらに食べ進めていくと底の方から甘酸っぱいイチゴゼリーやサクサクのコーンフレークが顔を出し、さっぱりと口直し。ボリューミーな見た目に反して案外ペロリと完食できます。お店のスタッフが渡してくれる手袋を使い、手にとって食べられるのもうれしい!

ふわふわでクリーミー! カフェラテのような創作蕎麦

創作蕎麦もユニークと聞き、メニューを見てみることに。特大雲丹(ウニ)、ポテサラ(ポテトサラダ)、お日さま(メレンゲ&卵黄)、しらす……と蕎麦のトッピングとしては珍しい食材が並ぶ中、目に留まったのが「ラテ風とろろ」です。

とろろ+メレンゲが斬新な食感のラテ風とろろ蕎麦(1140円)

カフェラテ? とろろ? 蕎麦なのに? と頭の中が「?」でいっぱいになっていると、「メレンゲを混ぜたふわふわのとろろを、お蕎麦の上にカフェラテのようにかけたものなんですよ」と井上さんが教えてくれました。

大きな器で登場した蕎麦は、スイーツのようなかわいい盛り付け。蕎麦は本格的な二八蕎麦です。真っ白な泡とともに蕎麦をすくって一口すすると、香り高い蕎麦とともにとろろがふんわり溶けていき 、なんとも優しい味わい。

コクのある卵黄が全体をまろやかにまとめています。上から出汁をかけて

このほか、蕎麦の上に雲丹を敷き詰めた原価120%超えという「絶品雲丹蕎麦」も人気なんだそうです。

ゆったりと落ち着ける空間でいただける、インパクト満点の創作料理の数々。写真に収めてSNSにアップすれば、「いいね!」がたくさん付くかもしれません♪

構成・動画=城リユア(moogShore) 取材・文=齋藤久美子

\あわせてチェック!/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SERIES