大阪・舞洲で「ドライビングレッスン」に参加してみた!

2018/09/23

大阪・舞洲で「ドライビングレッスン」に参加してみた!

大阪・舞洲で、プロのレーシングドライバーから運転技術を学べるドライビングレッスン「広場DEレッスン」が行われていると聞き、さっそく、車が好きなNさんとともに取材にうかがってきました。スポーツカーだけでなく、ワゴン車や軽自動車といった車でも参加できるそうですよ!

ラプレ

ラプレ

舞洲スポーツアイランド・空の広場

大阪湾にある人工島・舞洲(まいしま)の北側にある「舞洲スポーツアイランド」にやってきました!
大阪市内中心部から車で20分ほどで来ることができるこの場所に、コンサートにも使われる5万平方メートルの広大な広場「空の広場」があるのをご存知でしょうか。

舞洲の広大な敷地でドライビングレッスン

今回は、ここ「空の広場」で定期的に開催されているプロドライバーによるドライビングレッスン「広場DEレッスン」を取材したいと思います。
取材にご協力いただいたのは、車が大好きな筆者の知人・Nさんです。これまでこのようなドライビングレッスンを受けた経験はないそうで、自家用車のホンダ・アコードでの参加です。

意気込み十分「頑張るぞー!」

まずはブリーフィングから

ドライビングレッスンは、9時~16時30分の開催で、午前=基本トレーニング午後=フリー走行と、二部構成で行われます。今回の取材では午前の基本トレーニングのみ参加させていただきました。
朝9時に「空の広場」に集合、参加者の皆さんが集まった段階で、主宰者の萬雲(まんくも)恒明さんによるブリーフィング(主旨説明)が行われました。

マイクを持っているのが萬雲さん

萬雲さんは、全日本GT選手権(現スーパーGT)やスーパー耐久などのツーリングカーレースでキャリアを積んだプロのレーシングドライバーで、現在は関西を中心に全国でドライビングレッスンを開催されています。

和やかな雰囲気で始まったブリーフィング

スラロームにチャレンジ!

基本トレーニングでは、「走る」「曲がる」「止まる」の運転の基本を学びます。会場がとても広いので、コースの外にはみ出しても安心です。
まずはスラロームにチャレンジしました。一定間隔に設置されたパイロンとパイロンの間をリズミカルにハンドルを切りながら走ります。まずは先生のお手本から。

先生によるお手本

プロドライバーによるお手本を見ると、スムーズにかつ速く走り抜けていくので、一見すると簡単に見えますが、実際にやってみるとなかなか思うように走らないんだそうです。ハンドル操作に加え、アクセルのオン・オフのタイミングが大切なようです。

めちゃくちゃスムーズに駆け抜けます

さて、いよいよNさんの挑戦です。フラッグの合図で勢いよく走りだします。

用意した車は懐かしのホンダ・アコードです
1台ずつ走りを先生が見守ってくれます
写真ではスムーズに見えますが、先生と比べてスピードはかなり遅めです

スラロームは、ゆっくりとしたスピードですが、それなりにいい感じに走れていたようです。
先生が1台ずつ走りをチェックしてくれて、その場でアドバイスをもらえますので、繰り返すたびに上達しそうですね。

人生初のフルブレーキング

続いて、高速域からのフルブレーキングに挑戦です!
100キロまでフル加速して、青いパイロンを目印に思い切りブレーキを踏みます。街中でここまで強くブレーキを踏むことはまずありませんので、初めての人は少しビビってしまうようです。

スラロームが上手くできたので、少し余裕が出てきたNさん
いい感じで加速していきます

実際の動画を見てください。Nさん本人はフル加速して、青いパイロンの所でフルブレーキをしているつもりですが、実際にはかなり手前でブレーキを踏んでしまっていたようで、先生からご指摘を受けました。

先生「かなり手前でブレーキ踏んでますよ」

濡れた路面でのコーナリング

このドライビングレッスンでは、散水車を使った「濡れた路面」でのドライビング練習も行います。萬雲さんによると、散水車を用意しているドライビングレッスンは珍しいんだそうで、「滑った時の対処法を学べる」そうです。
ちなみに雨の日には散水車は使いませんが、「スラローム」や「高速域からのフルブレーキング」といったレッスンも、雨で濡れた路面で行うそうで、それはそれで楽しいそうですよ。

散水車をコースに水をまきます

このレッスンでは、2つの青いパイロンの周りの濡れた路面を8の字状に走り、車が滑りながらのコーナリングを体験した後、乾いた路面でのスラロームを走ります。Nさん、スタート!

パイロン周りを8の字に走ります
速く周ることは案外難しいです
先生によると「速く走ろうとして、アクセルを踏み過ぎて大回りになるので注意」だそうです

基本トレーニングを終えたNさん。「全体通してブレーキの大事さを改めて感じました。安全に走るのも、速く走るのも、ブレーキが大事なんだなあと実感できました」と感想を話してくれました。

先生のドライビングを間近で体験

今回のドライビングレッスンでは、4人のレーシングドライバーが先生となり、運転技術を教えてくれました。参加者が運転している様子を外から見るだけでなく、隣に乗って教えてくれたり、先生が運転する様子を助手席から見ることもできます
実際に、8の字の濡れた路面を先生に運転してもらって、その様子を助手席から見たNさんは、「僕の運転と全然違う!この車でこんな走りができるなんて!」と驚いていました。

先生の運転は、まるで別の車みたいな動きをしました

素敵な女性ドライバーを発見

今回の取材で、真っ白なポルシェを運転している素敵な女性ドライバーと出会いました。
吹田市から来られた古川さん、なんと66歳です。2年前にポルシェを購入し、昨年からサーキット走行を始めたそうです。鈴鹿サーキットを走った時に、コース外にはみ出して怖い思いをしたそうで、運転技術を磨こうと、今回、初参加されました。

素敵な女性ドライバーが参加していらっしゃいました
男性に交じって、運転技術を磨いておられました

主宰の萬雲さんからのアドバイス

このドライビングレッスン「広場DEレッスン」は、運転技術の向上と、スポーツドライビングの楽しさを知ってもらいたいと、レーシングドライバーの萬雲さんが6年前から始められたそうで、舞洲では年4回ぐらいのペースで行っているそうです(詳しくはホームページ「楽しく走ろう.com」参照)。参加者は30代後半~60代が中心で、どんな車でも参加が可能とのこと。費用は2万3,000円~。

運転が上手くなるコツについてお聞きしたところ、「カーブに入る時にはしっかり減速して、出る時にはしっかり加速する、スローイン・ファーストアウトが基本。タイヤからのインフォメーションをしっかり感じることで、雪道でも砂利道でも走ることができる。その感覚を高い次元でできるようになってほしい」と教えてくれました。

萬雲恒明さん

萬雲恒明さん

スポーツドライビングレッスン「萬雲塾」主宰

Yahoo!ロコ舞洲スポーツアイランド/大阪シティバス
住所
大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目2

地図を見る

口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

ラプレ

ラプレ

大阪・関西を中心に、新しいお店、イベントなどの取材活動を行っています。地域ニュースサイト「梅田経済新聞」「なんば経済新聞」「大阪ベイ経済新聞」も運営しています。

ラプレ が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES