魚のファストフードがそこにあった!博多駅横で食べる海鮮ランチ

特集

働きマンの出張グルメ!〜札幌・名古屋・大阪・福岡〜

2018/10/05

魚のファストフードがそこにあった!博多駅横で食べる海鮮ランチ

出張で福岡に訪れる人向けに、福岡の駅近ランチをピックアップ。今回は、福岡といえば鮮魚!ということで、コスパ抜群な海鮮居酒屋「しらすくじら」のランチをご紹介します。気軽に立ち寄りやすい「しらすくじら」はまさに魚介料理のファストフード店。その人気の理由を探ります。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

博多駅から徒歩1分!ビジネスマンもよろこぶ コスパ抜群な海鮮居酒屋の“ランチ”

JR博多駅筑紫口側にある、JR九州筑紫口ビル(デイトスアネックス)2階で営業中

1989年に博多の地で創業し、現在は福岡を中心に全国に12店舗を展開する海鮮居酒屋「磯貝」。その系列店として2012年にオープンした「しらすくじら 博多駅前店」は、地元の人はもちろん、観光客も多く訪れる繁盛店だ。

人気の秘密は、なんといっても鮮度抜群の海鮮をリーズナブルに楽しめるところだろう。JR博多駅直結の駅ビル内という立地の良さもポイントだ。

テーブル、座敷席を完備。テーブル周りの空間が広めにとられ居心地もいい

今回は、そんな人気海鮮居酒屋の“お昼”に注目。駅近で楽しめる、おすすめ海鮮ランチを紹介する!

この人に聞きました!

店長兼料理長の小金丸 浩さん。福岡県糸島市の寿司屋から料理人の道をスタート。その後は博多駅東の寿司屋、中洲の料理屋を経てしらすくじらの店長兼料理長に

ランチメニュー人気ベスト3はこれ!

\自家製のゴマダレで豪快に食らう!「海鮮丼(734円)」/

ご飯が見えなくなるほどに魚を盛り付け。昼からぜいたく気分♪

厚めに切られた4種の鮮魚に大葉、そのうえにトビコとイクラがのった海鮮丼は、ランチメニューのなかでも圧倒的な人気を誇る一品。自家製のゴマダレは、あら焚きに使う煮汁や醤油などをブレンドしたもので風味豊かな仕上がり。アラ汁、小鉢、漬物付きでボリュームにも満足できる。

\厚切りの鮮魚を5種盛り!「刺身定食(842円)」/

市場直送の魚を昼から堪能!写真はサーモン、カンパチ、ヒラマサ、マグロ、ヒラメ

メインは、仕入れの状況でネタが変わる刺し身の盛り合わせ。どれも厚切りで立派なサイズなのがうれしい。卓上の醤油は濃口醤油だが、スタッフに声をかければ刺身醤油も提供できるとのことなので、こだわり派はぜひ。海鮮丼と同じく、アラ汁、小鉢、漬物付き。

\アサリの旨味と香りを堪能!「貝汁定食(680円)」/

仕入れによって魚の種類が異なる刺し身と、大振りな明太子も付く

アサリと昆布からとったダシに合わせ味噌をといた「貝汁」がメイン。ダシにカツオ節を使わないのは、アサリの風味をよりストレートに楽しんでほしいから。こんもりと盛り付けられたアサリは、1杯あたり約120~130gとたっぷりだ。サーブされると同時にフワッと漂うアサリの香りがたまらない

店長兼料理長の小金丸 浩さん
店長兼料理長の小金丸 浩さん
「これらのほかにも、自家製のゴマダレを使った『市場の漬け丼』(540円)、数量限定の日替わりランチなんかもありますよ。ランチメニューはすべてご飯のおかわり、大盛り無料です!」
数量限定の日替わりランチは入口横の看板でアナウンスされる

安くてうまい、その理由を聞いてみた!

――どうしてこんなにリーズナブルに提供できるんですか?

店長兼料理長の小金丸 浩さん
店長兼料理長の小金丸 浩さん
問屋さんや仲買いさんと同じ立場で魚を競り落とせる権利をもっているので、一般的なお店より仕入れ値を抑えられているんです。海鮮は、市場で仕入れたものが毎日11時ごろに店に届きますよ」
仕込みは日中から、海鮮が届き次第行なっているとのこと

――鮮度の良さがネタの見た目からも伝わってきます。

店長兼料理長の小金丸 浩さん
店長兼料理長の小金丸 浩さん
「届いた鮮魚は“恒温高湿庫”で保存しています。これは温度と湿度を一定に保てるという、わかりやすくいうと家庭用冷蔵庫のチルドルームの強化版みたいなものですね。冷凍せず、フレッシュのままで鮮度を落とさずに保存できるんです」
実は個室も完備。取材時は壁に手ぬぐいや櫛田神社の紋が飾られた“山笠仕様”になっていた

――その鮮魚をお昼から、しかも手軽にいただけるのがうれしいですね。ランチタイムはもう大にぎわいですね。

店長兼料理長の小金丸 浩さん
店長兼料理長の小金丸 浩さん
「昼は特になんですが、オーダーを受けてからいかに早く提供できるかにも気を配っています。みなさん限られた時間のなかで来ていただいていると思うので。けっこう驚かれますよ、『お、もう来た!』って(笑)」

昼はランチメニューのほか、夜のグランドメニューも注文可能とのこと。 「仕事があまりにも早く終わってしまったぞ」なんてときには夜の名物メニュー「くじら5種盛り」(1393円)で昼飲みしちゃうのもありだと思う魚好きにもお酒好きにもいいお店でした。

※ランチメニューの提供は平日の11:00~14:00のみ

取材メモ/出張帰りの福岡空港ビルにも「しらすくじら」支店があります。博多の魚を気軽に味わうならオススメですよ。

取材・文=廣田祐典(シーアール) 撮影=長崎辰一

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

SERIES