包丁不要! 5分で簡単、缶詰を使った「あんかけ豆腐」レシピ

包丁不要! 5分で簡単、缶詰を使った「あんかけ豆腐」レシピ

2018/10/04

東京・銀座5丁目、歌舞伎座から晴海通りを挟んである細い路地のビル3階にある、個室でゆったり本格的な日本料理が楽しめる「銀座くどう」。1日3組のお客様のために最高の食材でお料理を提供しているオーナーの工藤淳也シェフが、包丁を使わずに作るヘルシーな豆腐料理をご紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

出汁の代わりに鶏ササミ缶詰を汁ごと使う

温かいあんを豆腐にかけた、あんかけ豆腐。出汁を使わずに作れるので、とってもお手軽。「缶詰の汁を出汁の代わりに使います。鶏ささみの他に、ホタテ、カニ、あさりの缶詰でも美味しいです」(工藤シェフ)

「日本橋とよだ」で4年ほど修業し、ドイツにある和食店へ。帰国後は日本料理店だけでなくイタリア料理店で料理の見識を深め、「銀座うち山」へ。11年「徳うち山」で独立。17年「銀座くどう」開店。

あんかけ豆腐の食材はこちら

「調味料は醤油とごま油のみです。コーン缶と鶏ささみ缶の汁も出汁として使います」(工藤シェフ)

〈材料〉 2人分 (作業時間:5分)
豆腐(水切りしておく) 1丁
ニラ 1/4束
コーン缶 1缶(約190g)
鶏ササミ缶 1缶(約170g)
水 100cc
醤油 小さじ1
ゴマ油 適量
水溶き片栗粉 適量

(仕上げ)
一味唐辛子 少々

(1)調味料と具材を煮る

《ポイント》「コーン缶と鶏ササミ缶の汁は出汁の代わりにするので、汁ごと加えます」(工藤シェフ)

鍋に水とコーン缶と鶏ササミ缶をどちらも汁ごと入れ、強火で沸かす。

(2)醤油と水溶き片栗粉を加える

《ポイント》「水溶き片栗粉を加えるときは、スプーンなどで鍋の中を混ぜながら少しずつ加えてとろみをつけてください」(工藤シェフ)

沸いたら醤油を加え、水溶き片栗粉を少しずつ加えてとろみをつける。

(3)豆腐を手でちぎって加える

《ポイント》「豆腐は皿など平なものを上に置いて、しばらく水切りしておいてください」(工藤シェフ)

火を弱火にし、水切りした豆腐を手でちぎって加える。1分ほど煮て、豆腐が温まればOK。

(4)ニラを手でちぎって加える

《ポイント》「ニラは食感と色を良く仕上げるために、最後に加えます」(工藤シェフ)

ニラを手で掴んで回すようにして5cm程の長さにちぎり、鍋に加える。ニラに火が入ったら完成。

「お好みで一味唐辛子をかけてお召し上がりください」(工藤シェフ)

工藤淳也シェフのお店「銀座くどう」

上質な空気がながれていながらどこかホッと落ち着ける心地よい店内。中庭のある個室や、店主の顔が見える個室など、6名席が1つと4名席が2つある。(店内・料理写真提供:銀座くどう)
シンプルでありながら華を感じるお料理たち。素材の味をきちんと楽しめるよう、料理はそれぞれ1、2つの食材で構成されている。夜2万2000円(11月より2万3000円)、昼8000円と1万2000円。

2017年10月オープン。1日限定3組のみの、完全予約制。前身となる姉妹店の「徳うち山」より、よりハイクラスなお料理を個室でゆったりと楽しめる。「コースを最後まで楽しんでいただけるよう、お客様に合わせてお料理を提供しております」(工藤シェフ)

(取材メモ)缶詰を使って作ったとは思えないほど、上品なお味の一品!淡白な味の豆腐にしっかり旨味が効いたあんが絡み、コーンの出汁と、ニラの香りもとてもよく合います。調味料も醤油とゴマ油のみなのも助かります。もう一品欲しいときや、食欲がないときなどにオススメのレシピです。

取材・文=高見里依/ムービー撮影・編集=福田栄美子/ムービー編集=福田百花

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載