「食は人を良くすると書く」を地で行く焼肉屋が金沢に!/石川

特集

【特集・第3回】地元人が推薦! グルメ甲子園 〜 焼肉編 〜

2018/11/03

「食は人を良くすると書く」を地で行く焼肉屋が金沢に!/石川

オススメの料理やお肉の説明、素材の話はもちろんだが、実は話題のほとんどは「人」について?

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

和牛のことをもっと知ってほしい、そんな想いがいっぱい詰まった店

和牛中心の高級焼肉が、くつろぎ空間で気軽に味わえて大満足

かつて能登で親族が始めた焼肉屋で手伝いをしていた少年が大人になり、金沢の隣町で始めた「スタミナ軒」。使いやすさとクオリティの高さで10年来愛されている店。

今回紹介するのはその姉妹店「徳三」なのだから期待しても大丈夫。そんな軽い気持ちで取材に出向いたのだが……。

この店が愛されるポイントはそこだけじゃなかった!

店の切り盛りをする店長。料理はもちろん、肉の仕入れから携わる
店長 橋本さん
店長 橋本さん
「焼肉店は、自分たちにとってはコレしかない、唯一無二の存在。この仕事を『和牛道』『焼肉道』と捉え、その道を邁進したい。それが守らなくてはいけないものであり、務めなんです」

開口一番、このような言葉が出た。

いいものを提供することに抜かりはないが、実は手軽に利用できる価格設定
橋本さん
橋本さん
「お客様には、肉のことをもっと分かってほしい。特に和牛のことを。なぜ美味しいか、なぜ体にいいか、ちゃんと理由があるんです」
牛のモニュメントが目印。駐車場も十分な広さ

等級はもちろん、牛の性別により品質に違いが出ることや、肉の部位の味が変わることなどを教えてくれた。特に輸入牛と国産牛の違いや、和牛のこと。ブランド牛の特徴などは専門家ならではの細かい視点が盛り込まれている。さすが牛のことなら聞いてくれ、というだけある。

この店長、熱血!

しかしよく話を聞いていると、どうやら単に知識が豊富なだけではなかった。周囲に対し、感謝の気持ちを普段から抱いている。人として美しい。

肉の質の良さは見れば分かる。脂が常温でじんわり。もちろん食べればハッキリ分かる
橋本さん
橋本さん
生産者を敬う気持ちを決して忘れてはいけないです。いくらカッコいい店を作って、偉そうなことを言っても生産者の方が頑張って、いい食材を用意してくれなければ、自分たちは何もできないんです」

普段関わっているのは、通常よりも出荷まで日数をかけるような生産者が中心

栄養が行き届き、ストレスフリーな環境で育った牛でなければいい肉にはならない、ということを知っているのだ。畜産業の中でも、特に手間暇をかける生産者はその仕事が割に合わずやめていく人が多いという。

その苦労を徹底して守っている生産者がいる。だからお客様に提供する段階で手を抜いてはいけないのだ。

行き着く先は一頭買い。納得の品質、素材を確実に確保
橋本さん
橋本さん
「牛をはじめとする生き物に命をもらって、自分たちが商売してるということを忘れてはいけないんです」

自信を持って勧めたいから、自分が買い付けにも携わり、納得できない場合は仕入れ先自体も探す

もちろん全てではないが、一頭買いも織り交ぜているとのこと。経営の視点ではデメリットもあるが、必要な部位を確実に入手できることや他の部位を無駄なく自由に使えることなどメリットも多いとか。

例えば店の人気メニューにカレーやハンバーグがある。これを作れるのは、自由に使える材料があるから。ロスなく最適な部位を最適な料理に使えることは大きなアドバンテージだ。

高級な部位でも形や大きさが提供できるレベルで確保できなければ材料になるらしい。「和牛カレー」(950円・税抜き)

実際に食べてみれば驚く。言葉が適切ではないかもしれないが、専門店レベル。しかもお手頃価格

常連さんは必ず注文する「ローストビーフ」(990円・税抜き)
橋本さん
橋本さん
「提供しているものに自信があります。だから、お客様が他の店に行っても、必ずといっていいほど戻ってきてくれます」
お食事ものが欲しければ迷わずコレ。「和牛あぶり寿司」(5貫1150円・税抜き)

ふと頭に浮んだ下世話な疑問。「手頃な価格で提供しているお食事メニューで、お客様がおなかを膨らませると良くないのでは?」との問いを一蹴。

橋本さん
橋本さん
美味しいものを食べてほしいんだから、用意できる一番いいものを用意する。それでお客様に喜んでいただけるならなんでもいい。お食事メニューかどうか、売れるか儲かるかなんて関係ない」

変なこと聞いてごめんなさい。

素材の良さは必ず料理に表れる。「和牛ハンバーグ」(1100円・税抜き)
お肉はもちろんホルモンもオススメ。新鮮良質だから苦手な人でも大丈夫
網は遠慮なく交換をお願いして!

お店のルール(?)に「子供連れの方が最優先」。これには理由がある。親が食べたいものを食べてお酒を飲むのに子供が付き合わされて我慢させるようなことがあってはいけない、というのだ。

だからお店のスタッフは、どんなに忙しくても小さな子供の相手をしてくれる。店には洗浄消毒までしてあるオモチャが多数用意してある。でも、このルールは他のお客様にも守ってもらうよう協力を仰ぐ必要はなさそうだ。お店に来ているお客様はみんなもう分かっているから。

居心地の良さは、見た目の造りだけじゃないと気付くはず
橋本さん
橋本さん
「先日のお客様の例をひとつ。お店のオープン以来の常連さんで、驚いたことに95歳。ここで焼肉を食べると体の調子がいいのだとか。だから定期的にいらっしゃいます」

家族にも勧め、一緒に来る。みんな上機嫌ということです。

「食」は「人を良くする」と書く

美味しいものを食べると嫌なことを忘れて頑張れる。店を訪れて最初に感じたことだが、スタッフ同士の距離感が非常に近い。単に仲がいい、というのとも少し違う。

よく見ていると、なんだかお客様もスタッフとの距離が近い気がする。来ているお客様は、家族連れはもちろん、仕事関係の人同士だったり、カップルだったりとさまざま。でも、それぞれの関係がとても良好な気がする。なんだそういうことか。食は人を良くする。

Yahoo!ロコ焼肉 徳三
住所
石川県金沢市八日市4-334

地図を見る

アクセス
野々市(北陸本線)駅[南口]から徒歩約17分
西金沢駅[出口]から徒歩約19分
新西金沢駅[出口]から徒歩約20分
電話
076-249-2921
営業時間
17:00~23:00
定休日
木曜
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/和牛のことをもっと知ってほしい、美味しいものを食べてほしい、お店でくつろいでほしい、そんな想いが詰まった店。

取材・文・撮影=otto

次週、11/10(土)は全国の焼肉編 第4弾を掲載!

地元人が通う、一度は行きたい焼肉店。次週11/10(土)は茨城、長野、三重などのこだわりの店主が営む焼肉店を紹介予定! お楽しみに‼︎

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES