国産肉のうま味をリーズナブルに楽しむ草津の名物焼肉店/群馬

国産肉のうま味をリーズナブルに楽しむ草津の名物焼肉店/群馬

2018/10/20

肉好きの観光客が草津に訪れるたびに立ち寄るという「焼肉 吾妻」。湯煙が舞い上がる湯畑の眼前にありました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

食堂からスタートした、3代続く草津の名物焼肉店

日本三名泉のひとつで、毎分4000リットルの温泉が湧き出る草津温泉。

そのシンボル的存在である「湯畑」の目の前に店を構える「焼肉 吾妻」は、東京オリンピックが開催された1964(昭和39)年に大衆食堂としてオープン

地元をはじめ、観光客の胃袋をつかむ名店として知られています。

東京の名店で修業した店主が掲げる、国産和牛へのこだわりとは

煙突型のダクトを設置したレトロな店内。煙を気にすることなく焼肉が思う存分楽しめます

店主の徳山さんは現在3代目。20代の頃に東京麻布の有名焼肉店で修業し、草津へ帰郷

実家がやっていた大衆食堂を受け継ぎました。ラーメンや定食が中心でしたが、祖父が精肉店を営んでいたこともあり、約30年前から国産和牛の焼肉メニューを充実させていきました

店主 徳山さん
店主 徳山さん
「ここは温泉街で観光客も多いから、いろんなものを食べたいってなるでしょ? だから多彩なお食事をできるだけリーズナブルに提供することを第一に考えています。国産和牛にこだわっているのは、単純にほかの肉よりも美味しいからですよ(笑)」
きれいにサシが入った「厚切りロース(200グラム)」(3900円/手前)は数量限定

こちらの店では、全国選りすぐりのブランド肉を手頃な価格で用意。何よりもお客さんに満足してもらうことをモットーに掲げています。

現在では牛肉だけでも部位別に20種類ほどのメニューがずらり中でもA4・A5クラスの国産和牛の「厚切りロース(200グラム)」は徳山さんおすすめのメニュー。霜降りリブロースの芯の部分を贅沢な厚切りで楽しめます。

先代から受け継いだレシピを忠実に守る2種類の揉みダレ。奥の味噌ダレはホルモン用です

焼肉の味を決める自家製の揉みダレは、酒を隠し味にほんのり甘めに仕上げた醤油ベースと、辛みと風味が際立つ味噌ベースの2種類を用意。肉そのもののうま味をダイレクトに味わうなら、塩やワサビでシンプルに食べてみるのも一興です。

炭は店内にあるタンドール窯で管理。冬はストーブ代わりにもなるんです

店内には、インド料理でタンドリーチキンやナンを焼くときに使う壺形の窯「タンドール」があります。中をのぞくと赤く輝く木炭がぎっしり

「炭火のほうが肉のうま味を中に閉じ込めて焼けるし、焼きムラもないから断然うまいんだよね」と徳山さん。ここにも店のこだわりが垣間見えます。

焼肉店だから食べられる、人気の「カルビラーメン」

肉のうま味がたっぷりの「カルビラーメン」(950円)は飲んだあとの締めにもぴったり

焼肉店ではあるものの、実はラーメンも人気のメニューのひとつ。そもそも「温泉に浸かってからお酒を飲むお客さん向けのメニューはないか」と考案した「カルビラーメン」。

カルビクッパの特製ダレをベースに、鶏ガラを加えてまろやかさを引き出したスープが完成。辛味噌のコク深いスープの味わいがお酒の締めにもぴったりで、今ではこのメニューを目当てに遠方から訪れるお客さんも多いとか。

コチュジャンなど、店オリジナルのタレに漬け込んだカルビクッパの素がこれ

一年中行列が絶えない! 評判の焼鳥は20種類以上

軒先にある焼鳥コーナーは常に行列。湯畑周辺を散策する前に購入する人も多いとか

35年前には店先に、焼鳥を販売するコーナーを設置。湯畑周辺を散策する観光客の食べ歩きメニューとして注目され、毎日できる行列は草津名物のひとつに。

生ビール(500円)や地酒「草津節」(540円)と一緒に、湯畑の足湯に浸かりながらのんびりいただくのは、ここ草津ならではの贅沢な時間の使い方です

焼鳥のメニューは20種類以上。注文後焼き上げるのでアツアツがいただけます

焼鳥は、手羽先やかしらなど1本150円から販売。鶏肉のほかにも和牛ステーキ串(980円)やゲタカルビ串(450円)、牛スジ串(160円)などの牛肉メニューや、コラーゲンたっぷりの豚足串(160円)といった変化球も

たびたび草津を訪れる人たちを飽きさせないため、種類を増やしていったんだそう。

情緒あふれる湯畑周辺を、焼鳥片手に散策するのもアリですね
店先にかかるのれんには「ギョーザ」の文字も。強めのニンニクがあとをひく味わいとか

食材を無駄にせず、どれだけお客さんにいいものを食べてもらえるか

肉愛にあふれた店主・徳山さんの人柄を慕う有名人も数多く訪れます

草津という人気の観光地で長年お店を続けるにあたり、さまざまな苦労もあったといいます。

「お客さんにどれだけ美味しいものをお得に食べてもらえるか、という気持ちを常に持ち続けています。だから肉でも野菜でも使える部分は無駄にせず料理に使って、お客さんに値段と味で還元できるようにしているんですよ」

徳山さん曰く、戦後の物のない時代に育ったので、物を大切にする価値観が未だに残っているとか。

お店は家族経営。店主自ら調理場に立ち、腕をふるうこともあります
徳山さん
徳山さん
「接客業とは、お客さんから影響を受けて自分を育てることだと思います。生きた経済学とでもいうのでしょうか。草津に来たら『吾妻』に行ってみようと思わせるような魅力ある店にしていきたいですね。味も値段も」

取材メモ/街に一歩入ると独特な匂いと湯煙に包まれる幻想的な草津温泉。今回取材に行った「焼肉 吾妻」は、草津の湯畑の本当に目の前にあり最高のロケーション!  昼間食事に行ってもよし、一杯飲んでから立ち寄るのもよし、小腹が空いたら行ってもよし、と活用方法がいろいろありそうな店でした。草津のお湯に浸かったら、店主厳選の肉を好きなだけほおばる。草津の新しい楽しみ方が見つかりました。

取材・文・撮影=吉岡啓雄

次週、10/27(土)は全国の焼肉編 第2弾を掲載!

地元人が通う、一度は行きたい焼肉店。次週10/27(土)は福島、新潟、高知などのこだわりの店主が営む焼肉店を紹介予定! お楽しみに‼︎

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載