「君の名は。」監督の出身地 長野県小海町の絶景に酔う

2018/10/09

「君の名は。」監督の出身地 長野県小海町の絶景に酔う

519種類。これは「白駒の池」で現在確認されているコケの数だ。「かなり貴重なコケもあるんですよ」と言うのは、「北八ケ岳苔の会」会長で、山小屋「青苔荘」を営む山浦清さん。6~10月は、苔ガイドも行っている。実際、白駒の池を一周するとさまざまな表情のコケに出合え、飽きない。

日刊ゲンダイDIGITAL

日刊ゲンダイDIGITAL

吉永小百合さんのJR東日本のCMのロケ地

吉永小百合も触れたかも

白駒の池の紅葉は赤や黄色が重なり、本当に素晴らしい。「日の出と共に写真を撮る方がたくさんいます」とは、大正11(1922)年創業の山小屋「白駒荘」の辰野廣茂さん。出す料理は、辰野さんが慈しみ育て収穫したもの。珍しい野菜も多く、これを楽しみに来る常連客も多い。

紅葉シーズンは9月下旬から10月上旬

白駒の池と並んで紅葉を堪能できるのは松原湖(※トップページの写真)。今回、松原湖のほとりの「リゾートイン立花屋」に宿泊。1日目は白駒の池、八岳の滝、標高1706メートルから佐久平を一望できる「レストハウスふるさと」を巡り、2日目は松原湖を散策した。

小海町観光協会長の鷹野圭太さん(リゾートイン立花屋社長)によれば、松原湖は“神様たちのすむ湖”で、貴重な植物が昔から伐採されずに残っている。ゆっくり歩いても1周1時間。鳥の鳴き声が耳に心地よい。木々が色づき始めれば、より至福の時間を過ごせるだろう。

新海誠監督が生まれ育った町を歩く

インスタ映えする吊り橋

小海町は、大ヒット映画「君の名は。」の新海誠監督が生まれ育った町でもある。時間が許せば歩いて見て回り、「もしかして」という場所を探してはいかが?

記者は、小海町役場でもらった「ウオーキングマップ松原湖エリア3コース」を参考にした。イチ押しは松原湖、大月湖、長湖を回るコース(4.3キロ、約60分)。八ケ岳を眺め、一面に広がる高原レタス畑からの風を受け歩けば、気分爽快。途中、吊り橋もある。汗をかいたら「北八ケ岳松原湖温泉 八峰の湯」でサッパリと。

おススメは「星空の湯」

小海町は標高が高いため、天体観測に適している(斉藤尚敏氏撮影)

温泉では、「小海リエックスホテル」の「星空の湯」もいい。10月12~14日に開かれる小海町の祭り「北八ケ岳小海・星と自然のフェスタ2018」の会場もリエックスホテル前。今から予定を立てよう!

リエックスホテルにはヤギの赤ちゃんが!

最後に、お土産を買うなら、小海町農産物加工直売所「プチマルシェこうみ」、ジャムなどを扱う「たかちゃん・ふぁーむ」、長野県内の酒がそろう「酒舗 清水屋」へ。酒好きは、清水屋で狂喜するだろう。

(取材・文 和田真知子)
2018年8月29日掲載
※情報は取材時点のものです

この記事を書いたライター情報

日刊ゲンダイDIGITAL

日刊ゲンダイDIGITAL

株式会社日刊現代が発行する夕刊紙「日刊ゲンダイ」および、公式サイト「日刊ゲンダイDIGITAL」には、旅やグルメ、レジャーなどの“おでかけ情報”が満載。好奇心旺盛な記者や専門家が実際に現地に出向いて取材し、本当にオススメできる選りすぐりのスポットを紹介します。

日刊ゲンダイDIGITAL が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES