たまごの魅力を伝える愛知・常滑の養鶏農場のNEWキッチン

2018/10/09

たまごの魅力を伝える愛知・常滑の養鶏農場のNEWキッチン

愛知・常滑市のたまご農家が、たまごの素晴らしさを伝えたくてオープンしたNEWスタイルのキッチン。たまご農家プロデュースだからこそ実現した、絶品のオムライスやフレンチトーストを味わってみて。

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

新たな美食を求めて農家レストランへ

窓のすぐ外には、畑と芝生の緑あふれる空間が広がります

2018年6月9日にオープンしたNEWスタイルのキッチン『たまご農家のキッチンレシピヲ』。
こちらは、たまごプリンやシュークリームが大人気の直売所『ココテラス』を運営している、常滑市の養鶏農場『デイリーファーム』がプロデュースするお店。

主任の神谷泰生さん

お店のコンセプトは、ファーム自慢のたまごを毎日の食卓に取り入れて、キッチンをもっと楽しくすること。
たまご農家プロデュースだからこそ実現した、絶品のオムライスやフレンチトーストなど、さまざまな料理を通して、たまごのことをもっと知るきっかけになればとの思いからお店をオープンしました。

木のぬくもりが感じられる明るい店内

大きな窓から望む緑をバックにした心地良い店内で、たまご農家ならではの料理やスイーツが味わえます。

「ふわふわたまごのオムライス」は、たまごを贅沢に4個分使用

「ふわふわたまごのオムライス単品」(890円 税抜)、「農家サラダセット」(+300円 税抜)

看板メニューの「ふわふわたまごのオムライス」は、たまごを贅沢に4個分使用。牛乳、生クリームを一切使っていないので、たまご本来の味わいを堪能できます。

また、この時期おすすめなのが、きのこの王様イタリア産ポルチーニと、旬のきのこがたっぷり入った、秋限定の「ポルチーニ茸のクリームシチューオムライス」(1350円) 。特製クリームシチューとともに味わって。

外はカリッと香ばしく、中は濃厚なカスタードクリームがたっぷり

「レシピヲのフレンチトースト」(900円 税抜)

スイーツは、14:00から提供の「レシピヲのフレンチトースト」もおすすめ!外はカリッと香ばしく、中は濃厚なカスタードクリームがたっぷり。

この時期限定の「秋のスペシャルフレンチトースト」(1200円)もぜひ、味わいたい。秋に収穫される、くるみと知多半島産のいちじくを贅沢に使用。キャラメルとの相性も抜群です。

そのほかに、「秋のいちじくパフェ」(980円)や、「秋のスペシャルマロンパフェ」(1100円)も、秋にしか出合えないハーモニーを満喫できます。
※メニューの価格は全て税抜き価格です。

お店にある展望台からは、伊勢湾を臨むことも

常滑らしさをイメージした煙突

お店にある煙突は展望台になっていて、のどかな風景と、遠く伊勢湾を一望できます。

こちらでは店頭でレシピも配っているので、食事の後は『デイリーファーム』のたまごを購入し、自宅に帰ってから美味しいたまご料理を作ることもできます。

たまご農家プロデュースならではの絶品オムライスやスイーツをぜひ、味わってみては。

Yahoo!ロコたまご農家のキッチン レシピヲ
住所
愛知県常滑市大谷芦狭間249249-1

地図を見る

電話
0569-36-7060
営業時間
月~水,金~日 10:00~17:00
定休日
毎週木曜日、毎月第1水曜日、毎月第3水曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

NAGOYAMAG

NAGOYAMAG

20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開。NAGOYAMAGはより深く、よりリアルな情報をネット配信しています。

日本プリコム

日本プリコム

お客様の”これが欲しかった!”をお届けします。 お客様の”これが欲しかった!”をご提供するため、編集、デザイン、DTP、WEB、ITツールを駆使して、ニーズに合ったモノづくりをしていきます。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

定番から通なスポットまで、より深く、よりタイムリーに情報配信。 20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開しています。

NAGOYA MAG が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES