昭和26年創業、老舗おでん屋の3代目が受け継ぐ伝統の味/福島

特集

【特集・第2回】地元人が推薦! グルメ甲子園 〜 おでん編 〜

2018/12/01

昭和26年創業、老舗おでん屋の3代目が受け継ぐ伝統の味/福島

創業68年目を迎え、長きにわたり愛され続けてきたおでん専門店「たこ寅」をご紹介。毎日つぎ足す、香り高いダシが自慢。(「シティ情報ふくしま」)

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

定番品から変わり種まで、上品なダシが香るコク深いおでんが並ぶ

盛り合わせメニューの一つ「健康美食盛り合わせ」(1620円)

ふんわりとやさしいダシの香りに誘われ、続々と客が来店してくる。定番人気はもちろん、ダシが染みた「湯葉」や油揚げに包まれた「きつねうどん」など、種類豊富なおでんがそろい、どれもお酒との相性は抜群。カウンターでしっぽり飲むもよし、みんなで大皿を囲むもよし。老舗ながら気軽にふらりと立ち寄れる雰囲気が魅力だ。

3代目店主・松本朋己さん

昭和26年、「たこ寅」開店

初代店主は、現店主の祖父・松本克巳さん。戦後、生計を立てるため飲食店を始めることを決意し、地元・北海道の小樽市内の飲食店にて修業を行う。知り合いの紹介を通じて昭和26年、福島市に「たこ寅」を開店。元々、福島市には縁がなかったというのだから驚きだ。創業当時から今に至るまで67年間、おでん専門店としてこの地に根付いてきた

福島市飯坂町にある「医王寺」の杉を使った一枚板のカウンターも創業当時のもの

昔ながらの製法を守りながら、より良いおでんを目指す

「自分が生まれ育った店を守りたい」と、3代目として店を継ぐ決意を固めた現店主・松本朋己さん。2代目である父と共に店に立つが、親子だからこそ言えないこと、聞けないことがあったり、ぶつかったりすることもあったそう。同業者から教わることも多かったという。2001年から、朋己さん自ら店を切り盛りするようになった。6年前には、ダシの改良に挑戦

カツオ節やサバ節を砕いた状態でブレンドしたもの
店主 松本さん
店主 松本さん
「ウルメイワシ節、本ガツオ節、ソウダガツオ節、サバ節、日高昆布の5種類を使っています。醤油を使わないので、澄んだ色の、香りが高いダシに仕上がります
ダシに使う日高昆布
松本さん
松本さん
ダシを変えることに抵抗はあったんですけど、よりおいしいものを作りたかったので。常連のお客さんはすぐ気付いてくれましたし、『おいしくなった』と言ってくれました。うれしかったですね」
仕込み中のおでん鍋

味わいは新しくなったものの、毎日ダシを継ぎ足して使うという創業当時からの製法は変えていない。一番出汁を継ぎ足し、塩で味を調える。芳醇な香りと深いコクを損なわないためには、丁寧な管理が必要だ。

具材を鍋に投入していく

2016年、店舗を大幅リニューアル

2016年に、外観、内装を一新。真新しくなった見た目に、新店と思って入店してくる人も多かったという。

「おでん」と大きく書かれた看板が目印
松本さん
松本さん
「常連さんから『味は確かだけど、一見さんは入りにくい雰囲気があるよね』と言われたことがあったんです。おでん自体を変えるつもりはなかったので、改装することに。リニューアルしてからは、若いお客さんや女性の方も多くなりました
地酒以外にも、様々な土地の日本酒がずらり

店主の日本酒好きが高じて、日本酒の品ぞろえが多いのも特長。地元・福島県の地酒を中心に、おでんに合うものを厳選している。ダイコンやはんぺんなどさっぱりとした具材には、澄んだ香りの「奈良萬」や「会津中将」、旨みの強い肉系の具材には、芳醇な香りの「大七」や「国権」を推奨。福島県が誇る日本酒の数々を、自慢のおでんとともにじっくりと味わってほしい。

温かみを感じる店内。カウンター越しの鍋からダシの香りが漂う
Yahoo!ロコたこ寅
住所
福島県福島市新町1-2

地図を見る

アクセス
福島(福島県)駅[東口]から徒歩約8分
曽根田駅[出口]から徒歩約12分
美術館図書館前駅[出口]から徒歩約22分
電話
024-522-3626
営業時間
17:30~23:30(L.O22:45)
定休日
日曜
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/「変えるべきところは変えて、守るべきところは守る」と仰っていた松本さん。おでん作りに対する信念と、長く続いてきた店への愛情を感じました。家庭やコンビニでも気軽に味わえますが、丁寧に作られた「たこ寅」のおでんは別格! 福島市にお立ち寄りの際にはぜひ。

取材・文=鈴木菜津美 撮影=矢野真綾

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売、定価450円

福島県福島市を中心とした県北エリアで販売しているタウン情報誌。外食や買い物、イベント情報など、読者の毎日をもっと楽しくするお出かけ情報を掲載。毎日情報を更新する「日刊シティ情報ふくしまWeb」配信中。

次週、12/8(土)は全国のおでん編 第3弾を掲載!

地元人が通う、一度は行きたい焼肉店。次週12/8(土)もこだわりの店主が営むおでんの店を紹介予定! お楽しみに‼︎

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES