寿司を片手に日本酒を──神田の回転寿司でコスパ最強飲み

特集

先週の人気記事 TOP10 (10/22~10/28)

2018/10/25

寿司を片手に日本酒を──神田の回転寿司でコスパ最強飲み

新鮮な魚介類とシャリが一体になった寿司。米から造られた日本酒との相性は抜群です。寿司をつまみに日本酒を飲むのは最高のひとときですが、どうしても気になってしまうのが値段。そこで今回は、東京・神田にある、お財布にやさしい庶民的な回転寿司屋で日本酒を楽しんでみました。

SAKETIMES

SAKETIMES

駅から徒歩20秒の好立地!

JR神田駅の北口を降りて、徒歩20秒。その日のおすすめが書かれた、にぎやかな看板が目に入ります。今回紹介するのは「回転寿司 江戸ッ子」です。

「回転寿司 江戸ッ子」の外観

その魅力は圧倒的な仕入れ力。豊富なネタの数々に、期待がふくらみます。

外看板に書かれたネタに胸が躍る

店を訪れたのは、休日の夕方18時ごろ。店内は満席で、10組ほどのお客さんが順番を待っていました。なんと半数以上が、外国人旅行客。お客さんの入れ替わりは早く、10数分で席に着くことができました。

毎日14時からやってる「ほろ酔いセット」

最初にオーダーしたのは「ほろ酔いセット」。名物の緑茶割りに「本日の目玉刺し(三種盛り)」が付いて、なんと490円!ワンコインでお釣りがくる、驚きの価格です。ひとり1セット限定なので、この店に来たら必ず注文したいですね。

気分で選べる豊富な日本酒メニュー

「回転寿司 江戸っ子」の魅力は、豊富な日本酒メニュー。この日の銘柄は全部で10種類。冷酒・ぬる燗・熱燗など、温度を指定することもできます。

パネルから温度帯も選択できます

・千歳鶴 純米
・沢の鶴 上撰
・杜氏の晩酌
・越の誉 超辛口
・浦霞 生一本
・司牡丹
・一ノ蔵 無鑑査本醸造辛口
・初孫 純米酒
・極上吉野川 吟醸
・八重垣 純米

「一ノ蔵 無鑑査本醸造辛口」

「一ノ蔵 無鑑査本醸造辛口」を注文。キリッとした辛口タイプで、魚の脂をさっぱりと洗い流してくれるので、寿司との相性が抜群でした。

新鮮な魚介類と充実したおつまみ

日本酒のアテに、他の料理も頼んでみましょう。まずは「大漁6点盛り」から。

「大漁6点盛り」

ネタがはみ出しまくっていますね。

「ネギ塩のせサーモン」

こちらは「ネギ塩のせサーモン」。脂ののったサーモンが、粗めにおろしたネギの辛味によって引き締められています。どの寿司を食べても、回転寿司とは思えないほどの美味しさでした。

「うにクリームコロッケ」

「うにクリームコロッケ」は、練ウニを衣に包んで香ばしく揚げたもの。噛みしめた瞬間に溶け出すウニの食感がたまりません。

「アラ煮」

今日の〆は「アラ煮」で。魚の種類はその日の仕入れ次第で変わるのだとか。あまじょっぱい煮汁が浸み込んだ身を骨から外しながら、日本酒をクイッと。大満足です。

お腹いっぱい食べて飲んで、ひとり3,000円。寿司と日本酒、最高のひとときをみなさんもぜひ体験してみてください。

取材・文/阿部絵里
編集/SAKETIMES編集部

おすすめ記事

この記事を書いたライター情報

SAKETIMES

SAKETIMES

月間20万人が訪れる日本酒専門WEBメディア。日本酒の魅力の“伝え手”として、専門用語の解説から、日本酒にこだわるお店の紹介、お酒の楽しみ方解説、酒蔵の奥深いストーリーなど、様々な日本酒情報を毎日配信しています。

SAKETIMES が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES