旅サラダ・ヒロド歩美が食レポ!長野・安曇野市の絶品グルメ3選

連載

旅サラダ・ヒロド歩美が全国の飲食店を突撃取材!【Vol.21~】

2018/10/18

旅サラダ・ヒロド歩美が食レポ!長野・安曇野市の絶品グルメ3選

土曜の朝の旅番組『朝だ!生です旅サラダ』。この番組の「ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅」は、ABCテレビアナウンサー・ヒロド歩美さんが日本各地の飲食店を突撃取材する人気コーナーだ。同コーナーでヒロドさんが訪れた店を紹介するグルメ連載。第30回は長野・安曇野市のグルメをチェック。

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

▼ダイジェスト動画はコチラ!

わさび丼、ガレット、リンゴナポリタン。安曇野市でしか味わえないグルメを堪能

今回ヒロドさんがやって来たのは、長野県の安曇野市。日本有数の名水の里から、“コレうま”なグルメ探しの旅、スタート!

「長野県安曇野市にやってまいりました」(ヒロドさん)
「ご覧の通り、名水が流れる場所なんです」(ヒロドさん)
「おいしいお水があれば、おいしいものがある。絶対そう!」(ヒロドさん)
「まずはこれを飲みたい(笑)」(ヒロドさん)

\安曇野市で見つけたグルメ3選/
1.日本最大級のわさび農場で味わう絶品丼
2.信州のそば粉を使った大満足のガレット
3.ほのかに甘くておいしいリンゴナポリタン

1.日本最大級のわさび農場で味わう絶品丼

「大王わさび農場」

最初にやって来たのは、安曇野市の特産物・わさびを栽培する日本最大級の農場「大王わさび農場」。約15ヘクタールの広大なわさび畑では、北アルプスの雪解け水によって育まれた上質なわさびが採れる。今回は特別に畑を見せていただくことに。

 
「大王わさび農場」では、国産わさびの約10%が作られるのだとか
「うわ〜、生い茂っています!」(ヒロドさん)
「お、お、お? これですか?」(ヒロドさん)
「いきます!」(ヒロドさん)
「ぐわ〜、ハハハ。採れました!」(ヒロドさん)
「(わさびの断面を見せて)こんな感じ」(農場の方) 「ほら〜、キレイ!」(ヒロドさん)
「なんていうんですかね、このキレイな薄いグリーン!」(ヒロドさん)
「いただきます」(ヒロドさん)
パクリ
……
「ハ〜!」(ヒロドさん)
「うわっ、爽快感がすごいです!」(ヒロドさん)
「例えば、こういうことはないと思うけど」(農場の方)
「こんな風にして食べちゃって」(農場の方)
「食べちゃっても……(絶句)」(農場の方) 「あ、あれ? さすがに、さすがに? ハハハ!」(ヒロドさん)
わさびの食べ過ぎにはご注意を
そんな、わさびを使った名物料理があるそうで……

農場内にあるレストランでは、わさび漬けと本わさびをぜいたくにのせた名物メニュー「本わさび丼」が味わえる。

「お待たせいたしました」(スタッフの方) 「ありがとうございます。わさび尽くし!」(ヒロドさん)
「本わさび丼」(980円)
かつお節がのったご飯に、擦りたてのわさびと醤油(しょうゆ)
そして、わさびの茎のお漬物をトッピング
「あああ! 香りがすごい立っている感じがするんですよ!」(ヒロドさん)
「では、いただきます」(ヒロドさん)
「うん!」(ヒロドさん)
「う〜ん!」(ヒロドさん)
ヒロドさん
ヒロドさん
「ほのかに喉の奥にいいアクセントが来るんですよ!」
「おいしいですね」(ヒロドさん)
「うまい。すごくうまいこと言ってくれた」(農場の方) 「本当ですか? 100点でした?」(ヒロドさん)
「100点」(農場の方) 「ありがとうございます(笑)」(ヒロドさん)

さらに、こちらの農場にはわさびが入ったユニークなソフトクリームがあるそうで……。

「わさびソフトでございます」(スタッフの方) 「ありがとうございます!」(ヒロドさん)
「本わさびソフトクリーム」(360円)
「いただきます」(ヒロドさん)
「おいしい!」(ヒロドさん)
ヒロドさん
ヒロドさん
「甘いですよ! あ、でもわさびです。甘〜いツーンってわかります?」
「辛くない、甘いです!」(ヒロドさん)
Yahoo!ロコ大王わさび農場
住所
長野県安曇野市穂高3640

地図を見る

アクセス
穂高駅[出口]から徒歩約33分
柏矢町駅[出口]から徒歩約36分
有明(長野県)駅[出口]から徒歩約53分
電話
0263-82-2118
営業時間
9:00~17:20(11月~2月 9:00~16:30)
定休日
年中無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

2.信州のそば粉を使った大満足のガレット

「ブレ・ノワール」

続いてやって来たのは、信州の特産物・そば粉を使ったガレットの専門店「ブレ・ノワール」。この店の人気メニュー「食いしん坊のお嬢さん」は、チーズ、ベーコン、卵などがたっぷりのった大満足のガレットだ。

「ブレ・ノワール」
店名の「ブレ・ノワール」は、フランス語で「そば」という意味
ランプがともるシックな店内
「『食いしん坊のお嬢さん』です」(スタッフの方) 「これは食いしん坊ですね(笑)」(ヒロドさん)
「食いしん坊のお嬢さん」(1300円)
付け合わせのサラダには、地元で採れた野菜を使用
卵の黄身を崩すと……
「あああ、とろっとろ!」(ヒロドさん)
ヒロドさん
ヒロドさん
「卵やハム、チーズに加え、たっぷりの野菜! 食いしん坊の私には、もうたまりません!」
「いただきます!」(ヒロドさん)
モグモグ
「ああ、うん!」(ヒロドさん)
「うふふ、おいしい!」(ヒロドさん)
「パリパリのガレットが、卵によって口の中にもうサーッと入っていく」(ヒロドさん)
「これは食いしん坊なお嬢さんです!」(ヒロドさん)
ヒロドさん
ヒロドさん
「なりましたね、食いしん坊なお嬢さんになりました!」
Yahoo!ロコブレ・ノワール
住所
長野県安曇野市穂高有明7686-1

地図を見る

アクセス
穂高駅[出口]から徒歩約56分
有明(長野県)駅[出口]から徒歩約60分
安曇追分駅[出口]から徒歩約61分
電話
0263-31-6969
営業時間
月木金 10:30~16:30 /土曜 10:30~LO.20:00 /日祝 10:30~LO.17:30
定休日
火・水(祝日は営業)
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

3.ほのかに甘くておいしいリンゴナポリタン

「レストラン アベ」

最後にやって来たのは、安曇野市のB級グルメが味わえる老舗の洋食店「レストラン アベ」。この店の看板メニュー「安曇野リンゴナポリタン」は、溶き卵を敷いた鉄板の上に、リンゴの千切りやジャムが入ったナポリタンがのった、味も見た目も楽しめる一皿だ。

「レストラン アベ」
地元の人々に愛される昔ながらの洋食店
「『安曇野リンゴナポリタン』です」(スタッフの方) 「えぇ!? すごい……!」(ヒロドさん)
「安曇野リンゴナポリタン」(650円)
野菜やベーコンにケチャップと安曇野産のリンゴジャムを加えて炒め
パスタと一緒に千切りのリンゴを絡ませたら出来上がり
「甘いナポリタンのいい香り」(ヒロドさん)
「いただきます」(ヒロドさん)
「う〜ん!」(ヒロドさん)
「初めていただくのに、なぜかこう、前にも食べたことがあるような、懐かしい味がする!」(ヒロドさん)
「ナポリタンのケチャップの甘さだけじゃない。リンゴの甘さが絶妙なんです!」(ヒロドさん)

さらに安曇野市には、もうひとつ名物が!

「はい、こちら信州サーモンのグリルです」(スタッフの方) 「こちらですか! うわっ、すごい。色とりどりでキレイですね!」(ヒロドさん)
「安曇野市でもう10年以上前に開発された、ニジマスとブラウントラウトを掛け合わせた魚です」(スタッフの方)
「信州サーモンのグリル醤油麹(こうじ)のせ」(700円)
信州サーモンの切り身に
自家製の醤油麹をのせて
じっくりと焼き上げる
安曇野産のわさびと一緒に
「いただきます」(ヒロドさん)
「うん、なめらか!」(ヒロドさん)
「醤油麹の香ばしい味もするんですが、このサーモンのうまみがジュワって出てきます」(ヒロドさん)
「お〜、極上!」(ヒロドさん)
Yahoo!ロコレストラン アベ
住所
長野県安曇野市穂高8148-6

地図を見る

アクセス
穂高駅[出口]から徒歩約28分
柏矢町駅[出口]から徒歩約35分
有明(長野県)駅[出口]から徒歩約55分
電話
0263-82-6047
営業時間
11:00~15:00/17:00~21:00
定休日
不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

構成/樋口和也(シーアール)

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

毎週土曜午前8時~放送

全国のグルメやおでかけスポットなど、多彩な旅のスタイルを提案する情報バラエティ番組。ヒロド歩美さんが全国の飲食店を突撃取材する「ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅」は同番組の人気コーナー。

この記事を書いたライター情報

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ) が最近書いた記事

SPECIAL