日常を盛り上げるプチ贅沢なパンで戸越銀座の魅力に迫る

特集

先週の人気記事 TOP10 (10/15~10/21)

2018/10/18

日常を盛り上げるプチ贅沢なパンで戸越銀座の魅力に迫る

商店街は日常生活の場であると同時に、街歩きを楽しませてくれる包容力も持っている。そこで、最近では海外からの旅行者にも注目されている東京エリアの商店街をシリーズでご紹介。第2回は、戸越銀座商店街でおいしいパンを訪ね歩いた。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

「戸越銀座商店街」ってどんなとこ?

平日は15時〜18時、日曜祝日も14時〜19時の間は歩行者天国となる。電線が地中化されているので歩きやすい

ここを越えると江戸から相模国(現在の神奈川県)に入ることから、「江戸越えの村」と呼ばれ発展した品川区の「戸越」。その東西に延びる戸越銀座通りの約1.3キロメートルにあるのが、関東有数の長さを誇る商店街の「戸越銀座商店街連合会(戸越銀座商店街)」だ。

商店街の案内には裏と表にマップが印刷されている。とにかく長い!

東急池上線・戸越銀座駅や、都営浅草線・戸越駅に隣接し、「商栄会」「中央街」「銀六会」の三つのゾーンにも及び、その歴史は1923年(大正12年)の関東大震災に遡る。

大きな被害を受けた東京下町や横浜の商店が集まったのが戸越銀座の始まりだが、震災後にアスファルト化される中央区の銀座で不要になった歩道のレンガを、低地で水はけが悪い戸越の通りに敷き詰めるためもらい受けることに。

1927年(昭和2年)に開業した東急池上線・戸越銀座駅の改札に面している

そのレンガを受け取った場所が銀座6丁目であったことから銀座との縁が生まれ、商店街の東地区を「戸越 銀座六丁目会」と命名。日本一の商業地である「銀座」のにぎわいにもあやかりたいという思いから「戸越銀座」と名づけられ、全国に約300ある「○○銀座」を冠する商店街の元祖となったといわれている。

そんな戸越の住人や集まる人々の日常食として愛されているのが、レベルの高いパンの数々。そこで今回は、戸越ならではの、デイリーかつちょっと贅沢な魅力あふれるパンの店を通し、戸越銀座の魅力を探ることに。

日本人の食卓に寄り添う田んぼからの贈り物

スポットその1:「田んぼのパン工房 米魂」(べいこん)

店主の富室毅(とみむろたけし)さん(右)とスタッフの松尾和恵さん(左)

中央街エリアにある「田んぼのパン工房 米魂」は、米の粉の「米粉(べいふん)」を活かしたグルテンフリーのパンを手がける専門店。

富室毅さん
富室毅さん
「長年大手のパン店で修業していました。独立を考え始めたころに米粉のパンが登場し、自分で作ってみたらとてもおいしかったので『これはいける』と思い、独立の原動力となりました」

ーーグルテンフリーの食品に注目が集まる中、米粉のパンの存在感も年々増しています。

米粉100%のパンのほか、米粉8:小麦グルテン2のパンも製造している
富室毅さん
富室毅さん
「米粉を選んだ大きな理由は、消化器への負担が軽くなるということ。お米中心の食文化を持つ日本人は、消化酵素がお米に最適化されているため、小麦を消化しようとすると長く腸に残ることで身体に負担がかかりがちになります。そのせいか、米粉のパンにしてから体調が良くなったと言ってくださる方が多いです」
一日に約500個のパンが焼き上がり店頭に並ぶ。お客さんがひっきりなしに訪れるのですぐに品切れになる種類も

ーー独立の場所に戸越銀座商店街を選んだ理由は?

富室毅さん
富室毅さん
「以前、目黒に住んでいたとき遊びにくる機会があって、活気があるところが気に入っていました。自分のパンを手に取ってくれるお客様と近い距離でパンを焼きたかったので、通りと店内の距離感が近いこの商店街を選んだんです」
添加物、保存料、化学的な増粘剤など一切不使用の「米魂グルテンフリー食パン」(一斤1000円、1/2斤500円、1枚100円、すべて税別)

ーー米魂の定番のパンを教えてください。

富室毅さん
富室毅さん
「ぜひ味わっていただきたいのが、『米魂グルテンフリー食パン』(一斤1000円+税、1/2斤500円+税)です。新潟県佐渡ヶ島で環境に負荷をかけない農法で育てられた、『朱鷺(トキ)と暮らす郷』産のこしひかりの粉で焼いてあります」

ーーもっちり感もしっかり感もあって、毎日食べても飽きそうにないおいしさです! 米粉のパンは小麦アレルギーの人の代替え品で、ボソボソとした食感だと思い込んでいました。

富室毅さん
富室毅さん
「小麦パンが膨らむのはグルテンのおかげですが、ご存知の通りアレルギーの原因にも。そこで当店ではグルテンの力を借りずにパンらしい口当たりを出すために、白神山地で発見された『白神こだま酵母』で仕込んでいます」

\米粉パン初体験にオススメ/
「キューブ プレーン」(写真手前:120円+税)

キューブ形の一口パン「キューブ プレーン」(写真手前:120円+税)と「奥:キューブ フィグ&アールグレイ」(180円+税)。特にプレーンは欅坂46の渡辺梨加さんもお気に入りだとか
富室毅さん
富室毅さん
「米粉パン未体験の方に喜ばれているのが、同じく『白神こだま酵母』と厳選した国産米粉で焼き上げた『キューブ プレーン』(120円+税)です」

ーー純粋なお米の香りとおいしさを感じます。いろいろなおかずに合いそうですね。

富室毅さん
富室毅さん
「小麦のパンと同じような洋食系はもちろん、和食に合います。完全無添加なので、赤ちゃんの離乳食にもぴったりなんです」
オーブンで焼く前の米粉のパン生地はしっとりすべすべ

ーー米粉に小麦をプラスしたパンも扱っています。

富室毅さん
富室毅さん
「こちらも厳選した国産の米粉8割に、2割の小麦グルテンを合わせたものを右側の棚に置いています。米粉パンのモチフワ感に加え、おなじみの小麦の香ばしさも楽しめます」
お客さんや通りの様子を感じながら作業できる工房は富室さんのお気に入り

ーー好みで選べるのはいいですね。

富室毅さん
富室毅さん
「一時は米粉100%のパンのみでしたが、『慣れ親しんだ小麦パンも作ってほしい』という地元の要望が強かった。食習慣は急には変えられないので、皆さんの食生活に寄り添うため、今は半々で作っています。」
多種多様なパンを手際よく仕上げてゆく

ーー地元の常連さんの特徴は?

富室毅さん
富室毅さん
「普段使いの主食でも味にこだわる方が多いですが、価格にはシビアかな(笑)。質の高い米粉や貴重な酵母で手間を惜しまず仕込んでいるのでどうしても割高になってしまいますが、『お手頃な戸越銀座価格』でご提供できるよう頑張っています」
餅のような不思議な食感の「玄米フランス」(180円+税)は、焙煎した玄米の全粒粉を使用した手のひらサイズのフランスパン

ーー米粉でフランスパンタイプも作れるとは驚きました。噛むほどにローストされた玄米の香ばしさが広がります。

富室毅さん
富室毅さん
「免疫力を高める効果があるとされる全粒の玄米粉『リブレフラワー』を使用しています。米粉は小麦と同じようにさまざまなパンを焼けることも魅力なんです」

\食べ歩きにはこれ/
「北極メロンパン」(320円+税)

埼玉と神奈川から散歩にきたというお二人は、食べ歩きにぴったりな「北極メロンパン」(320円+税)をおやつに購入
富室毅さん
富室毅さん
「戸越銀座の散策を楽しまれる方の食べ歩きにご用意したのが、米粉でふっくら焼き上げたメロンパンにフルーツ入りホイップクリームを挟んだ『北極メロンパン』(320円+税)。クリームはレモン味とパイン味の2種類です」
戸越銀座名物のコロッケと米粉パンのコラボが楽しみたいなら、選び抜いた牛肉入りポテトコロッケを使った「コロッケサンド」(220円+税)をチョイス

「農村を訪れると、米作りが続けられずに荒れ果てた田んぼが目立ちます。米粉パンをより身近にすることで、日本の原風景である稲穂が実る田んぼを支えたいと思っています」と話す富室さん。米魂のパンは、パン通はもちろん、ご飯党にも体験してほしい、田んぼからの贈り物なのである。

田んぼのパン工房 米魂

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

300の試作でたどりついた生食パンが東京にも!

スポットその2:「ラ・パン戸越銀座店」

食パン愛がみなぎるマネージャーの北園望(きたぞののぞみ)さん(写真左)と、なぜか「ギンダマ」というあだ名のスタッフ・大桃凜(おおももりん)さん

2018年9月8日にオープンしたばかりの「ラ・パン戸越銀座店」は、大阪の関目店に続く2号店として東京に初出店を果たした「クリーミー生食パン」の専門店。

丁寧に袋詰めされお渡しを待つ「クリーミー生食パン」

ーーいい香りはするものの、肝心なパンの姿が見当たりません。「クリーミー生食パン」とはいったいどのようなパンなのでしょうか?

ラ・パン戸越銀座店マネージャー・北園望さん
ラ・パン戸越銀座店マネージャー・北園望さん
「毎日でも食べ飽きないよう、最高の香りと口溶けを目指して開発した食パンです。原料は主に、世界中から選び抜いた小麦粉と数種類の乳製品とハチミツを合わせたもの。優しい香りを楽しめるよう、卵やイーストフードは使用していないのが特徴です」
マネージャーの北園望さん。同店では一日に500〜700個のクリーミー生食パンを焼いているのだとか
北園望さん
北園望さん
「パンはそのまま店頭に並べると香りが飛びやすいので、あらかじめ包装してお客様にお渡しするスタイルなんです」

\サイズはS・M・Lの3種類/

提供するのは「クリーミー生食パン」のみで、サイズはS(1斤・440円)、M(1.5斤・660円)、L(2斤・880円)から選択できる

ーートングをカチカチ鳴らしながら選べないのは残念ですが、パン屋さんとは思えないスタイリッシュな店内ですね。扱う種類はクリーミー生食パンだけ?

北園望さん
北園望さん
これだけなんです」
「焼き立てももちろんおいしいのですが、生地を落ちつかせると甘味がグッと引き立ちます」(北園さん)

——潔いですね(笑)。サイズは3種類ですが、カットして調整しているわけではないのですね。

北園望さん
北園望さん
「いいところに気がつかれましたね。香りや風味が断面から逃げないよう、皮でカバーするためにそれぞれの型で焼き分けます」
「焼き立てを1時間ほど休ませてから丁寧に袋に入れます」(スタッフ・西村未歌さん)

ーー6枚切りなどのカットもしない?

北園望さん
北園望さん
「切り分けのご要望もいただきますが、味わいのためには譲れないこだわりなんです。先ほど焼いたパンが落ち着いてきたので、試食してみてください」

\生食パンの断面拝見/

柔らかさと絶妙なしなやかさを併せ持つ
北園望さん
北園望さん
「耳まで柔らかくても、腰折れはしない絶妙な張りのバランスで焼き上げています」
しっとりフワフワの断面からは、ほのかに甘く優しい香りが漂う

ーー華やかな味わいですが、日常使いしたくなる“食パンらしさ”もしっかり感じます。何もつけていませんが、シミジミとおいしいです。

北園望さん
北園望さん
「『そのままがおいしい』という感想が一番嬉しいです。300回以上試作を重ねてきたある日、試食したスタッフ全員を笑顔にした一本が完成しました。満場一致で『これだね』と決まったレシピがこの味わいなんです」

ーー大阪の店舗に続き、2店目にして東京初出店となりますが、なぜ出店場所を商店街、しかも戸越銀座を選んだのでしょうか?

「最終レシピにたどり着いたときは皆が笑顔になりました」(北園さん)
北園望さん
北園望さん
「関西でも戸越銀座は有名な商店街です。選んだ理由はいろいろありますが、一番大切だったのは、戸越銀座商店街を大阪流に表現すると“イケてる”からなんです」

——イケてる?

北園望さん
北園望さん
「『イケてる』には、“カッコいい”はもちろん、“本質を見極めるセンスがある”というニュアンスもあると思うんです。食パンは身近な食べ物ですが、うちのパンはこだわり抜いているだけに価格も安くはない。そういった本物の良さを理解し、長く愛してくれる方々が戸越には多いと感じたんです」
「大きめサイズを買ってフレンチトーストも楽しんでいます。柔らかいので、卵液につけたらすぐに焼くのがコツです」(スタッフ・山口杏菜さん)

ーー開店して1か月ほど経ちましたが、お客さんの反応はいかがですか?

北園望さん
北園望さん
「Sサイズをお試しになり、『おいしくて食べ足りなかった』と、大きなサイズでリピートしていただく常連さんも増えました。『お友達へのプレゼントにしたら喜ばれた』という嬉しいエピソードも伺っています」

戸越銀座を起点に東京のパン好きを魅了し始めたクリーミー生食パン。生ではもちろん、トーストしてもグッと風味と食感が出るという、戸越散歩の翌朝の食事が待ち遠しくなる逸品なのだ。

ラ・パン戸越銀座店

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


本物のアイリッシュシチューをソーダパンで

スポットその3:「巨人のシチューハウス」

オーナーシェフのアラン・フィッシャーさんは身長ジャスト2メートル!

「巨人のシチューハウス」は、アイルランド出身のアラン・フィッシャーさんが、母国に伝わる伝統的なケルト料理を提供するレストラン。2015年2月にオープン以降、戸越銀座商店街を代表する人気レストランとなった。

アランさんが手がけた内装は、アイルランドのシンボルカラーの緑で統一される

ーーアランさんが来日したきっかけは?

巨人のシチューハウス店主 アラン・フィッシャーさん
巨人のシチューハウス店主 アラン・フィッシャーさん
「アイルランドの大学でMBAを取得してから、2008年に政府のプログラムで日本のソフトウエアハウスで働き始めました。でもITの仕事はとてもタイヘン! 自分自身のビジネスをしたくて、2014年に日本で知り合ったアイと結婚したときに会社を辞めました」
「アイルランドの神話に登場する巨人は背が高い私のイメージにもピッタリ。だから『巨人のシチューハウス』と名づけました」(アランさん)
アラン・フィッシャーさん
アラン・フィッシャーさん
「私の日本語、ちょっとテリブル(ひどい)です。でも、話していることはだいたいわかります」

ーーペラペラなので大丈夫です(笑)。会社を辞めてからアイルランドに戻らなかったのは?

アラン・フィッシャーさん
アラン・フィッシャーさん
「アイルランド文化を広めることが私の夢でした。妻の宝飾ビジネスも成功しつつあったので、日本で何ができるかを考えたとき、母が作ってくれたアイルランドの伝統料理のシチューに対するパッションがよみがえりました。そこで、自分のスキルや予算で可能なことを158ページのビジネスプランに書き出したんです」

ーー158ページも!

オーストラリア産のラムを野菜とハーブで煮込んだクセのない味わい
アラン・フィッシャーさん
アラン・フィッシャーさん
「お店の候補を15軒ほど紹介されましたが、妻と散歩で訪れた戸越銀座が、地元の皆さんの人柄も含めて魅力的だと感じたんです。だから、まずは自分のアイデアを試すベータ版として、商店街で駅から一番離れたこの場所で店を始めることにしたんです」

ーーソーダパン(ソーダブレッド)がおいしいと聞いているので、シチューと一緒にいただけますか?

アラン・フィッシャーさん
アラン・フィッシャーさん
「もちろんです!」
アランさんのオススメは「アイリッシュラムシチュー」(900円)と「ソーダパン」(350円)

ーーシチューにはハーブが使われていて、どこか懐かしい優しい味ですね。

アラン・フィッシャーさん
アラン・フィッシャーさん
「シチューは世界中で愛される、長い歴史を持つ料理。アイルランド人の祖先でもあるケルト人は、紀元前17世紀ごろには『Spit』と呼ばれる銅製の大釜で肉や野菜にハーブを合わせた煮込み料理を作っていました」
アランさんお手製のソーダパンは毎日2回焼くほどの人気メニュー
アラン・フィッシャーさん
アラン・フィッシャーさん
「ソーダパンは、イーストで発酵させずにベーキングパウダーで膨らませたアイルランドのパンです」

ーー外側はカリカリ、中はしっとりでシチューによく合います。これは毎日食べても飽きそうもないおいしさです。

\季節限定シチューもいただきました/

ハロウィーンシーズン限定の「ポーク&パンプキン」(900円)。今後は「キノコ&チキン」や「ハム&ソーセージ」などを提供する予定
アラン・フィッシャーさん
アラン・フィッシャーさん
「定番シチューとは別に、季節ごとに入れ替わるシーズンシチューも用意しています。10月末まではカボチャを使った『ポーク&パンプキン』が楽しめます。ハロウィーンの起源はアイルランドのケルト人たちが、冬が始まる季節の変わり目を10月末日の夜に祝った『サウィン祭』だといわれているんですよ」

ーーハロウィーンがアイルランド発祥とは知りませんでした。ウイスキーの本場だけあって、アイリッシュ・ウイスキーもたくさんありますね。

アラン・フィッシャーさん
アラン・フィッシャーさん
「『uisce beatha(イシュケ・バーハ)』って早口で言ってみてください。『ウイスキー』と聞こえませんか? アイルランド語で『命の水』を意味するその言葉がウイスキーの語源。ウイスキーはアイルランドで生まれたものなんです」
アイルランドにある3つの蒸留所で作られるウイスキーを用意

ーーアイルランドのお酒といえば、ギネスビールが有名です。

アラン・フィッシャーさん
アラン・フィッシャーさん
「ギネスもおいしいですが、食事と合わせるには少しヘビーですよね。そこで、2018年から、私の実家の近くにあるクラフトビールブランド『ホワイトウォーター社』の醸造する『ベルファストラガー』と『マギーズ・リープIPA』の輸入代理店を始めました」
瓶がものすごく小さく見えますが、330ミリリットル入りなのでご安心ください

ーーアイルランドにもIPAやラガービールがあるんですね!

アラン・フィッシャーさん
アラン・フィッシャーさん
「『マギーズ・リープIPA』(900円)はアイルランドの伝説的ヒロインをモティーフにしたフルーティなエールビール。『ベルファストラガー』(900円)は最高級のザーツホップで醸造されたフルフレーバーのラガービールで、豪華客船のタイタニック号が製造されたベルファストの造船所をモティーフにしています。2種のビールは、ホワイトウォーター社の代表と日本で人気のビールを飲み比べて決めました」

ーー映画「タイタニック」ではレオナルド・ディカプリオがアイルランド人の役でしたよね。

アラン・フィッシャーさん
アラン・フィッシャーさん
「Yes! Yes!」
「マギーズ・リープIPA」(左)のラベルにはアイルランドの歴史的ヒロインが、「ベルファストラガー」(右)には豪華客船のタイタニック号が建造されたベルファストの造船所が描かれる
アラン・フィッシャーさん
アラン・フィッシャーさん
「今、スペシャルなソーダパンをオーブンに入れたので、焼けるまでこのビールを飲んでみますか?」

ーーぜひ! キレの良い「ベルファストラガー」はどんな料理にも合いそうですし、「マギーズ・リープIPA」はIPAですが苦すぎず、シトラスの香りが優しくて気に入りました。

切り分ける前の全粒粉のソーダパン
ソーダパン(写真右:1人前380円)と、添えられるルバーブのジャム(左:なくなり次第終了)もアランさんの手作り

ーー先ほどのプレーンはシンプルで美味でしたが、こちらはより香りが濃厚で最高です!

アラン・フィッシャーさん
アラン・フィッシャーさん
全粒小麦など5種類の粉を使っている特別なパンです。基本的には週末にサーブしていますが、平日でも予約の人数によってはご用意できるので相談してくださいね」

\戸越銀座の文士誕生!/

京浜東北線の中で2年間、毎週1000文字書いて完成させた「巨人の夢」
アラン・フィッシャーさん
アラン・フィッシャーさん
「自分のもう一つのビジネスは出版業。小説を書くことが大好きなので、通勤電車でスマホに書き溜めたファンタジー『A GIANT DREAM』をリリースしました。先日完成したばかりの日本語版『巨人の夢』も近日発売されます」

ーーITから料理人、インポーター、そして小説家と才能がマルチすぎます!

アラン・フィッシャーさん
アラン・フィッシャーさん
「伝統的なアイルランドの語り部は、民話を少しだけ自分流に書き換えていました。私もその流儀に従って、日本人である妻の国のファンタジーに登場する座敷童子を登場させているんです」
「『巨人の夢』は、『ハリー・ポッター』好きならきっと楽しめますよ」(アランさん)
アラン・フィッシャーさん
アラン・フィッシャーさん
「戸越銀座は商店街の人もお客様も親切な人ばかりで居心地がいい。将来はもう少し駅に近い場所に大きな店を持ちたいと思っています。それは2年後か10年後になるかはわからないけれど、今はこのお店を頑張ってwait and see(時期を窺う)いきたいですね」

来年はアイルランド料理の本の刊行も予定しているアランさん。アイルランドから戸越にやってきた巨人の作るソーダパンとシチューをお供に、未知なる文化をより深く理解するのも楽しそうだ。

巨人のシチューハウス

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


という訳で、戸越銀座商店街の散歩は無事終了。健康を考え材料を米へと深化させたパンもあれば、日常使いできる最高の食パンや、神話の国からやってきた伝統のパンにも出会うことができた。1.3キロメートルの商店街には、今回は紹介しきれなかった名店も存在するので、自分好みのパンをぜひ見つけにでかけてほしい。

【商店街コラム】

そのパンに合うコーヒー豆、10分でご用意!「コンパスコーヒー戸越銀座店」

代表の小林稔浩(こばやしとしひろ)さんと、店長の白柳実紗(しらやなぎみさ)さん。お二人ともちょっと手に負えないコーヒーマニアであることに取材班はまだ気づいていない

魅力的なパンを求め、戸越銀座を東へ西へ行ったり来たり。取材の合間に商店街の西の端の近くで発見した「コンパスコーヒー」でコーヒーブレイクをキメることに。とはいえ記者はコーヒーの知識が皆無のためやや不安である。

\テイクアウトのドリップでも選べる焙煎レベル/

ドリップした「日替わりコーヒー」(レギュラー250円、ダブル400円)も焙煎度合いが選べる

ーーコーヒーを本格的に楽しんでみたいのですが(おずおず)

コンパスコーヒー戸越銀座店店長・白柳実紗さん
コンパスコーヒー戸越銀座店店長・白柳実紗さん
「うちは20種以上のコーヒーの生豆を店頭で焙煎する、コーヒー豆の専門店なので任せてください! 散策のお供にぴったりなドリップのテイクアウトも日替わり(250円)で用意しているので、まずは1杯いかがですか?」

ーーぜひ!

白柳実紗さん
白柳実紗さん
「どのようなコーヒーがお好みですか?」

ーー酸っぱいのはちょっと苦手です。

白柳実紗さん
白柳実紗さん
「では、本日の日替わりのタンザニア(東アフリカ)の豆を“中煎り(シティロースト)”でお作りしますね」
さまざまな価格帯の生豆を扱うが、酸化する前に飲みきれるよう100グラムからの少量で販売

ーーテイクアウトのドリップでも焙煎の程度が選べるんですか?

白柳実紗さん
白柳実紗さん
「はい、中煎りのほか、“浅煎り(ハイロースト)”、“深煎り(フレンチロースト)”の3段階が選べます」
店頭の生豆をセレクトして好みの焙煎レベルに仕上げてくれる

ーーあっ、このコーヒー、しっかりと酸っぱいのにすごくおいしい! なんというか、酸っぱいのにバランスがいい気がします……。

コンパスコーヒー代表・小林稔浩さん
コンパスコーヒー代表・小林稔浩さん
「そうなんです。『酸っぱいのが苦手』というのは、きっと焙煎に失敗したコーヒーを飲んだせいだと思うんです」
遠赤外線の輻射(ふくしゃ)熱で、均一に熱を加える最新式の焙煎機を導入
小林稔浩さん
小林稔浩さん
「豆の販売ではさらに焙煎の選択肢が増えて7段階で調整します。焙煎度合いの低い順から『シナモン』『ミディアム』『ハイ』『シティ』『フルシティ』『フレンチ』『イタリアン』がありますが、ごく大雑把に言うと焙煎度合いが高くなると苦味が増し、低くなると酸味が増します

ーーすごくわかりやすいです。ただ、焙煎度合いが最大のイタリアンローストは炭みたいな香りがすることが。

愛弟子を見守る目でイタリアンローストを差し出す小林代表
小林稔浩さん
小林稔浩さん
「では、うちのイタリアンローストをどうぞ」

ーーなんででしょう、「苦すぎてうまい」です。もう訳がわからなくなりました……。

小林稔浩さん
小林稔浩さん
「コーヒーの世界へようこそ(笑)。自分のベストを探すには、まずは好みの焙煎度合いを把握してから、国別に異なる豆の味と焙煎度合いの組み合わせをたくさん体験することが大切だと思います。とにかく遠慮せず相談してください」

ーー好みが見えてきたら、「このパンに合う豆と焙煎レベルで」といった注文もできそうですね。

小林稔浩さん
小林稔浩さん
「それこそコンパスコーヒーがお手伝いしたいことなんです。豆の特徴と焙煎度合いの組み合わせで、例えば和菓子や煎餅にぴったりなコーヒーに仕上げることもできます。当店は旗の台と九品仏(くほんぶつ)にも店舗がありますが、地域に密着した商店街の代表であるここ戸越銀座でコーヒーの奥深さを気軽に体験してもらいたいと出店を決めたんです」

ちょっとひと休みのつもりが、コーヒーの知識がモリモリ急上昇してしまうことに。焙煎は最短で10分程度で仕上がるので、戸越銀座商店街散歩で手に入れた極上パンにぴったりなコーヒーを選びにぜひ立ち寄るべし。

コンパスコーヒー 戸越銀座店

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/取材後の帰宅中に電車の故障で足止めされましたが撮影用に買ったパンで事なきを得ました。
構成・取材・文・写真=杉山元洋

次回、10月31日(水)は「アメ横」を掲載予定!

JRのガード下を中心ににぎわうアメ横の魅力を取材中です!

\合わせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

SERIES