キッズスペースで絵本が読める、ブックハウスカフェがたまらん!

キッズスペースで絵本が読める、ブックハウスカフェがたまらん!

2018/11/02

子供が生まれたら、どんどん読んであげたい絵本。大人になっても、大好きな絵本を開いたときはとってもワクワクしますよね。そんな絵本がたっぷり楽しめるブックカフェを発見!しかもキッズスペース付きで子連れ大歓迎。親子のお出かけにぴったりのお店ですよ。

子育てのミカタ

子育てのミカタ

「ブックハウスカフェ」は、本の街神保町で唯一の「こどもの本専門店&カフェ」

最近、本屋さんとカフェが合体したブックカフェって流行ってますよね。

私も本が好きなのでいろいろと調べていたところ、神保町に子供と一緒に行けるその名も「ブックハウスカフェ」というブックカフェを発見!

子供と一緒に絵本を楽しめてゆっくりランチやスイーツをいただけるなんて、本好きには最高の喜びじゃないですか……。

「どんな本があるの?」「ベビーカーで入れるの?」「子供が遊べるスペースはある?」などなど、子連れで遊びに行くときに気になるポイントを、店主の今本義子さんにご紹介していただきました。

多彩な品揃えに、赤ちゃんから幼児、小学生、大人まで、みんな大満足!

赤ちゃんに人気の絵本がたっぷり!

お店に入ってまず衝撃を受けるのは、豊富な品揃え。

赤ちゃんに大人気の絵本、海外の絵本、絶版になっている貴重な絵本、パパママもお世話になった定番絵本、注目の新刊などなど、たくさんの本に目移りしてしまいます。

小学生向けの児童書は低学年向け、中学年向け、高学年向けに分かれているので、年上のきょうだいと一緒に来るのもおすすめ。

絵本作家さんのエッセイや創作秘話、育児書なども充実しているので、大人もお気に入りの本を見つけて帰ることができます。

入手困難なパロル舎の絵本たち
大人気のヨシタケシンスケさんのグッズも充実
レアな色合いのチェブラーシカまで……!

人気作品のグッズも充実しており、ある意味大変危険な場所です。

1日10食限定のとろとろカレーが絶品!お子様ランチもあります

たくさんのファンがいる絶品カレー

店内の中央にはカフェスペースがあり、奥のカウンターから食べ物や飲み物をオーダーします。

「子供とのお出かけでも、食事は妥協できない!」という方、ご安心ください。

舌が肥えた神保町の方々も納得の、美味しいお食事やスイーツがいただけます。

1番人気は、ビーフとチーズの特製カレーセット!

じっくり煮込まれた奥深い味のカレーにとろとろのチーズが絡んでやみつきの美味しさです。ドリンクとセットで1,200円なのも嬉しいですね。

お子様セットはドリンク付きで700円。カレーライスとハヤシライスのどちらかが選べます。

はらぺこあおむしのプレートで出てきました!

もちろんカレーは子供向けの甘口。辛いものが苦手な子供でも安心ですよ。

その他、焼きハヤシセットやハムトーストセット、ベイクドチーズケーキにアップルパイと、純喫茶風のメニューにほっこりすること間違いなし。

カフェを利用すれば、離乳食の持ち込みやお湯の提供もOK!0〜1歳の子供と一緒でも安心です。

カフェ内ではサンプル本と購入済みの本を読むことができるので、子供も飽きずに座っていてくれるはず。

カフェスペース用の絵本。新旧の名作揃いです

フリーWiFiが利用できるので、スマホで動画を見たりPCで作業することもできます。

実は、ブックハウスカフェにはアルコールメニューも!

ランチでミニ生ビールを飲むも良し、たまには子供を預けてワインやカクテルを飲みに来るも良し。お酒を飲みながらの読書も楽しいですよね。

子供が泣いても歩き回ってもウエルカム!子連れに嬉しいお店づくりの理由

天井には太陽や月の絵が。お店全体が絵本の中のようです

昔から「本の街」として有名な神保町。確かに出版社や古書店は多いですが、子供向けの絵本を取り扱うお店はそれほど多くありません。

「神保町で、子供や子供連れの家族がホッとできる場所を作りたい」というのが店主の今本さんの考え。

店内では、子供が泣いても歩き回っても問題なし!

取材した日も、首がすわるかどうか……という月齢の小さな赤ちゃんが元気良く泣いていましたが、店内はほっこりムードでした。

ここからは、ブックハウスカフェの子連れに嬉しいポイントをご紹介しますね!

ベビーカーでもラクラクまわれる、ゆったりした店内

棚が低いので、小さな子供でも絵本を探しやすいですよ

ブックハウスカフェの中に入るとたくさんの絵本に目を奪われますが、意外にも店内は広々。

お店の中央部分はカフェスペースになっていますし、カフェスペース周辺の本棚はかなり低め。通路もゆったりとしています。

これも子連れ歓迎の工夫のひとつ。

ベビーカーでも歩きやすく、小さな子供が店内を歩き回っても、すぐに見つけやすいようになっています。

小さな子供向けの絵本は特に低い棚に置いてあるので、子供が絵本を選ぶのもカンタンです。

カフェスペースの奥には、キッズスペース付きの別室が! 貸切パーティーもできますよ

キッズスペース用の絵本。背表紙を眺めるだけでときめく!

カフェスペースの奥には2つの別室が。その片方には、なんとキッズスペースがあるんです!

キッズスペースは床全体がクッションになっているので、赤ちゃんがゴロゴロハイハイしたりうっかり転んでしまっても安心。

キッズスペースやカフェスペース内で自由に読める絵本や人気キャラクターのぬいぐるみがあり、小さな子供にはたまらない空間になっています。

カフェスペースやキッズスペースでお気に入りの絵本を見つけて帰りにお店で買って帰れば、「中身を見ずに買って失敗した……」なんて悲劇もなくなりますよ。

こちらのお部屋には、机、クッション、プロジェクターがあり、貸切も可能。

広いのでパーティーにもぴったり!

プロジェクターに写真や映像を流したり子供が好きな動画やDVDを見ることもできるので、子供がたくさん集まるパーティーにぴったりです。

オムツ替えと授乳ができる「赤ちゃん・ふらっと」認定済み

子供用のイスがところどころに……

ブックハウスカフェは、東京都の子育て支援事業である「赤ちゃん・ふらっと」にも認定済み。

トイレにオムツ替えスペースがあり、空室があれば授乳室として利用することができます。

神保町A2出口からエレベーターで地上に上がって、右に徒歩1分!駅チカなので覚えておいてソンはないですよ!

原画展やベビーマッサージなど、子供が喜ぶイベントを多数開催

絵本の原画を見られる貴重なチャンス

年間を通じてたくさんのイベントを行っているブックハウスカフェ。

そのなかには、子供が喜ぶものもたくさん!

絵本の原画展や作家さんのトークショー、ベビーマッサージやコンサートなど、完全に本屋さんの枠を超えています。

取材でお邪魔した日は、村上康成さんの原画展「水ぎわの珍プレー」(講談社)が行われていました。

原画で見ると生き物の姿がより一層かわいらしく見え、村上さんの人柄まで伝わってくるようでした!

今後のイベントの予定は、ブックハウスカフェのWebサイトやSNSからチェックしてみてくださいね。

大人も子供も夢中になれるワンダーランド

私は長新太さんの本、娘はおしりたんていの最新刊を購入

絵本もカフェメニューもこだわりいっぱいのブックハウスカフェは、長く神保町で書店を営む今本さんの熱い思いや工夫がたくさん詰まった素敵な場所でした。

お気に入りの一冊を探すときのワクワク感や、カフェでほっと癒やされたときの気持ちは、きっと絵本と一緒に親子の大切な思い出になるはず。

親子でのお出かけに全力でオススメできるお店です!

子育てのミカタ編集部

子育てのミカタ編集部

この記事を書いたライター情報

子育てのミカタ

子育てのミカタ

子育てをがんばる全ての人へ役立つ情報を発信するWEBメディア。妊娠・出産にまつわること、子供や家族との向き合い方、育児・家事のコツ、おすすめ商品情報など、子育て経験者の体験談を基にした記事をお届け。Facebook、Instagram、Twitter、LINE@のフォローもぜひ♪

子育てのミカタ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載