京都「mememe」でファニーなピエロとにらめっこ!

2018/10/25

京都「mememe」でファニーなピエロとにらめっこ!

京都で今一番面白い場所といえば、御所東界隈。京都に旅慣れしている人でも発見が多く、散策が楽しいエリアです。中でも、インスタ映えにもほどがある! と大注目のカフェが「mememekyoto」。御所東散策の休憩地点として気軽に入れるこのお店の、ツボをご紹介します。

LINEトラベルjp 旅行ガイド

LINEトラベルjp 旅行ガイド

なおぢ はるみ

なおぢ はるみ

旅するデザイナー

金沢生まれ。デザインのアトリエassociepd(アソシエペーデー)の主宰。現在、石川県加賀市の地域創生プロジェクトで、茶産地ブランディングを担当している。

散歩しながら目指そう!

閑静なエリアにある「mememekyoto」

「mememekyoto(ミーミーミー京都)」は、京阪・神宮丸太町駅から徒歩10分、賑やかな三条から北へのんびり歩いて30分ほどで到着。河原町を上がって穴場的なお店を覗き歩いても楽しいし、三条大橋あたりから鴨川縁を眺め歩いても良いでしょう。

丸太町通りを越えたところの閑静なエリア、板貼りの大きな長屋の一角に、「mememe」の入り口があります。ここまで散歩してきたら、ちょっとお腹も空いてくるはず。そう、それが狙い。なぜなら、今から話題のメニューとご対面するから!

先にカウンターで注文するスタイル

「mememe」は、先にカウンターで注文するスタイルです。小腹を満たすのにちょうど良い、この店オリジナルのサンドイッチ豆腐と野菜のスパイスマリネ サンドイッチをぜひ、注文してください。

にらめっこに負けて笑えるサプライズ

衝撃的見栄えのサンドイッチ

ジャジャーン、という音が頭の中に流れてきそうな、衝撃的見栄えのサンドイッチが運ばれてきます。なんとピエロの顔付き! 見た瞬間、思わず笑ってしまうプチサプライズ的な演出は、いただく前にしっかり旅の思い出画像に収めておきましょうね。

さて、この「mememe」は、見た目だけじゃなく、味・ボリュームともに金星なのが、またまた凄いところです。サクサク食感のパンに挟まれる豆腐というのは厚揚げ豆腐で、ジューシーなタレを染み込ませてあり、合わせてあるスパイスの効いた野菜と、相性抜群です!

あっという間にお顔だけ

あまりにも美味しくて、食べ始めたら止まらないくらいです。あんなに愛でたピエロの姿は、あっという間にお顔だけ。(ピエロの顔は、食べれませんよ)

ボリューム満点ですが、ヘルシーな食材なので、小腹を満たすのに丁度良いのです。

ドリンクも安定の美味しさ

ドリンクも安定の美味しさで、もちろん器も愛らしい。オリジナルチャイは、クリーミーな泡のまろやかさとスパイスの風味とのバランスが絶妙で、こちらも他にはない新しさを感じる一品です。

ドリンクメニューには他に、BROWN’S Cafe & Beansのコーヒーやラテ、自家製レモネードなどがあり、テイクアウトもできるので、鴨川でティータイムの続きっていうのも乙な散策コースになりそう。

フードメニューには、営業時間中ずっと提供している大人向けモーニングや北山・かわきた屋のソーセージがいただける食べ応えたっぷりのプレートもありますよ!

居心地良くてコミカル!

ほっこりするカフェ

演出に抜かりのないカフェですから、当然、インテリアもGOOD。店主のセレクトした外国の雑貨が、いたるところに置いてあって、それらもやっぱりどこかコミカル! 居心地良さとコミカルって、仲良く共存するんだなぁと、ほっこりする空間です。

窓ガラスから届くニュアンスの違う光が美しい

店奥は、坪庭に面していて、パズルのように羽目込まれたさまざまな窓ガラスから、それぞれニュアンスの違う光が届きます。


「mememe」は、メニューは美味しさのクオリティーが高い上にファニー度120%の見た目、インテリアは無造作でありながら完全なバランスという、最強のエンタメカフェです。京都旅のルートから、外してはなりません!

取材・文・写真=なおぢ はるみ(トラベルジェイピー・ナビゲーター)

この記事を書いたライター情報

LINEトラベルjp 旅行ガイド

LINEトラベルjp 旅行ガイド

LINEトラベルjpは国内・海外旅行の価格比較・商品検索サービスと旅行ガイドメディアを持つ旅行サイトです。500人を超える旅行インフルエンサー「LINEトラベルjp ナビゲーター」が 行ってよかった をお届け。現地取材で見つけたとっておきの旅先やおすすめの旅行情報をお伝えします。

LINEトラベルjp 旅行ガイド が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES