大正13年創業、地元民が愛する「瀬戸内風おでん」とは/広島

特集

【特集・第1回】地元人が推薦! グルメ甲子園 〜 おでん編 〜

2018/11/24

大正13年創業、地元民が愛する「瀬戸内風おでん」とは/広島

広島最古のおでん屋「権兵衛」は大正13年創業。繁華街・流川界隈にありサラリーマンが普段使いする大衆的な老舗をご紹介。(「TJ Hiroshima」)

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

歴史を重ねてきたからこそ表現できる奥深い味

おでんは、だしおでんと味噌おでんの2種類。常連になると、だしおでんの具を注文して「少し味噌のっけて」と通な注文もできるように!

大正13年から続く老舗のおでん屋「権兵衛」。創業当初は忙しい人達がサッと食べられる業態で、今でいうファストフードのような形でスタートしたそう。

戦後は昭和28年から流川界隈で営業を再開。みそとだし2種類のおでんが看板メニュー

開店に向けて午前中からおでんの仕込みに余念がない4代目の児玉倫和さん

3代目の圓光寺謙さんの娘婿である4代目の児玉倫和さんへ店は受け継がれ2005年から新生「権兵衛」がスタートしている。

26歳の若さで「権兵衛」を受け継ぐことに

仕込み中も3代目が4代目のサポートに徹底。その姿は紛れもなく4代目を応援しているように感じた

2005年に3代目が病に倒れ、和食店で働いていた4代目の児玉さんが早めの代替わりを余儀なくされた。調理専門学校を卒業後、和食店で基礎を身に付けた児玉さん。その技術を生かして老舗の味を守りながら、さらにおいしいおでんを目指して厨房に立つ日々が続く。

2011年に3代目が快復し、現在は3代目と4代目が肩を並べて営んでいる。3代目の圓光寺さんは「店を継いでくれて感謝しかありません。先代のおでんの味にそっくりでとてもおいしい」と話す。

瀬戸内風おでんと白みそのおでん。京風とは言わないで

「権兵衛」のおでんはおでんの定番・だしおでんと味噌おでんの2種類がある。

店主 児玉さん
店主 児玉さん
「おでんは京風や関西風が代表格ですが、うちのだしはカツオやコンブがメインではなく、瀬戸内海で獲れる小魚の削りぶしがメインだからあえて瀬戸内風と言わせてもらっています
おでんは塩と味噌しかない時代からの食べ物で甘酒、ウナギに並ぶ、夏バテ防止の食べ物だったそう。驚くべきことに、だしではなく味噌がおでんの原型なんだとか(諸説あり)

味噌おでんも特徴的で、通常赤味噌を使用する店が多い中、こちらでは白味噌を使って味付けしている。白味噌は代々、府中みそを使用。

代々大切に継ぎ足されてきただしは歴史の味

だしは戦後の営業再開から(文献が残っておらずおそらくこの頃からと考えられる)継ぎ足ししている。

営業後、清潔な容器に濾し入れて冷蔵保存し、正月などの連休の場合も火入れは怠らず味を絶やさないよう大切に受け継がれてきた。児玉さんは、それをさらにいい形にして後世へ引き継ぐためにより素材の味が引き立つだし作りに着手している。

以前のだしは調味料の配合で少し濃かったそう。児玉さんの代でだしを見直し、味が創業時に近い味わいに変化した
児玉さん
児玉さん
「おでんは鍋に入れる具材によってその日のだしの味が大いに変わる。ただベースとなるだしの味は歴代の店主が目指したように、おいしいものへ研ぎ澄ましていきたいと考えています」
味噌おでんは山椒、七味、ゴマをふりかけていただく。やおぎも、鶏皮など日本酒が進むネタが多い

創業して94年の老舗とあってプレッシャーもあると話す児玉さん。しかし、探究心旺盛でまっすぐな仕事ぶりは、状況を楽しんでいるようにも感じる。その証に、今まではなかった具材を追加したり、季節ごとに野菜の品種を変えたりして通を唸らせている。

おでんネタは80種類以上!

おでん鍋にはたくさんの具がスタンバイ。牛スネは宮崎県産黒毛和牛。おでん鍋全体の味のバランスが崩れないように脂が少ない部位を選んでいる
店は流川通りの裏手にあたる薬研堀に位置。ディープな街だが人情味があり、老舗の飲食店、名店も軒を連ねる飲み屋街だ

だしおでんには大根、たまご、がんもどきなど定番のネタのほかに、春菊、せりなどの青菜やサザエ、アワビ、ホタテなど変わり種もある味噌おでんはやおぎもやナス、鶏皮などがあり冬になると広島県産のカキも登場する。いずれも100〜500円台でリーズナブルだ。おすすめの日本酒「本洲一」の熱燗とともにいただくのがベスト。

1階のカウンター席は予約不可。サク飲みの聖地のような場所のため。2階のカウンターと3階の座敷は予約可能
Yahoo!ロコ権兵衛
住所
広島県広島市中区薬研堀1-23

地図を見る

アクセス
銀山町駅[出口]から徒歩約3分
胡町駅[出口]から徒歩約5分
八丁堀(広島県)駅[出口]から徒歩約6分
電話
082-241-0029
営業時間
17:00〜23:00(2階は月曜除く火~土曜 〜翌2:00)
定休日
日曜、祝日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/取材中に「もう一つの名物」と試食させていただいたのが茶めし。抹茶とともに米を炊いたもので、それにおでんのだしをかけて食べるのが権兵衛流でとってもおいしかったです。

取材・文・撮影=篠原ゆき

TJ Hiroshima

TJ Hiroshima

毎月25日発行、500円

2017年に40周年を迎えた広島のタウン情報誌。グルメ、レジャー、ファッションなど広島の街ネタなら何でもおまかせ! 巻頭特集が40ページ以上で読みごたえ十分。広島カープの選手インタビューも毎月掲載中。

次週、12/1(土)は全国の「おでん」特集 第2弾を掲載!

地元人が通う、一度は行きたい美味しいおでんが食べられる店。次週12/1(土)は富山、愛知、岐阜、兵庫などのこだわりの店主が営むお店を紹介予定! お楽しみに‼︎

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES