気の合う仲間と昼飲みしたい「名古屋大酒場 かぶらや 総本家」

特集

旅先で夜ごはん。〜札幌・名古屋・大阪・福岡〜

2018/10/26

気の合う仲間と昼飲みしたい「名古屋大酒場 かぶらや 総本家」

旅行や出張で多くの人が行き交う名古屋駅。その界隈には、味噌かつや手羽先、味噌かつなど名古屋めしの有名店が軒を連ねている。が、多くの種類の名古屋めしをアテに昼飲みできる店は意外と少ない。そんな中、見つけたのが名古屋駅太閤通口を南へ徒歩1分の「名古屋大酒場 かぶらや 総本家」だ。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ショーケースにズラリと並ぶお番菜に食欲をソソられる!

「名古屋大酒場 かぶらや 総本家」外観。金色に輝く看板がいかにも名古屋らしい(笑)

ココは、地元で居酒屋やレストランを手がける「かぶらやグループ」の運営だが、チェーン店と侮るなかれ。約30年にわたって、「居酒屋とは?」を自問自答し続けている社長の岡田憲征さんの知恵と想いがギッシリと詰まっているのだ。

カウンター席の前に鎮座するショーケース内には15種類以上の料理がズラリ

店に入ると、目に飛び込んでくるのが、ショーケースに並んだポテトサラダやだし巻き玉子、肉じゃがなど日替わりのお番菜の数々。どれもおいしそうで、前を通ると、否が応にも「どれを食べようか?」と、思わずケースをのぞき込んでしまう。

「かぶらやグループ」社長の岡田憲征さん

「僕が抱く居酒屋のイメージは、カウンターの上に並ぶ大皿に盛られたお番菜だったんです。お番菜の見せ方や衛生面を考えて、このスタイルに辿り着きました。なかなかイイでしょう?」と、岡田さんは人懐っこい笑顔で語った。

「お番菜盛り合わせ3種」(980円)。どれもお酒によく合う

まずは、「お番菜盛り合わせ3種」(980円)を注文。内容はお任せで、この日は「ナスの煮浸し」と「麻婆豆腐」、「ポテトサラダ」。見ての通り、2人でシェアしても十分なボリューム。1人飲みなら、これだけでビールや酎ハイが2杯はイケる。

「ポテトサラダ」は単品(420円)でも注文できる

特筆すべきは「ポテトサラダ」のうまいこと! ジャガイモの潰し具合や塩加減、どれをとっても完璧な味付け。しかも、細かく刻んだゆで卵の風味もアクセントになっている。チェーン店とは思えない完成度の高さだ。

「店に対するお客さんの期待を良い意味で裏切れないかと思っています。ポテトサラダのおいしさもその一つですね」

「店へ来られて最初にポテトサラダを注文されるお客さんが多いですから、特に手を抜くなとスタッフにいつも口うるさく言ってるんですよ。あ、飲み物はいかがいたしましょうか?」と、岡田さんはドリンクメニューを見せてくれた。

出身大学が載っていても、そうでなくても盛り上がること必至だ

そこで目がクギ付けになったのがサワーの名称。すべて地元大学の名前が付けられているのだ。聞いてみると、サワーひとつで客同士の会話が盛り上がってもらえればということだった。大変だったのは、大学名とサワーの中身をいちいち覚えねばならなかったスタッフだ(笑)。

写真右から「椙山女学園サワー(巨峰)」、「名古屋経済大学サワー(レモン)、「がんばれ!代ゼミサワー(リアルゴールド)」(各450円)

17種類ものサワーから選んだのは、岡田さんの出身大学である「名古屋経済大学サワー(レモン)」(450円)。グラスを傾けながら、「名古屋大酒場 かぶらや 総本家」について、岡田さんに話をうかがうことに。

サラリーマンが「あの頃はなぁ…」と語り合う場にしたい

岡田さんは、サラリーマンを経て料理の世界へ飛び込んだ。1992年、東区泉に開店させた「洋食店 嚆矢(かぶらや) 母屋」を皮切りに「洋食 嚆矢」は、はなれと分家、 喰堂(くらうどう)と計4店舗を展開していた。が、母屋はビルの立ち退きのため閉店を余儀なくされた。他の店も残念ながら今は残っていない。
「洋食店 嚆矢」は、当時、名古屋で大ブームとなった洋風居酒屋の先駆けだった。ココ、「名古屋大酒場 かぶらや 総本家」は、5年前に開店。その名の通り、ど真ん中の居酒屋である。岡田さんは洋風居酒屋という業態にはまったく執着していない。

岡田さんは徹底した現場主義で、店には頻繁に顔を出す。今は系列の鰻専門店で毎日皿洗いをしている

「まず店の場所ありきでコンセプトというか、利用シーンを想定するんです。名古屋駅太閤通口から近いココに店を出すこととなったとき、思い出したのは別の店でサラリーマンのお客様がお酒を飲みながら『あの頃はなぁ……』と嬉しそうに話していたことでした。“あの頃”というのは、その人が人生でいちばん輝いていたときでしょう。それを語り合える場にしたいと思ったんです」

調理風景や接客スタッフの動きが見渡せる店内。さながら岡田さんが作った「舞台」のようだ

そのもくろみ通り、関東や関西から出張で訪れたサラリーマンが多く来店した。この日も14時をまわる頃には名古屋でひと仕事を終えたサラリーマンが昼飲みを楽しんでいた。彼らのニーズに応えるべく、メニューは名古屋めしがメイン。周りの客がおいしそうに食べていたのが「手羽先唐揚げ」(3本・420円)。

名古屋の居酒屋には欠かせない「手羽先唐揚げ」(3本・420円)

言わずと知れた名古屋の居酒屋の定番メニューだが、大ぶりな手羽先を使用していて、頬張るごとにジューシーな肉汁が溢れ出す。甘辛いタレとスパイシーなコショウとのバランスも秀逸だ。うん、これはまさしく名古屋の味。サワーが進みまくる。

手羽先唐揚げと人気の双璧をなす「味噌串カツ」(1本・180円)は、1本単位で注文できる

「味噌串カツ」(1本・180円)もまた定番中の定番。やたらと甘い味噌ダレの店もあるが、ココのはお酒との相性を考えて甘さ控えめ。どて煮や味噌おでんの鍋に浸した味噌串カツも多い中、ココの味噌ダレは味噌串カツ専用に仕込んだ自家製。

岡田さんの両親は広島で農業の傍ら食堂を営んでいた。ラーメンが人気だったが、多くの客に惜しまれつつ閉店した。その食堂が岡田さんの原点だという

「僕は広島の田舎で生まれ育ちましてね。逆によそ者だからこそ、名古屋めしの面白さというか、魅力が伝えられると自負しています。それと、ウチは専門店ではなく居酒屋なので、値段を抑えねばならないため、高価な食材は使えません。だから、それをカバーする味噌ダレには相当こだわってますよ。味噌串カツに限らず、味噌おでんとどて味噌煮込み、鶏ちゃん焼に使う味噌ダレもそれぞれ仕込んでいます」

しっかりと味が染みた「味噌おでん」(650円)

これからの季節にオススメなのが、「味噌おでん」(650円)。しかも、席へ運ばれる直前まで熱した鉄製の鍋に盛られて提供される。グツグツという食欲を掻き立てる音や立ち上る湯気も料理をおいしくさせるエッセンスであることをちゃんと理解しているのだ。

深いコクのある「味噌おでん」は、日本酒との相性が抜群だ

関東煮に味噌ダレをかけた、いわゆる「あとがけ」タイプの味噌おでんではないのはご覧のとおり。どの具材も味噌でじっくりと煮込まれていて、大根も中までシミシミ。ハフハフ、フーフーしながらかぶりつくと、味噌のコクとともに大根の旨みがジュワッと広がる。サワーを飲み干して「日本酒」(1合・480円)に切り替えたのは言うまでもない。

店の利用シーンをイメージするとき、店内のBGMも重要になってくる。岡田さんは、BGMの選曲や音響設備にもこだわっている

「たまによその店に視察へ行くのですが、僕は飲食店のトレンドや流行のグルメには興味がないんです。それよりも地方にある公設市場で永いこと地元の人々に愛されている食堂。僕が考える店の利用シーンは、目標ではなく、あくまでも序章にすぎません。目標はそこで働くスタッフが立てるものです。だから、ウチにはマニュアルやルールはないんです。店というのは、スタッフがお客さんとともに育んでいくものだと思っています。スタッフの皆が考えて決めたことを僕は全力で応援します」

「どてめし」(520円)。卵黄を潰して、牛すじやホルモンに絡めて食べるとおいしい

〆に注文した「どてめし」(520円)も居酒屋というよりは、作業服やニッカポッカ姿の客が足繁く通う食堂の味。じっくりと味噌で煮込んだ牛すじとホルモンがとてもやわらかく、ご飯と見事に一体化している。シャキシャキとしたネギの食感もよく、思わずご飯を掻き込んだ。

味噌のコクと牛すじ、ホルモンの旨みが相まってご飯がすすむ

これまで私はフードライターとして飲食店を料理の旨さが7割、接客が2割、雰囲気が1割で評価してきた。そうではなく、名作と呼ばれる映画や演劇のように、役者の演技だけではなく、音楽や舞台のセットなどすべてにおいて完璧でなければならないのだ。岡田さんは店における総合演出であり、総監督でもあるのだ。だからこそ、岡田さんの言葉の一つ一つはとても重たく、心に響く。最後に「居酒屋とは?」との質問をぶつけてみた。

「かぶらやグループ」は、居酒屋のほかラーメンや焼肉、中華、ステーキハウスなど県下に17店舗を展開。中には20年近くも地元客に愛されている店もある

「人がお互いの目を見て話ができる場所、ですね。料理もお酒も接客もそのためにあると僕は思っています」と、岡田さん。今回は自分一人で昼飲みを楽しんだが、次回は気心知れた友人を誘おうと心に決めて店を後にした。

取材・文・撮影/永谷正樹

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES