普通の居酒屋に飽きたら!実験気分で盛り上がれるサイエンスバー

2018/11/08

普通の居酒屋に飽きたら!実験気分で盛り上がれるサイエンスバー

白衣を着て実験を行う知的な“リケジョ”の姿、文系女子なら一度は憧れたことがあるのでは?そんなリケジョになりきれるスポットが「science bar INCUBATOR」。研究室のような非日常的な空間で、まるで実験するようにお酒を楽しめる、新感覚のバーです!

るるぶ&more.

るるぶ&more.

ここは本当にバー?まるで研究室みたいな本格的な空間がすごい!

 

店内に入ると、まず出迎えてくれるのが写真左上の何やら見たことのない実験器具。扉を開けた瞬間から徹底された世界観が広がっています!店内はカウンター席と奥にテーブル席が2つ。こぢんまりとした隠れ家的な佇まいです。

「サイエンスバー インキュベータ」では白衣の貸し出しも行っているので、あの憧れだった白衣を着ることだってできます。実はこちら、数万円もする高級白衣!安っぽくないつくりが余計にリアリティを増しますね。

お箸の代わりにピンセット!?お酒もグラスじゃなくて“アレ”で飲む!

 

あまりの本格的な世界観に、ついつい忘れてしまいそうになりますが、ここはバーなのでもちろんお通しもあります。出てきたのは、小さな試験管に入ったドライイチジク。

でもそれより衝撃を受けたのは、お通しと出てきたピンセットとシャーレという実験器具のガラス皿。「サイエンスバー インキュベータ」では、これがお箸と小皿がわり。ピンセットで食べるなんて、斬新過ぎ!でも意外と食べやすいので、試せば感動しちゃうはず。

 

お酒もグラスではなく、ビーカーで出てきます。バーテンダーさんも、もちろん白衣。見慣れた「生ビール」(702円)を入れる動作もなんか実験みたいで新鮮です。

ここでしか飲めないカクテル「科研費」(918円)もオーダー。この一風変わった名前は「科研費」と呼ばれる研究者が使う助成金のことだそう。柑橘系のリキュールがベースになっているので、甘みが抑えられたすっきりとした味わいです。名前はシュールだけど、味はちゃんとおいしい!

普段グラスで飲むのと違って、何かすごいものを飲んでいる感覚に。カクテルを混ぜるのもマドラーではなく薬さじを使うので、カクテルを混ぜるだけでも実験気分が味わえます。

 

ビジュアルのインパクトがすごいのは「赤ワイン飲み比べセット」(1080円)。なんと試験管に入って出てきます!ワイングラスは小さなビーカー。さっきのビールとカクテルよりも、さらに実験っぽくて盛り上がるメニューかも!

店主がワインソムリエの資格を持っているので、味はお墨付き。こだわりのワインをいつもとは少し違う気分で堪能することができます。

 

おつまみもほしくなったので、人気の「アルコールランプ炙りセット 3種(スルメイカ・ほたて貝ひも・エイヒレ)盛り合わせ」(1296円)を注文。ご覧の通り、アルコールランプを使い、自分で炙って食べます。

しかも乾き物はそのままの大きさで出てくるので、切れ味抜群の解剖用ハサミを使って自分で切るという。医療モノのドラマとかでよく見るあのハサミです!なんだかドキドキしちゃいます。実験気分が盛り上がるだけじゃなく、炙りながらなのでカリッと香ばしく、温かいうちに食べることができるのでシンプルにおいしい!

顕微鏡なんて何年ぶり?理科の授業を思い出してノスタルジックな気分

 

店内には顕微鏡も置いてあり、お願いすれば植物や動物の細胞などを覗かせてもらえます。こんなのバーで目にする光景ではありません…!

今回見せてもらったのは、カエルのひざの関節の骨。中を覗くとこーんな世界が広がっています!カエルの骨!?と最初は身がまえたけど、いざ見てみると意外にも(!?)すごくキレイ!顕微鏡を覗くなんて何年ぶり!?と理科の授業を思い出して、なんだかノスタルジックな気分にもなりました。

 

店内にある器具は、どれも実際に研究室で使われる本物ばかり。実は、店主は元研究者。そのため本物だけを置くということにもこだわっています。

「サイエンスバー インキュベータ」は、四谷三丁目駅から徒歩3分。普通の飲み会に飽きた人は、リケジョになりきって実験気分で盛り上がっちゃいましょう!

Yahoo!ロコINCUBATOR インキュベータ
住所
東京都新宿区荒木町7 新駒ビル1階

地図を見る

アクセス
四谷三丁目駅[4]から徒歩約3分
曙橋駅[A1]から徒歩約4分
四ツ谷駅[2]から徒歩約10分
電話
03-5925-8832
営業時間
火~土、祝前日: 18:00~翌2:00
定休日
月、日、祝日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

Text:伊藤香澄(vivace)

●掲載の内容は2018年10月時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

小説好き必見!芥川賞作家がプロデュースする文学バー

小説好き必見!芥川賞作家がプロデュースする文学バー

おでかけメディア『るるぶ&more.』

大阪・南船場の文学カフェ&バー「リズール」は、芥川賞作家・玄月さんプロデュースのお店。この店の特徴は、壁一面に並んだ本!小説をイメージしたオリジナルカクテルも豊富に揃っています。

小学校すぎるレトロ空間!「懐かしい」と叫びたくなる給食再現度

小学校すぎるレトロ空間!「懐かしい」と叫びたくなる給食再現度

おでかけメディア『るるぶ&more.』

都内に“給食”を食べられる店はいくつかあるもの、味の再現度の高さに驚かされるのが「給食当番」。教室を忠実に再現した店内で食べれば、あの頃の思い出が…。大人になって楽しむ給食の味は?

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES