【京都の摩訶異探訪】不運続きだった、京の大仏さん

2018/11/06

【京都の摩訶異探訪】不運続きだった、京の大仏さん

京都の街のどこでも存在する伝承。この現代にも密やかに息づき、常に人々と共存し続けている。1200年余りの歳月をかけて生み出された、「摩訶」不思議な京都の「異」世界を、その地を訪れながら紐解いていく。

WEB Leaf

WEB Leaf

不運続きだった、京の大仏さん

♪京の、京の大仏さんは 天火で焼けてな♪

これは昔、京都の子どもたちが歌った、わらべ歌の一節である。

この歌にあるように、かつて京都には、奈良の東大寺の大仏をしのぐ、像高6丈3尺(19メートル)の巨大な大仏が鎮座していたことがあった。その場所は、現在の東山区正面通大和大路東入茶屋町にある方広寺である。

方広寺
古絵葉書にその姿を残す京の大仏

大仏が鎮座していた当時、寺は「京の大仏殿」として知られていた。その大仏を建立したのが、とにかく天下一好きで、とくに大きなものが大好きだったという天下人・豊臣秀吉だった。

だが、この大仏にはその後、数奇な運命(不運)がもたらされることになる。まるで秀吉の晩年、いや豊臣家の命運を暗示していたかのように。

完成間近だった大仏を襲った最初の不運は、慶長元年(1596)の伏見大地震だった。この地震で大仏はあえなく倒壊してしまう。衝撃を受けた秀吉は毎夜、奇異な夢にさいなまれるようになり、ついに病に倒れ、大仏の完成を見ることなく、死去したという。

父・秀吉の意思を受け継いで大仏再興に尽力したのが、秀吉の一子・豊臣秀頼だった。ところが、慶長7(1602)年、大仏再興の工事中に怪火で全焼。その後、秀頼によって再興されたものの、この再建に際して鋳造された大釣鐘の銘文の中の「国家安康」の部分が秀吉亡き後の天下を狙う徳川家康から「家康の胴を斬るものだ」と難癖をつけられる。

梵鐘の国家安康、君臣豊楽の文字が 白く囲われている

結果、豊臣家滅亡の発端になってしまったことは、有名だ。この鐘は今も方広寺に残されていて、見ることができる。

方広寺境内の梵鐘

以前、取材でお寺の方に見せていただいたことがあった。その際、見せていただいた鐘の内側には、ぼんやりとしているが、人の形をしたシミがあった。そのシミは、徳川家を恨んで亡くなった秀吉の側室・淀殿の姿だと言われている、と聞いた。

さて、京の大仏だが、豊臣家が滅んだ後も倒壊と再建を繰り返し、大仏の銅像は銅銭の材料となり、木像に改められたが、寛政10(1798)年の夏の夜に発生した落雷によって、またも大仏は灰燼に帰してしまう。

その罹災時に歌われたのが、♪京の、京の大仏さんは 天火で焼けてな♪ のわらべ歌で、歌が言う「天火」とは、落雷のことだった。

そうしてしばらく、京の大仏は再興されずにいたが、約50年後の天保14(1843)年に半身の大仏として再興された。が、130年後の昭和48(1973)年にまたも焼失。この時の火災は、不審火だったとも言われている。その後、現在まで再建はなされていない。

ところで、先ほどのわらべ歌は次のような歌詞で終わるらしい。

♪うしろの正面 どなた お猿 キャッ キャッ キャッ♪

「お猿」というのは、秀吉を揶揄したものだろうか? それとも、親しみを込めて、そう歌ったのだろうか?

かつて観光名所のひとつだった京の大仏。いつの日か、再建される時が来れば、また新たな観光スポットと逸話が生まれるかもしれない。

京都の摩訶異探訪

京都の摩訶異探訪

京都の街のどこでも存在する伝承。この現代にも密やかに息づき、常に人々と共存し続けている。1200年余りの歳月をかけて生み出された、「摩訶」不思議な京都の「異」世界を、その地を訪れながら紐解いていく。

Yahoo!ロコ方広寺
住所
京都府京都市東山区正面通大和大路東入茶屋町527-2

地図を見る

アクセス
七条駅[6]から徒歩約7分
清水五条駅[2]から徒歩約8分
祇園四条駅[1]から徒歩約15分
電話
075-561-1720
営業時間
9:00~16:00
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

WEB Leaf

WEB Leaf

京都・滋賀のタウン情報誌『Leaf』の出版社、(株)リーフ・パブリケーションズが運営するWebマガジン。「観光地・京都」ではなく、ここで暮らす「私たちの街・京都」にスポットライトを当て、「京都を知る、京都で遊ぶ。」をテーマに、いつもの京都がもっと楽しくなる情報をお届けしています。

WEB Leaf が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES