老舗居酒屋の通年提供するもつ鍋は絶品/神奈川

特集

【特集・第3回】地元人が推薦! グルメ甲子園 〜 鍋 編 〜

2019/01/11

老舗居酒屋の通年提供するもつ鍋は絶品/神奈川

広々とした店内は、近隣のサラリーマンでにぎわう。お目当てはもつ鍋。新鮮なもつ、ニンニク風味の醤油スープが旨い店を訪ねた。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

プリプリで新鮮なもつ。「きしや」定番の鍋

人気のもつ鍋をはじめ、料理はバラエティーに富んでいる

JR京浜東北線・京浜急行「京急新子安駅」近くに大衆居酒屋「きしや」が堂々と佇む。

仕事終わりのサラリーマン、OLでにぎわう店内はあちらこちらでもつ鍋をつつく風景。そのにぎやかな風情もお酒を美味しくしてくれる。

穏やかな人柄の飯島さん

フロアーを担当している飯島秀樹さんはこの店の2代目社長の弟さん。厨房の職人さんやアルバイト以外はご家族でフロアーを仕切っている。

厨房は職人さん。フロアーはご家族とアルバイトで切り盛り

入口は表通りと裏通りに2カ所

元々は新子安駅前に古くからあった酒屋さんが母体で、大昔この界隈で様々な飲食店を経営されていたようで、その後昭和40年頃にこの「きしや」が先代によって開業された。

広々とした店内。2階席を合わせると120人ほど収容可能で、連日予約のサラリーマン、OLでにぎわっている

なんとNHKの人気番組だった「プロジェクトX」の第2回 「窓際族が世界規格を作った~VHS・執念の逆転劇~」でここが登場している。当時店の近所にVHSの生みの親、日本ビクター(現JVCケンウッド)があった頃、その開発責任者がこの店の常連で、会社の取締役を「きしや」に招いて、VHSの未来構想を説得したという話、その舞台がこの店だ。

通年もつ鍋を提供

当時はまだもつ鍋は誕生していなく、その話のおよそ20年後のこと、「きしや」といえば「もつ鍋」と謳われるほどの看板メニューとなった

プリプリのもつは新鮮な証

通年ある鍋は「もつ鍋」と「キムチチゲ」の2種類で、2人前からの注文となっている。ちなみに11月から寄せ鍋などの季節の各種鍋メニューが新たに登場する。

火が通り野菜が柔らかくなってももう少しの辛抱

もつ鍋は新鮮なもつがたっぷり、ネギ、ニラ、スライスニンニクなど野菜も盛りだくさん。鍋に火が入ると野菜がしんなりして鍋に沈んでゆくがまだまだ。

この感じが食べ時

もつから脂がスープに染み出し、プリンとしてきたら食べ頃。まずは醤油ベースのスープをすする。ほのかなニンニクの風味とダシ、野菜、もつから溶け出した旨味が渾然一体となる。もつをいただくとプリプリでジュワッと脂が溶け出し旨味が口の中で炸裂する。体がポカポカ、ビールやハイボールにピッタリの味わいだ。このボリュームで1680円(2人前)はお得だ。

フロアー担当 飯島さん
フロアー担当 飯島さん
「この鍋は25年ほど前から始めたメニューで、一年中提供しています。もつは横浜線大口にある卸問屋から新鮮なものを仕入れているんですよ」
もう一つの名物、ハムカツ(370円)

グランドメニューはおよそ60種類。てんぷらなどの揚げ物、一品料理どれもスキがなく文句なしの美味しさ。中でももつ鍋以外のメニューで人気を博しているのがハムカツだ。

ハムと衣の間にタマネギ、美味しい食感

分厚いハムと衣の間にタマネギが隠れていて、これが心地よい食感を演出、このアイデアは素晴らしい。

ポテトサラダ(320円)も乙な味わい

素朴な味わいのポテトサラダも人気で、いつでも安心の美味しさだ。

取材メモ/客への対応が素晴らしい。

取材・文=小野員裕 撮影=中原一隆

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES