シーズン到来!瀬戸内の牡蠣小屋で食す、とれたてカキフライ定食

特集

先週の人気記事 TOP10 (11/5~11/11)

2018/11/08

シーズン到来!瀬戸内の牡蠣小屋で食す、とれたてカキフライ定食

うどんだけじゃない香川県。実は、知る人ぞ知る牡蠣の産地でもあるのです。香川の冬の風物詩、牡蠣小屋のとれたてカキフライ定食を紹介します。

ガーカガワ

ガーカガワ

うどんだけじゃない香川県。実は牡蠣の産地でもあるのです。

志度湾の牡蠣棚

香川県と言えばうどんというイメージが強いのですが、実はグルメの間で密かに知られている牡蠣の産地でもあるのです。
その中でも高松市の東にあるさぬき市志度は、穏やかな志度湾に面し、古くから牡蠣の養殖で知られています。

11月~3月のシーズンともなると、志度湾に面した10店舗ほどある牡蠣小屋は大いに賑わい、常に予約で一杯になるほど。
一般的には、その場でとれたての牡蠣を鉄板で焼く「牡蠣焼き」が主流なのですが、食べ放題の店が多く、少食の人にはちょっと敷居が高い…
そんな声にお応えして、今回はカキ焼きわたなべさんのカキフライ定食をご紹介します。

とれたてプルプル「カキ焼きわたなべ」のカキフライ定食

さぬき市役所からすぐ、志度湾に面したカキ焼きわたなべさんは、ひと目でそれと分かる店構え。
入口の戸を開ける前から、食欲をそそる牡蠣焼きの香りがしてきます。

食欲をそそる香りがする店舗入り口

店内から見える志度湾の景色がとっても気持ちいいのです。

店内1階からの眺め

わたなべさんは、地元で牡蠣の養殖を長年やってこられたそうで、毎朝その日使う牡蠣を水揚げして提供しているとの事。
お店の裏には、とったばかりの牡蠣が用意されていました。

今朝水揚げされたばかりの牡蠣

志度湾はプランクトンなどの栄養分が多く、育ちが早く味が濃厚な牡蠣になるのだそう。
全体的に小ぶりなものが多いイメージですが、広島の牡蠣と比べると少し身が締まった印象です。

牡蠣焼きを楽しむご家族連れを横目に見ながらですが、さっそくカキフライ定食をオーダーしました。

カキフライ定食(980円・税込み)

このカキフライのボリュームにいきなり驚かされました。
そして、さらに大盛りの牡蠣の炊き込みご飯。

牡蠣の炊き込みご飯付き

それに、牡蠣と大根を炊いた小鉢にお味噌汁も付いています。

甘辛く炊いた牡蠣と大根の小鉢

さっそくカキフライをいただきましたが、これが揚げたてでめちゃウマ!
牡蠣独特の臭みが無いのはとれたての新鮮なものだからでしょうか、ぷるんぷるんでとってもジューシーでした。
また、炊き込みご飯もお味噌汁も小鉢も牡蠣づくし!
少食だからあえて食べ放題は避けたのに、このカキフライ定食だけでもかなりのボリュームです。

と言いつつ、どうしても焼き牡蠣が食べたくて少し焼いてもらいました。
カキ焼きわたなべさんでは、1個から単品で焼いてくれるのが有難い!

焼き牡蠣(1個150円・税込み)

しかも、これ1個150円とか安すぎる!
ぽん酢を少し垂らして口の中にほおばると、いやいや美味しすぎてほっぺに電気が走りました。

こんな事なら、牡蠣焼きの食べ放題でもしっかり食べる事ができたと思えるくらい、実は箸が止まらなかったのです。

牡蠣焼き食べ放題はひとり3200円(2時間・税込み)

県外からの観光客の方によく美味しい物を聞かれるのですが、これからは「朝食はうどん、夕食は骨付き鶏。そしてランチは志度のカキフライ定食」をおすすめする事にします。

それぐらいとっても美味しくいただきました。

※カキフライ定食は月~金のランチタイムのみの提供です。

ガーカガワ

ガーカガワ

香川のあれこれをクスッ笑いでお届けする地域情報webマガジン。グルメ情報も多数あり。

Yahoo!ロコカキ焼きわたなべ
住所
香川県さぬき市志度5382-47

地図を見る

アクセス
琴電志度駅[出口]から徒歩約8分
原(香川県)駅[出口]から徒歩約8分
志度駅[出口]から徒歩約8分
電話
087-894-8676
営業時間
月~木 12:00~22:00 金 17:00~22:00
定休日
不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

ガーカガワ

ガーカガワ

香川県の「ヒト」「モノ」「コト」を中心に、クスッ笑いを交えながら紹介する地域情報webマガジンです。

ガーカガワ が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES