「満腹でシュー」のカスタードの量がヤバイ!世田谷の洋菓子店

特集

先週の人気記事 TOP10 (11/19~11/25)

2018/11/24

「満腹でシュー」のカスタードの量がヤバイ!世田谷の洋菓子店

1つ食べるだけでものすごい満足感!と話題になっているシュークリームがあります。それは、世田谷にある洋菓子店「アルパジョン」の「満腹でシュー」。本当にそのネーミング通りなのかを、早速確かめに行ってみました。

るるぶ&more.

るるぶ&more.

朝の開店から大人気!世田谷で愛され続ける“街のケーキ屋さん”

 

1984年にオープンした「アルパジョン」は、小田急線梅ヶ丘駅の目の前にあります。地元の人たちがケーキや焼き菓子を求めてひっきりなしに訪れる人気店です。

 

「アルパジョン」の開店時間は、なんと朝の7時!これは、通勤前に手土産がほしいという人に向けて、通勤前に購入できるようにとの配慮なのだそう。店内は、ショーケースにびっしりと色々な種類のケーキや焼き菓子が並んでいます。

満腹の秘密は、隙間がないほどのカスタードクリームにあり!

満腹でシュー(1個190円)

気になっていた噂のシュークリーム「満腹でシュー」(1個190円)をショーケースの中に発見。見た目は普通のシュークリーム。ですが、1日250個以上、週末では500個も売れるそう。

 

「満腹でシュー」の人気の秘密は、隙間のないほど、たっぷりと入ったカスタードクリーム!その重量、なんと約150g!「クリームたっぷり」を謳うシュークリームは数多くありますが、ここまでびっしりとカスタードが入ったシュークリームは、見たことがありません。

実際に食べてみると、少しカリカリした硬めのシュー生地と、滑らかで濃厚なカスタードの組み合わせは、誰もが笑顔になるおいしさです。ネーミング通りに1つで満腹感があって、これで190円は安すぎかも?

 

そんなボリューミーなスイーツは、ほかにも。例えば「メープルシフォンと夏いちごのオムレット」(1個380円)は、メープルが練り込まれたふわふわのシフォンケーキでたっぷりの生クリームといちごを包んだ1品。

 

もう1つ、「アルパジョン」で人気のメニューが「四谷軒牧場ソフトクリーム」(330円)です。これはかつて世田谷にあった牧場の名前を冠したこのソフトクリームで、甘過ぎず、それでいて濃厚な味わい。バター風味の牛形クッキーが付いてきます。

オムレットとソフトクリームともに通年で販売していますよ。

「世田谷」にこだわったブランドのロールケーキや焼き菓子も!

 

「地元の世田谷にこだわっていきたい」というオーナーの思いは、店内で販売される焼き菓子のラインナップにも表れています。店内にコーナーが設置されていたのは「世田谷バウムクーヘン」(1個180円)

ほかにも、「世田谷メイプルロールケーキ」(1本1300円)は濃厚な甘さのメイプルシュガーを使用して、ふわっと焼き上げた1品。奇をてらわず、王道のスイーツを丁寧に仕上げることにこだわっているのだとか。

世田谷の梅ヶ丘の街になくてはならない“街のケーキ屋さん”「アルパジョン」が作る「満腹でシュー」は、たっぷりのカスタードクリームが特徴の1品でした。ボリューミーなシュークリームは、手土産に喜ばれること間違いなし!また、自分へのご褒美としても最適。1つで満足感の得られる「満腹でシュー」をぜひ味わってみて!

Text:古谷 シゲユキ(シャガデリック)

●掲載の内容は2018年10月時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

手土産上級者になれる。手のひらサイズのキュートなカップケーキ

手土産上級者になれる。手のひらサイズのキュートなカップケーキ

おでかけメディア『るるぶ&more.』

天神橋筋六丁目駅から5分ほど。下町風情が漂う住宅街の「アトリエナユタ」は、今話題のカップケーキ専門店。色とりどりのバタークリームの美味しさはもちろん、繊細なデザインや色使いのカップケーキがかわいい!

やわシャリ食感に度肝を抜かれる!賞味期限1日ゴーフルが新しい

やわシャリ食感に度肝を抜かれる!賞味期限1日ゴーフルが新しい

おでかけメディア『るるぶ&more.』

日本でゴーフルといえば、パリッとした薄い生地に滑らかなクリームが挟んであるお菓子。そのイメージを覆すのが東京・蔵前「パティスリー フォブス」です。シェフがフランスで衝撃を受けた本場の味をご紹介します。

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES