【ネタバレ】冬の休日は、親子でチリモン探しを楽んでみよう!

2018/12/01

【ネタバレ】冬の休日は、親子でチリモン探しを楽んでみよう!

「チリモン」とは、チリメンジャコの中に混じっている小さな生き物たちの事。和歌山県のカネ上さんが販売している学習教材「チリモン」をお取り寄せして実際に探してみました。

ガーカガワ

ガーカガワ

チリメンジャコの中に迷い込んだ「チリモン」を探してみよう!

干物として売られているチリメンジャコの中に、時々不思議な生き物が混じっている事ってありませんか?
そう、それがチリメンモンスター(略してチリモン)と呼ばれる海の小さな生き物たちなのです。

ただ、食用として販売されているチリメンジャコは不純物を取り除いているので、余程運が良くなければチリモンに出会う事はありません。
それはそれで発見した時の喜びもあるのですが、親子で学びながら遊ぶ教材として考えるとかなり物足りないですよね。

そんな本気でチリモンを探したい皆さんのために、和歌山県にある株式会社カネ上さんが学習教材としてチリモンを販売されていると聞き、さっそくお取り寄せしてみました。

チリモン 832円(税込み・送料別)

商品にはチリモン探しの強力な助っ人、チリモン図鑑の一部を掲載したパンフレットも同封されていました。
インターネットには、もっと詳しく掲載されている「チリモンWEB図鑑」もありますので、そちらを見ながら探してみてもいいですね。

チリモン図鑑のパンフレット

さっそくチリモンを探してみました

ピンセットを使うと便利!

教材として販売されている「チリモン」は200g、カレー皿にこんもり一杯ぐらい入っているので、親子でチリモンを探すには十分な量。
ピンセットと虫眼鏡を使って、少しずつ選り分けながら探すのがコツです。

ほんの数分探すだけでもいろんな生き物が出てきました。
その一部を紹介すると…

オキアミのなかま

チリメンジャコに混じってたくさんいるのがオキアミ(えび)のなかま。
個体によって黄色がかっていたりオレンジのものがいたり、オキアミにもいろんな種類がいる事が分かります。

ボラのなかま
ハタのなかま

そして、ところどころ大きな魚が混じっていたりするのも楽しいところ。
分かりやすいので図鑑と見比べながら、普段食卓に並んでいる大人になった魚と比べてみるのも新しい発見があっていいですよね。

ヨウジウオのなかま?
タチウオ
タツノオトシゴのなかま

また、水族館でしか見られない珍しい生き物が混じっていたりします。
これこそ、まさにモンスターっぽい?

タコのなかま
イカのなかま

個人的に胸キュンだったのが、タコやイカのなかま。
足がくねくね曲がっていて、なんだか手を上げて挨拶しているような仕草に見えたりして萌えました。

少し探しただけでこんなに珍しい生き物が!

撮影の関係であまりにも小さなものはご紹介できませんでしたが、実は虫眼鏡で見ないと分かりにくい小さな生き物の中にまるで宇宙人のようなチリモンがいました。

他にもカニのようなものや何かの幼生、奇妙な形をした魚などたっぷり!

多少当たりはずれはありそうですが、それでも日がな一日、親子で楽しみながら探すのには十分です。
冬の寒い休日は無理してお出かけせず、まったりチリモン探しで盛り上がってみるのもいいですね。

「チリモン」は、カネ上さんのホームページから購入できます。

※注意…「チリモン」は教材としての販売品なので食用ではありません。

ガーカガワ

ガーカガワ

香川県のあれこれをクスッ笑いで紹介する地域情報webマガジン。たまに県外の情報も掲載しています。

Yahoo!ロコ株式会社カネ上
住所
和歌山県有田郡湯浅町大字田336

地図を見る

電話
0737-63-3389
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

ガーカガワ

ガーカガワ

香川県の「ヒト」「モノ」「コト」を中心に、クスッ笑いを交えながら紹介する地域情報webマガジンです。

ガーカガワ が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES