本のプロが選ぶ!頭の中から整理整頓。収納の先を考える3冊

2018/12/04

本のプロが選ぶ!頭の中から整理整頓。収納の先を考える3冊

収納の定義を幅広く捉え、書店スタッフが推しの収納関連本3冊を紹介!今回は、東京赤坂の「双子のライオン堂」さんに収納を広義に捉えた選書をいただきました。本のプロが選ぶ“収納本”とは?

おウチの収納.com

おウチの収納.com

選んでくれたのは…赤坂 双子のライオン堂

書籍がぎっしりと並べられている店内。

ネット古書店として開業。
2013年から実店舗を構え、『100年残る本と本屋』をコンセプトに15年目を迎える書店。緩やかにコンセプト別になった棚は探しやすく、小説家や書評家による選書コーナーも。

今回の選書人はこの方

竹田信弥

竹田信弥

1冊目『捨てる女』内澤 旬子/朝日新聞出版

イラストレーターであり文筆家でもある著者が、生活道具や家具など長年蒐集してきたお宝や自らのイラストまで大放出する捨て暮らしエッセイ。『本の雑誌』での大好評連載「黒豚革の手帖」を書籍化。

「本をどう捨てるかなど単に“断捨離”というだけでなく、捨てるという行為をとことん突き詰めていて、意気込みが迫ってくるような面白さがあります。捨てた後の後悔まで書いてあるのもほかと違って良い!」(竹田さん)

2冊目『増補改訂新版 手づくりする木のカトラリー』西川 栄明/誠文堂新光社

全国の木工作家が使い勝手を試しながら完成度を高めていった、木のカトラリーと器、箱、箸置き、まな板など約380点を収録し、作り方も紹介。自分好みにつくる楽しさ、実際に使う楽しさを知ることができる。

「整理ができないのは、愛着がないからかもしれません。僕も父から貰った万年筆などは大切に扱いますし、愛着のあるものは自然に片付けます。生活道具も手作りすれば愛着が湧き、物を整理する習慣にも繋がるのでは?」(竹田さん)

3冊目『思考の整理学』外山 滋比古/ちくま文庫

お茶の水女子大学名誉教授で英文学者、言語学者、評論家、エッセイストとしても知られる著者が、自らの体験に則し、独自の思考のエッセンスを明快に開陳する、アイデアを整理するための思考の入門書。

「情報が溢れる今、自分の行動の指針を決めることは大切ですよね。収納も、最終的にどうしたいかの着地点が大事。突発的に部屋の掃除を始めるのではなく、まずは頭の中の整頓から始めてみては?」(竹田さん)

まとめ

「収納の本は数も多く、悩んでいる人の多さを実感しています。これは根本的なところを考えるのがいいのかなと、頭の中から整頓できるような3冊にしました。収納や整理自体の必要性から考えてもらえたら!」(竹田さん)

Yahoo!ロコ双子のライオン堂
住所
東京都港区赤坂6-5-21

地図を見る

アクセス
赤坂(東京都)駅[7]から徒歩約3分
溜池山王駅[11]から徒歩約8分
六本木一丁目駅[3]から徒歩約9分
電話
050-5276-8698
営業時間
水・木・金・土:15:00~21:00
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

おウチの収納.com

おウチの収納.com

『おウチの収納.com』は、「おウチで過ごす時間に上質の心地よさを」をコンセプトとして、『おウチの収納.com』ならではの整理収納に纏わるオリジナル情報を発信しています。

この記事を書いたライター情報

おウチの収納.com

おウチの収納.com

『おウチの収納.com』は、お家、お部屋で過ごす時間に上質の心地よさを」をコンセプト として、整理整頓&収納術、インテリアやDIYまで、数々の住まいにまつわるオリジナル 情報を発信しています。

おウチの収納.com が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES