帰省の手土産に! 甲斐みのりさんが選ぶ「東京手土産」

帰省の手土産に! 甲斐みのりさんが選ぶ「東京手土産」

2018/12/17

お正月、帰省のときに何を買うべきか迷いますよね。そんなあなたのために、おみやげに関する著書を多数発行し、おみやげを心から愛する人気エッセイスト・甲斐みのりさんが、東京駅、新宿駅、品川駅の主要駅ごと購入できるおすすめの手土産を教えてくださいました。

ヒトサラMAGAZINE

ヒトサラMAGAZINE

おすすめしてくださったのは甲斐みのりさん(エッセイスト)

旅、散歩、お菓子、手土産、クラシックホテルや建築など、女性が好んだり憧れるモノやコトを主な題材に書籍や雑誌に執筆するエッセイスト。

おすすめの手土産①品川駅(エキュート品川)

アトリエうかい『フールセック・サレ缶』

『フールセック・サレ缶』2,500円(税込)。スパイスとハーブの香り立つ、塩気のあるクッキー

「クラシカルなデザインの愛らしい缶の中に詰まっているのは、ローストオニオン&サラワクペッパーサブレ、トマトメレンゲ、枝豆クラッカーなど、6種類の塩味クッキー。スパイスやハーブが利いているので、まるでオードブルのよう。甘いおやつとは一味違い、お酒のおともにぴったりなので、男性への手土産にも」

【アトリエうかい エキュート品川】

電話:03-3280-5505 住所:東京都港区高輪3-26-27 JR東日本 エキュート品川1F 営業時間:[月~土]8:00~22:00、[日祝]8:00~20:30 定休日:年中無休

おすすめの手土産②東京駅(新丸の内ビルディング)

『東京さしすせそ』4,000円(税込)。左から宮崎商店の「たまざとう」、海の精の「ほししお」、横井醸造工業の「米の酢 きんしょう」、近藤醸造の「五郎兵衛醤油」、ポールスタアの「中央線ソース」

「砂糖、塩、酢、醤油、味噌(またはソース)。料理の味付けの基本となり調味料を、東京の伝統の味で揃えたセットです。どれも東京都内で製造された老舗のものばかりで、一つ一つに歴史と物語が詰まっています。パッケージは統一したデザインで、料理するのが楽しくなります。一味違った東京みやげや、特別な贈り物に」

【日本の御馳走えん 新丸ビル店】

電話:03-5224-3755 住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディングB1 営業時間:10:00~22:00(日・祝~21:00) 定休日:無休(年始・法定点検日のみ)

おすすめの手土産③新宿駅(NEWoMan)

オー・ギャマン・ド・トキオ『プレミアムチーズケーキ』

「木下威征氏監修、恵比寿にあるビストロスタイルの鉄板フレンチ【AU GAMIN DE TOKIO】が、新しい東京土産として手がけるお菓子。フランス産チーズをたっぷり使い、上品な甘さと、深いコクを感じる『プレミアムチーズケーキ』の他、『とうもろこしのムースサンド』や、『真っ白な卵白プリン』もおすすめ」

【AU GAMIN DE TOKIO NEWoMan】

電話:03-6380-0045 住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan 2F(エキナカ) 営業時間:8:00~22:00、土日祝は8:00~21:30 定休日:無休 ※JRの入場券が必要です

オススメの「手土産」関連記事

この記事を書いたライター情報

ヒトサラMAGAZINE

ヒトサラMAGAZINE

グルメサイト「ヒトサラ」は、美味しいレストラン紹介はもちろん、つくり手の情報までしっかりと紹介することで、高い評価をいただけるようになりました。このヒトサラマガジンでは、今まで編集部が培ってきたネットワークやノウハウを通じ、新たな食の愉しみ方や提案ができたらと思っています。

ヒトサラMAGAZINE が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載