レトロな街並みが人気!会津若松市・七日町通りをまち歩き。

2018/12/25

レトロな街並みが人気!会津若松市・七日町通りをまち歩き。

観光地・会津若松でも人気エリア、七日町通りへ。実際に歩いてみると、予想以上においしいスポットがたくさんありました!

aruku

aruku

Pizzeria Felice

薪窯で焼くこだわりピッツァに舌鼓

イタリア、ナポリから直輸入した薪窯で焼くピッツァが人気のイタリアン。“Farm to Table 畑から食卓へ”をテーマに、自社農場で育てた季節ごとの旬の野菜をふんだんに使ったメニューが揃います。

たっぷりの野菜にびっくり!

クレソンやかぼちゃ、かぶ、トマトなどまるでサラダが乗っているような野菜たっぷりの「自然村ピッツァ」。香ばしく軽い食感の生地で、女性でも1枚ペロリといけちゃいます。季節によって野菜が変わるので、毎回楽しめそう♪

自然村ピッツァ。

「ランチセットB」は前菜orサラダorスープ、ピッツァorパスタとドリンク、ドルチェが付いて1,620円。品良く盛られたこの日の前菜は「カプレーゼ」「じゃがいもとハムのサラダ」「たまねぎとサラミのマリネ」も3種盛り。思わずちょい飲みしたくなるラインナップ!

この日の前菜3種盛り。

ドルチェは金山かぼちゃを使ったクリーミーなジェラートとパンナコッタ。本場のマシンで淹れるエスプレッソとともに。

ドルチェとエスプレッソ。

Pizzeria Felice
会津若松市大町1-2-55
TEL/0242-36-7666
営/ランチ11:30~14:00、ディナー17:30~22:00
休/月曜(祝日の場合翌日)
P/有

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

昭和なつかし館

生まれてなくてもきっと“なつかしい”

ユニークなスポット発見!建物2階の展示館は、赤電話やたばこ屋さんの看板など、どれも当時のまま。館内に流れる昭和歌謡やテレビから流れる当時の番組を楽しみながら、古き良き時代に想いを馳せてみては?大人から子どもまで楽しめます!

取材時は冬仕様でしたが、季節によって変わります。
「昭和30年代の街角にタイムスリップしたみたい!」

昭和なつかし館
会津若松市大町1-1-46
TEL/0242-27-0092
営/10:00~18:00
休/不定休
P/無
★2F入場料200円

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

Panfeel shun

旬の素材を活かした“映え”るパン

扉を開けると焼きたてパンのいい匂い〜♪「四季を感じるパンを」をコンセプトに、会津産の旬の野菜やフルーツを使用して鮮やかに焼き上げたパンは、食事にもおやつにもワインのお供にもなる万能選手。これからの季節は特製の「シュトーレン」795円もおすすめ。ラスクやドーナツなど焼き菓子もあります♡

フルーツソースたっぷりのデニッシュはスイーツ感覚で召し上がれ!
「クロワッサン 178円」は発酵バターの品の良い風味とサクサクの食感で一番人気。
秋野菜がゴロっと乗った「秋まんさ〜いタルティーヌ 320円」。
まるで外国の街角のお店ようなかわいらしい外観も目を引きます。

Panfeel shun
会津若松市大町1丁目1-41
TEL/0242-26-8318
営/8:00~18:00(日曜~17:00)
休/月曜(祝日の場合翌日)
P/有

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

満田屋

囲炉裏で焼き上げる伝統の味

会津で昔から食べられてきた「田楽」を気軽に楽しめるお店。歴史ある味噌蔵を改装した店内でひとつひとつ丁寧に焼き上げてくれます。女将さんとの会話も楽しいですよ♪

せっかくなら目の前で焼いてくれるカウンター席へ。
炭火に焼かれる香ばしい味噌の香りが食欲をそそります。

迷ったら「味噌田楽コース」1,400円を。こんにゃく2本に、豆腐生揚げ、お餅、しんごろう(半つきのお米を丸めて串に刺し、エゴマ味噌をを塗った郷土料理)、里いも、身欠きにしんがセットになった人気メニューです。素材によって甘味噌や山椒味噌など4種類の味噌を使い分けているそう。

「味噌田楽コース 1,400円」

満田屋
会津若松市大町1-1-25
TEL/0242-27-1345
営/10:00~17:00
休/1~3月…水曜
4~7月・9~11月…第1~3水曜
8月・12月 …第1・3水曜
12/31、1/1
P/有

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

鶴乃江酒造

会津が誇る日本酒文化に触れる

寛政6年創業の「鶴乃江酒造」のモットーは、手仕込みにこだわった丁寧な酒造り。先日行われた東北清酒鑑評会では、純米酒の部・最優秀賞にも輝いた実力派です。

店内では試飲もOK!好みに合わせてぴったりのお酒をおすすめしてくれます。
美味し~!!!
東北1位に輝いた「会津中将純米大吟醸特醸酒」720ml 5,400円。
女性の造り手・林ゆりさんが手がける「ゆり 純米吟醸」720ml 2,052円はすっきりとした味わい。
12月からは新酒の「会津中将 無濾過初しぼり生 純米原酒」720ml 1,620円も発売に。
趣のある蔵前ではマスコットの「中将くん」がお出迎え。

鶴乃江酒造
会津若松市七日町2-46
TEL/0242-27-0139
営/9:00~17:00
休/無休
P/有

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

太郎焼総本舗

まち歩きの途中にちょっと寄り道

昭和48年の創業以来、幅広い世代に愛されている会津の隠れた名物「太郎焼」。モチモチの生地の中には自家製あんこがたっぷり入っていて、小腹が空いたときのおやつにぴったり。テイクアウトOK!

太郎焼の進化版「あげ太郎」140円。カレーやトン太郎など変わりダネも。
ほかほか太郎焼に冷たいソフトクリームをトッピング!「スイーツセット」500円。
1年中楽しめるおいしいかき氷を発見!「信玄ミルク」750円
階段を上がって、二階へ。ウッディな中にオーナーの個性が光る店内でしばしカフェタイム。

太郎焼総本舗
会津若松市七日町8-10
TEL/0242-24-7911
営/10:00~19:00
休/無休
P/有

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

会津バーガー LuckySmile

一口ほおばるごとに笑顔に♪

七日町で本格バーガーが食べられるお店といえばココ!“会津”にちなんだユニークな名前がついたメニューはどれもボリューム満点。大きな口でかぶりつけば、シャキシャキ野菜とあふれる肉汁が相まってなんとも幸せな気分になれます。ランチセットは+250円でドリンクとスープ付き。

ビーフ100%の肉厚パティやチーズ、アボカドやレタスなどの野菜を、完熟トマト果汁入りの自家製米粉バンズでサンドした「会津美人バーガー単品960円」。高さ約20センチの惚れ惚れするようなお姿です。

会津バーガー LuckySmile
会津若松市七日町3-45
TEL/0242-23-8241
営/11:00~20:00(LO.19:30)、日曜~19:00(LO.18:30)
休/月曜(祝日の場合翌日)
P/5台

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

会津ブランド館

会津の“おいしい”と“かわいい”を集めました

会津地方の特産品が豊富に揃うセレクトショップ。伝統工芸品から食品まで幅広いランナップ!地元のクラフト作家さんのアクセサリーや小物も充実していて、おみやげはもちろん、自分用のお気に入り探しにも◎。

店内。
会津桐×会津木綿のトレイは1,080円〜。会津本郷焼きの器とも相性抜群!
金山町のかぼちゃや会津美里町産のりんごなどを原料にしたオリジナルの「会津素材茶」シリーズ。各388円。
赤ベコモチーフのモビール1,620円はクリスマスツリーに飾っても♪

会津ブランド館
会津若松市七日町6-15
TEL/0242-25-4141
営/11:00~16:00
休/水曜
P/有

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

全然位置がわかんないよーっていう、七日町通り初心者の方! こちらのマップをご参考に~。

※この記事はaruku2018年12月号に掲載したものです。価格や内容は取材時のものです。

この記事を書いたライター情報

aruku

aruku

「web aruku」は3,000記事以上の、集客効果の高い県内最大級のキュレーションサイト。地域密着、福島県内の情報を随時更新しています。「フリーマガジンaruku」は、20代~40代の女性をメインターゲットに福島県内で106,000部発行しております。

aruku が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES